laserultramagnus001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、2006年にe-HOBBY SHOP限定で販売された「レーザーウルトラマグナス」です。
 このレーザーウルトラマグナスには「オンライン限定キャラクターバイオ」という、e-HOBBY SHOPのサイトにアクセスしないと見れないキャラクターバイオが存在していました。その中には、このキャラクターの誕生の経緯やその背景等が描かれており、トイを楽しく遊ぶ為の要素の一つとなっていました。数年前に行われたe-HOBBY SHOPのリニューアルに伴い、そのキャラクターバイオは削除されてしまいましたが、管理人は旧ホームページでのレビュー記事掲載時にそのバイオも紹介していた為にデータが手元に残っていたので、本記事ではそのバイオも一緒に紹介します。

関連記事:
 ・「TRF-13-S サイバトロン最高司令官 バトルコンボイ(完全版)」レビュー(再掲載版)(2013年1月29日更新)
 ・「66 デストロン/シティコマンダー ガルバトロンⅡ」レビュー(再掲載版)(2012年12月14日更新)

※本レビュー記事は、2006年4月16日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



battleconvoy2006-001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、復刻版の「バトルコンボイ」です。
 このトイは2006年3月に発売されました。この年の3月1日に「タカラ」と「トミー」が合併してタカラトミーが誕生した為、このトイはタカラトミー誕生直後に発売されたトランスフォーマートイでもあります。この年の日本のトランスフォーマーはタカラトミーの誕生とテレビアニメ作品の展開が無かった事が相俟ってか、発売されたトイの数は少なかった記憶が有り、それ故に「日本版トランスフォーマーの『冬』の時代」だったと、今でも個人的に思っています。タカラトミー合併直前の日本版トランスフォーマーはファンの間で「トイが売れない」という話題が出た事も有った為、当時は合併後の展開に不安を感じていたのですが、合併の翌年(2007年)に実写映画が公開されヒットした事で、日本版トランスフォーマーの展開は一気に変わりました。
 現在、トランスフォーマーはタカラトミーの主力商品ブランドの一つとされていますが、タカラトミー合併前後の日本版トランスフォーマーの状況を知っているだけに、現在日本版トランスフォーマーが精力的な商品展開を行っている状況は、非常に嬉しく思っています。

※本レビュー記事は、2006年4月16日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



reissuerodimusconvoy008.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、2001年に発売された復刻版の「ロディマスコンボイ」です。
 このトイは、「トランスフォーマーコレクション」版の「ホットロディマス」の入手後、「ホットロディマスをゲットしたならロディマスコンボイもゲットせねば!」と思い、ネットオークションで落札しました。
 当時よく見ていたある玩具レビューサイトさんの記事では、「ホットロディマスの方がロディマスコンボイよりも完成度が高い」という内容の記事が有ったのですが、このトイを入手するまではその理由がよく分からず、疑問に思っていました。そして実際のトイを手に取った際に、その理由を知る事になりました(笑)。

関連記事:
 ・「トランスフォーマーコレクション 13 ホットロディマス」レビュー(再掲載版)(2012年6月17日更新)
 ・「D-62-S デストロン/新破壊大帝 ガルバトロン(復刻版)」レビュー(再掲載版)(2012年12月5日更新)

※本レビュー記事は、2006年1月6日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



TFC06-021.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、「トランスフォーマーコレクション」の「6 メガトロン」です。
 このレビュー記事の内容からも分かるのですが、このトイは「ガルバトロン」の購入後にネットオークションで購入しました。当時、G1シリーズのトイで欲しい物は、コレクター価格が安めでかつ仕様が豪華だったトランスフォーマーコレクション版を優先的に購入する事を考えており、当時はこの他に「コンボイ」や「ホットロディマス」もトランスフォーマーコレクション版で購入しました。
 このトイには新規に造られた「エナジーメイス」が付属しています。このメガトロンの発売後に同シリーズでライバルの「コンボイ」が発売されたので、コンボイに付属した「エナジーアックス」は、メガトロンにエナジーメイスが付属した事を意識して付属したものと思われます。
 メガトロンの変形機構は、このトランスフォーマーコレクション版が発売された当時も、非常に複雑でありながらも秀逸と評価されており、当時は「マスターピース」シリーズで発売する事は不可能とも噂されていましたが、2007年3月にマスターピース版が発売されました。

関連記事:
 ・「トランスフォーマーコレクション 0 コンボイ」レビュー(再掲載版)(2012年12月7日更新)
 ・「D-62-S デストロン/新破壊大帝 ガルバトロン(復刻版)」レビュー(再掲載版)(2012年12月5日更新)

※本レビュー記事は、2005年12月21日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。