bukikk66-001.jpg

 一昨日、東京都立川市に有る「壽屋ビル」の3階の「コトブキヤホール」で開催された、壽屋(コトブキヤ)の「第66回定時株主総会」に行ってきました!
 ここ1年の壽屋は、長らく待たれた「フレームアームズ・ガール」の映画が遂に公開された他、海外のアニメ・模型イベントへの出展も積極的に行っており、海外での販路の拡大に特に力を入れていたように感じました。しかしながら、8月の決算発表では、フレームアームズ・ガールの反動減やフィギュアの売上不振による大幅な減収減益が明らかになりました。
 今回管理人は、前期の減収減益の原因や、それを踏まえた今後の事業展開の方針についての話、そしてこれらに関する株主からの質問・意見も多いだろうと思い、それらが聴けるであろう事を期待しつつ出席しました。

関連記事:「㈱壽屋 第65回定時株主総会」レポート(2018年9月29日更新)



※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

BNHGsokai14-006.jpg

 前回の「前編」に続く、今回のバンダイナムコホールディングス株主総会レポは、会場内の展示物を紹介します。
 今年のバンダイナムコ株主総会の展示物は前編で少し述べた通り、ほぼ全ての展示がガンダムのみとなっていました。
 ガンダムはバンダイナムコグループの主力IPという事もあって、株主総会でも毎年何らかの展示はあるものの、管理人が知る限りにおいて会場がガンダムほぼ一色となった事は有りません。ガンダムが好きでバンダイナムコ株を買った身としては、毎年、株主総会でのガンダム関連の展示は見どころと位置付けているのですが、今年は見どころしか有りませんでした(笑)。

関連記事:「㈱バンダイナムコホールディングス 第14回定時株主総会」レポート(前編)(2019年6月26日更新)



※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。

BNHGsokai14-001.jpg

 一昨日、グランドプリンスホテル新高輪で行われた、バンダイナムコホールディングスの「第14回定時株主総会」に行ってきました!
 昨年度のバンダイナムコグループは前年に引き続き過去最高の業績を達成出来た事により、株主総会招集通知で事前に提案されていた期末配当金は1株当たり127円(昨年12月の中間配当を含めた年間配当金は145円)となっていました。これは過去に例のない高い金額となった昨年の年間配当金(123円)を、更に上回っています。
 バンダイナムコグループの業績がここ数年好調な事を受けて株価も年々上昇を続けており、昨日の終値は5,220円となっています。昨年11月頃までは、管理人の保有する銘柄の中で最も時価が高かったのは「日本マクドナルドホールディングス㈱」でしたが、その後の値動きの中でバンダイナムコはマクドナルドの株価を抜いており、現在、バンダイナムコは管理人が保有する銘柄の中で最も高い時価となっています。
 また、今年は「機動戦士ガンダムシリーズ」が40周年という事で、アニメやガンプラ以外でも様々なプロジェクトが動いており、話題となっています。管理人は相変わらずガンプラを色々買ったりガンダムベース東京にチョクチョク行ったりしてる身ゆえ、今回の会場内展示の中でガンダム40周年がどのような形で押し出されるのかが、個人的に最も気になるところでした。
 今回の「前編」では、株主総会の議事等の内容を紹介します。

関連記事:
 ・「㈱バンダイナムコホールディングス 第13回定時株主総会」レポート(2018年6月20日更新)