上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFencore19-001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は「トランスフォーマー アンコール」より、第19弾トイである「カセット大作戦 vol.3」を再掲載します。
 この記事の掲載をもって、「アンコール」シリーズのレビュー記事の再掲載が完了となります。12番から17番のレビュー記事が有りませんが、これは当時、新作と並行して1番から順に書き進めようと思っていたのに途中でやめてしまったという、情けない事情が有ります(苦笑)。
 「アンコール」シリーズは本記事掲載時点においても展開が続いているシリーズなので、今後も新作購入の際にはレビュー記事を書ければと思っています。

関連記事:トランスフォーマー アンコール「03 サウンドウェーブ」レビュー(再掲載版)(2013年3月22日更新)

※本レビュー記事は、2009年12月23日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


スポンサーサイト

TFencore18-001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は「トランスフォーマー アンコール」より、第18弾トイである「スキッズ」を再掲載します。
 スキッズは2002年に「トランスフォーマー コレクション」の1体として初の復刻を遂げましたが、この「アンコール」版は、それに続く2度目の復刻となります。このトイは2009年10月に発売されていますが、同じ年に公開された実写映画「トランスフォーマー/リベンジ」には同名のキャラクターが登場していた為、恐らくはそのルーツを知ってもらう為に復刻されたものと思われます。

関連記事:
 ・トランスフォーマー アンコール「05 アイアンハイド」レビュー(再掲載版)(2013年3月27日更新)
 ・キャラホビ2009限定「サウンドウェーブ ブラックバージョン」レビュー(再掲載版)(2013年5月17日更新)

※本レビュー記事は、2009年10月10日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



TFencore11-001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は「トランスフォーマー アンコール」より、第11弾トイである「スカイワープ&サンダークラッカー」を再掲載します。
 この2人は、TVアニメ第1作「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」において、デストロンの主力として活躍していましたが、トイは上官であるスタースクリームの仕様変更品でした。
 ファンにはトランスフォーマーの定番設定の一つとして認知されている「色が違えば別人」は、この2体の存在がそれを作ったと言えます。また、後年のシリーズでは、「スタースクリーム」の名を持つキャラクターのカラーリングを変更して「スカイワープ」や「サンダークラッカー」の名称が付けられたトイは日本・海外を問わず多数存在します。

関連記事:トランスフォーマー アンコール「04 スタースクリーム」レビュー(再掲載版)(2013年3月25日更新)

※本レビュー記事は、2010年7月7日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。



TFencore10-001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は「トランスフォーマー アンコール」より、第10弾トイである「バンブル&ミニボット」を再掲載します。
 小型トランスフォーマートイは、トランスフォーマーの歴史を語る上では欠かす事が出来ない存在ですが、そのルーツはTVアニメ第1作の放送中に登場した「ミニボット」まで遡ります。更にトランスフォーマー誕生以前まで遡る事も出来ますが、一応トランスフォーマーではない事になるので割愛します(笑)。
 ミニボットは「ビークル⇔ロボット」のシンプルな変形機構を搭載しただけのものでしたが、近年の小型トランスフォーマートイは、合体機構も搭載した「マイクロン(アームズマイクロン)」や、スプリングによる一発変形と胸部マークの変化ギミックを搭載した「ビークール」等、変形以外の要素を加えたシリーズが多数登場しています。

関連記事:
 ・「VSセットB 音速の対決(バンブルビー vs スタースクリーム)」レビュー(再掲載版)(2013年5月8日更新)
 ・「SWERVE」レビュー(再掲載版)(2013年4月12日更新)
 ・「RA-03 バンブルビー」レビュー(再掲載版)(2013年3月31日更新)

※本レビュー記事は、2010年6月16日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。