wfcsoundwave001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、「TRANSFORMERS GENERATIONS(トランスフォーマー ジェネレーションズ)」より、第3弾トイの1体である「CYBERTRONIAN SOUNDWAVE(サイバトロニアン サウンドウェーブ)」を再掲載します。日本では、2010年12月に一部仕様を変更した物が、「トランスフォーマー ユナイテッド」の「UN05 サウンドウェーブ サイバトロンモード」として発売されました。
 このサウンドウェーブが登場した「TRANSFORMERS:WAR FOR CYBERTRON」の所謂「ストーリーモード」は、前半をディセプティコンで進め、後半をオートボットで進めて行くゲームでしたが、後半ではディセプティコンの幹部は殆ど登場しませんでした。そんな後半において、サウンドウェーブはカセットロンと共にオートボットの前に立ち塞がるという、ディセプティコン幹部としては珍しいキャラクターでした。
 2013年には、続編の「TRANSFORMERS:FALL OF CYBERTRON」のトイという扱いで、このトイの事実上のリメイク版が発売されました。リメイク版はグレードを1段階上げて大きなサイズにした事で、胸部にカセットロンを収納出来るギミックが再現されています。また、カラーリングが異なる「SOUND BLASTER(サウンドブラスター)」も、同時発売されました。

関連記事:
 ・「CYBERTRONIAN MEGATRON」レビュー(再掲載版)(2013年7月22日更新)
 ・「CYBERTRONIAN OPTIMUS PRIME」レビュー(再掲載版)(2013年7月17日更新)
 ・「CYBERTRONIAN BUMBLEBEE」レビュー(再掲載版)(2013年7月15日更新)
 ・トランスフォーマー アンコール「03 サウンドウェーブ」レビュー(再掲載版)(2013年3月22日更新)

※本レビュー記事は、2010年8月25日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



darkmount2010-001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、「TRANSFORMERS GENERATIONS(トランスフォーマー ジェネレーションズ)」より、第2弾トイの1体である「DARKMOUNT(ダークマウント)」を再掲載します。日本では、2010年12月に一部仕様を変更した物が、「トランスフォーマー ユナイテッド」の「UN10 ストラクサス」として発売されました。
 記事内でも書いていますが、このトイはマーヴェル・コミックス版トランスフォーマーに登場した「ストラクサス(STRAXUS)」を現代風にリメイクしたキャラクターで、ストラクサスを初めて立体化したトイでもあります。海外では商標上の都合で「STRAXUS」の名称が使用出来なかった為に、彼が拠点にしていた要塞「ダークマウント(DARKMOUNT)」を商品名としていますが、日本版では商標上の問題が無かった為、本来の名である「ストラクサス」で販売されました。
 このトイの発売当時、ストラクサスというキャラクターについて知らなかった管理人は、これを輸入トイショップの店頭で見かけた際に、裏面に掲載されているバイオやテクニカルデータを見て一目惚れし、その場で即購入しました。ストラクサスというキャラクターについては、このトイの購入後にツイッター等で教えて頂きました。

関連記事:
 ・「CYBERTRONIAN MEGATRON」レビュー(再掲載版)(2013年7月22日更新)
 ・「東京おもちゃショー2010限定 ドレッドウイング&スモークスクリーン」レビュー(再掲載版)(2011年6月17日更新)

※本レビュー記事は、2010年7月31日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



wfcmegatron001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、「TRANSFORMERS GENERATIONS(トランスフォーマー ジェネレーションズ)」より、第2弾トイの1体である「CYBERTRONIAN MEGATRON(サイバトロニアン メガトロン)」を再掲載します。日本では、2010年12月に一部仕様を変更した物が、「トランスフォーマー ユナイテッド」の「UN04 メガトロン サイバトロンモード」として発売されました。
 管理人が2010年に発売された「TRANSFORMERS:WAR FOR CYBERTRON」のゲームを購入してプレイした事は過去の記事で書いた通りなのですが、このゲームの所謂「ストーリーモード」は、各ステージ毎に数体のキャラクターから1体を選択して、そのキャラクターで攻略するというシステムになっていました。リーダーキャラが好きな管理人は、前半戦(ディセプティコン側で進行)でメガトロンを選択可能なステージでは必ずメガトロンを選び、後半戦(オートボット側で進行)でオプティマスプライムが使用可能なステージでは必ずオプティマスプライムを選んでプレイしていました。

関連記事:
 ・「CYBERTRONIAN OPTIMUS PRIME」レビュー(再掲載版)(2013年7月17日更新)
 ・「CYBERTRONIAN BUMBLEBEE」レビュー(再掲載版)(2013年7月15日更新)

※本レビュー記事は、2010年7月29日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



wfcoptimusprime001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、「TRANSFORMERS GENERATIONS(トランスフォーマー ジェネレーションズ)」より、第1弾トイの1体である「CYBERTRONIAN OPTIMUS PRIME(サイバトロニアン オプティマスプライム)」を再掲載します。日本では、2010年12月に一部仕様を変更した物が、「トランスフォーマー ユナイテッド」の「UN01 オプティマスプライム サイバトロンモード」として発売されました。
 管理人は2010年に発売された、「TRANSFORMERS:WAR FOR CYBERTRON」のキャラクターを立体化したトイ4体を全て購入しただけでなく、「WAR FOR CYBERTRON」のゲームも購入しました。ゲームは敵を倒しながらミッションをクリアーしていく3Dアクションゲームで、所謂「ストーリーモード」の前半のステージはディセプティコン側でストーリーを進め、後半のステージはオートボット側でストーリーを進めて行くゲームでした。敵のボスの攻撃が激しかった事や攻略本が無かった事もあって、何度もやられたものの、めげずにコンティニューしまくって、やっとこさ全面クリアしました。最終ステージの「トリプティコン(TRYPTICON、日本名:ダイナザウラー)」戦は、攻撃が激しいのに加えて逃げ場が殆ど無かった為にクリアーが非常に難しく、今だにトラウマのように強く記憶に残っています(苦笑)。

関連記事:
 ・「CYBERTRONIAN BUMBLEBEE」レビュー(再掲載版)(2013年7月15日更新)
 ・「VSセットA 最強の対決(オプティマスプライム vs メガトロン)」レビュー(再掲載版)(2013年4月16日更新)
 ・東京おもちゃショー2011限定「ダークサイドオプティマスプライム&ダークサイドメガトロン」レビュー(前編)(2011年7月10日更新)

※本レビュー記事は、2010年6月30日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。