hguc191sp-001.jpg

 今月18日より、六本木ヒルズに有る「森アーツセンターギャラリー」で、「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」が開催されています!
 管理人は開催3日目の20日に早速行ってきました。展示は「機動戦士ガンダム」の劇中を疑似体験できる映像上映の他に、機動戦士ガンダムの企画段階の資料や原画等、貴重な資料が多数展示されていました。展示は殆どが機動戦士ガンダムに関するものでしたが、展示スペースの最後には、現時点での富野由悠季さんの最新作である「ガンダム Gのレコンギスタ」、2月よりアニメ版の展開がスタートした「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」、そして10月より放送開始のガンダムシリーズ最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の3作品の展示が少し有りました。展示を全て見終わった先には限定グッズ販売コーナーも設置されており、そこではプラモやガシャポン、クリアファイル等、ここでしか手に入らない限定グッズが多数販売されていました。
 展示は一部を除き撮影禁止となっていた為にイベントレポは書きませんが、機動戦士ガンダムが好きな人は十分楽しめる内容になっていると思います。開催は9月27日までの為、地方在住の方はお盆休みを利用して行ってみても良いのではないかと思います。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、その「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」の会場限定ガンプラの1体である、「HG UNIVERSAL CENTURY」の「RX-78-2 ガンダム Ver.G35th BASE」を紹介します。
 このキットは、25日に発売された「HGUC191 RX-78-2『ガンダム』」(以下「HGUC191」)の仕様変更品ですが、成型色は変更されておらず、変更点は追加パーツ1個と追加シール1枚のみです。その為、実質的には先行販売と言えるようなキットになっています。管理人はこれを購入した為にHGUC191の購入を見送ったので、今回の記事ではHGUC191のレビューも含めた形で紹介します。

関連記事:
 ・HG GUNDAM THE ORIGIN「001 シャア専用ザクⅡ」レビュー(2015年6月8日更新)
 ・ベストメカコレクション「No.4 1/144SCALE ガンダム」レビュー(2015年7月5日更新)
 ・セブン-イレブン限定「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム『ゴールドインジェクションカラー』」レビュー (2015年3月4日更新)



bmc4-001.jpg

 7月最初の更新という事で、今回は7月放送開始の新作アニメの中で視聴予定の作品に関する話をば。
 奈々さんの出演が既に発表されている「戦姫絶唱シンフォギアGX」「うしおととら」「純情ロマンチカ3」の3作品は視聴確定。中でもシンフォギアについてはレギュラー出演するだけでなくオープニングも歌っているので、全話録画しつつリピート視聴しようと思ってます。
 またTOKYO MXで放送が開始される「トランスフォーマー アドベンチャー」「キュートランスフォーマー さらなる人気者への道」も視聴確定。アドベンチャーはネット配信時に結局リピート視聴しようと思いつつも出来なかったので、今回はキュートランスフォーマーと一緒に全話録画しつつリピート視聴しようと思います。
 その他、作品自体が気になる「ウルトラスーパーアニメタイム」「それが声優!」「ドラゴンボール超(スーパー)」も視聴確定。この3作品は奈々さん、トランスフォーマー、ガンダムのいずれにも属さないので、まったりと観ようと思います。
 今期は視聴作品がいつもより結構多い気がするのですが(笑)、トランスフォーマーとシンフォギア以外はあまり力まずに観ようと思ってるので、その分ブログ更新作業が出来ればと考えてます。

 さて、ここから本題。
 今回は1980年頃に展開された「ベストメカコレクション」シリーズの「No.4 1/144SCALE ガンダム」を紹介します。
 このキットは、先月行われたバンダイナムコホールディングスの第10回定時株主総会のお土産の中の一つでした。今年はガンプラが生誕35周年という事で、恐らくはその原点となるベストメカコレクション版を株主に知ってもらおうという狙いが有ったものと思われます。
 「見せてもらおうか、バンダイナムコ株主総会のお土産の性能とやらを!」

関連記事:
 ・「㈱バンダイナムコホールディングス 第10回定時株主総会」レポート(後編)(2015年6月24日更新)
 ・「㈱バンダイナムコホールディングス 第10回定時株主総会」レポート(前編)(2015年6月23日更新)
 ・セブン-イレブン限定「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム『ゴールドインジェクションカラー』」レビュー (2015年3月4日更新)
 ・HG BUILD FIGHTERS「009 スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング」レビュー(2014年3月11日更新)



hguc167-001.jpg

 昨日の「SUPERNAL LIBERTY」の記事に続いて、本日も更新です(笑)。
 3月まで仕事が繁忙期地獄だった事もあって更新が滞りがちだったのですが、4月になったと思ったら転職の求人に応募していた企業の書類選考が通ったとの事で、面接対策をした後に面接本番に臨んでいました。面接は実に約7年ぶりだったので、社会人やっててもやはり緊張してしまうもんですねぇ…(;´∀`) 現在はその結果待ちの状態なので、結果が出るまで暫くはゆっくり出来そうです。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、「HG UNIVERSAL CENTURY」の「167 ガンダムF91」を紹介します。実は昨年末に実家で帰省していた時に完成させたのですが、レビューするのをすっかり忘れてました(苦笑)。
 「機動戦士ガンダムF91」が公開された時、管理人は小学生でした。その当時は映画館に映画を観に行く方法など知らなかった為、ガンダムF91の活躍は、「コミックボンボン」に全3話で掲載されたコミック版で知りました。映画は大分後にDVD等で観たのですが、コミック版は奇天烈な台詞回しのオンパレードな作品だった事を思い知らされました(笑)。
 「機動戦士ガンダムF91」が公開された頃は、SDガンダムがヒットしていた事も有って、当時最新だったガンダムF91は「千生将軍」「武者衛府弓銃壱」「灼騎士ガンダムF91」「キャプテンフォーミュラー91」と、多数のキャラクターのモチーフにされていました。

関連記事:
 ・HG UNIVERSAL CENTURY「169 V2ガンダム」レビュー(2014年2月9日更新)
 ・HG UNIVERSAL CENTURY「165 ヴィクトリーガンダム」レビュー(2013年12月8日更新)