sinobi3-001.jpg

 今回の記事は10月最初の更新という事で、10月放送開始の新番組の中で、管理人が視聴中&視聴予定の作品の話をば。
 まず、奈々さん関連作品では、あと数日で放送開始となる「革命機ヴァルヴレイヴ」の2ndシーズンと、不定期出演になるであろう「マギ」の第2期シリーズをチェック&チェック予定です。ヴァルヴレイヴは1stシーズン放送開始前から分割2クールになる事が判明していたので、1stシーズン放送終了時には感想記事を書かなかったのですが、2ndシーズン終了時には完結を迎えると思われるので、それに合わせて感想記事を書こうと思います。
 また、ガンダムシリーズの新作アニメである「ガンダムビルドファイターズ」は、放送開始前から注目していたので、もちろんチェックしています。そして、ここではあまり話題にしないのですが、管理人は「堀江由衣の天使のたまご」を放送開始時から聴いている身という事も有って、番組内のコーナーをルーツの1つとする「ミス・モノクローム-The Animation-」もチェックしています。
 その他には、「仮面ライダー鎧武」もチェックしています。仮面ライダーシリーズはここ数年チェックしていなかったのですが、今回のライダーはモチーフが「武将+フルーツ」という奇抜なチョイスをしている事や、脚本担当が「魔法少女まどか☆マギカ」等で知られる「虚淵玄」さんであるという事で、予想の斜め上を行く展開に期待しています。
 今期のTV番組視聴本数は前期よりも若干増えているので、録画するだけで観ない番組を作らないように、気をつけようと思います(苦笑)。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは「参乗合体 トランスフォーマーGo!」、「ゴウゲキソウ」「ゴウヒショウ」「ゴウセンスイ」の32体を紹介します。本当はもっと早く記事を掲載する予定だったのですが、予想以上に作成作業が難航してしまいました(汗)。
 今回の記事の掲載を持って、ソードボット忍チームのレビュー記事の掲載が完了となりますが、当ブログでのトランスフォーマーGo!のレビュー記事掲載ラッシュも一旦終了となります。現時点では今後発売予定の新作を購入する予定は無いのですが、気が向いて何か購入した際にはレビュー記事を掲載しようと思います。

関連記事:
 ・「G20 センスイマル」レビュー(2013年9月26日更新)
 ・「G10 ヒショウマル」レビュー(2013年9月25日更新)
 ・「G05 ゲキソウマル」レビュー(2013年9月20日更新)
 ・「ゴウケンザン」「ゴウジンブ」「ゴウガンオウ」レビュー(2013年9月9日更新)



TFGO20-001.jpg

 今回のレビューは「参乗合体 トランスフォーマーGo!」より、「G20 センスイマル」を紹介します。これまでに紹介した「G05 ゲキソウマル」や「G10 ヒショウマル」の記事と同様に「参乗合体モード」の紹介はしませんが、後日別の記事で紹介します。
 今回はこれに関連して、「忍編」の中の人に関するちょっとした話をば。既にYouTubeでも公開されている「忍編」第1話を観た人は知っていると思うのですが、主人公の「風摩兎飛雄」役は、「トランスフォーマー アニメイテッド」で「アーシー」と「テレトラン1」を演じていた、「高垣彩陽」さんが演じています。管理人が毎週観ている今年7月~9月期のアニメの内、高垣さんは「戦姫絶唱シンフォギアG(雪音クリス役)」と「銀の匙(稲田多摩子役)」に出演されていますが、どのキャラクターとも、全く異なる声質で演じ分けています。「銀の匙」は先週の放送をもって第1期シリーズの放送が終了してしまいましたが、「戦姫絶唱シンフォギアG」は今週の放送が最終回で、いよいよ完結を迎えますッ!
 そして、今回のレビューで紹介するセンスイマルの声を担当している「間島淳司」さんですが、現在「とある科学の超電磁砲S」に、主人公と敵対する組織のリーダー格である「有冨春樹」役で出演しています。管理人は1期シリーズを観ていた事もあって毎週観ていたのですが、こちらも今週の放送が最終回で、2クールの放送が遂に完結します!

関連記事:
 ・「G10 ヒショウマル」レビュー(2013年9月25日更新)
 ・「G05 ゲキソウマル」レビュー(2013年9月20日更新)
 ・「G03 ガンオウ」レビュー(2013年9月4日更新)



TFGO10-001.jpg

 今回は前フリ無しで、早速本題。
 今回のレビューは「参乗合体 トランスフォーマーGo!」より、「G10 ヒショウマル」を紹介します。先日紹介した「G05 ゲキソウマル」の記事と同様に「参乗合体モード」の紹介はしませんが、後日別の記事で紹介します。
 このトイは、発売前にツイッターやフェイスブックで、タカラトミーのトランスフォーマー公式アカウント等の関係者がオリジナルの変形・合体を紹介するという、異例のPR活動が行われていました。本レビュー記事では、関係者の方が紹介した変形方法も紹介しています。しかしながら、ツイッターやフェイスブックに掲載された写真から変形方法を解析した為に変形方法に間違いが有る可能性が有りますが、その点はご容赦を…。

関連記事:
 ・「G05 ゲキソウマル」レビュー(2013年9月20日更新)
 ・「G02 ジンブ」レビュー(2013年8月10日更新)