上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hgaw184-001.jpg

 唐突ですが、先日、初めて「ふるさと納税」をしました。
 きっかけは、毎月読んでいるとある投資雑誌でふるさと納税を勧めていて、それに触発されました(笑)。TVや雑誌等では「地元への恩返しが出来る」「お礼として地域の特産品が貰える」という点が特に強調されている感が有るこの制度ですが、実はこの制度は「自治体への寄附」というのが正確な内容で、縁もゆかりも無い地域の自治体に「納税」する事も可能です。その投資雑誌ではふるさと納税で地域の特産品を沢山貰っている人が、色々な自治体のふるさと納税を紹介していました。流石に極端な事例だとは思いますが…(苦笑)。
 そんな訳で今回管理人が納税先に選んだのは、Amazon.co.jpの物流センターが有る事でも知られる「千葉県市川市」。この自治体のお礼は「10,000円以上の納税(決済方法等の条件有)1回につきTポイント2,000ポイント」です。決済はクレジットカードを使わなければならない事からクレジットカードのポイントが貯まりますし、2,000円を超える部分は上限額(年間所得により異なる)までを、翌年確定申告を行う事で取り戻す事が出来るので、10,000円×2回以上納税すれば、Tポイントで確実に得をする事になります。管理人は自分の上限額を計算してみたところ、年間20,000円までは確実に上限額に達しなかったので、今回は2回納税してみました。
(´-`).。oO(来年は、初めての確定申告…)
(´-`).。oO(ここまでは分かる人だけが分かればいい…)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは「HG AFTER WAR」の、「184 ガンダムエアマスター」を紹介します。「機動新世紀ガンダムX」に登場したモビルスーツの新たなリメイクキットという事で発売前から楽しみにしていたのですが、偶然にもこのキットの発売直前に、管理人の元にバンダイナムコホールディングスの株主優待品であるこども商品券(2,000円分)が届いたので、その内の半分を使って購入しました。購入店独自の割引もあって、結局出した現金は約400円…(笑)。
 「みせて貫(もら)おうか。バンダイナムコの株主優待(で買ったモノ)の性能とやらを!」(二度目)

関連記事:
 ・HG AFTER WAR「163 ガンダムダブルエックス」レビュー(2013年11月5日更新)
 ・HG AFTER WAR「109 ガンダムX」レビュー(再掲載版)(2012年12月20日更新)


スポンサーサイト

hgaw163-001.jpg

 今回のレビューは、「HG AFTER WAR」の「163 ガンダムダブルエックス」を紹介します。今回はこれに関連して、「機動新世紀ガンダムX」の本放送当時に関する思い出話をば。
 管理人の実家が有る岩手県では1996年10月に「岩手朝日テレビ」が開局し、これに伴ってガンダムXが視聴出来るようになりました。それまではビデオでしか観れなかったガンダムがリアルタイムで観れるという事で、本放送当時の管理人は放送を録画していただけでなく、それを何度も視聴していました。
 岩手でのガンダムXは第1話からの放送はされず、初回の放送は第26話「何も喋るな」が、テレビ朝日での放送から約1週間遅れで放送され、以後も約1週間遅れでの放送となりました。その頃の主役モビルスーツは既にガンダムダブルエックスに交代していましたが、ガンダムダブルエックスのガンプラは順次発売されている最中でした。管理人は本放送当時に発売されたガンダムダブルエックスのキットは3種(1/1441/1001/100Gファルコンユニット)全て作りましたが、それもあって、ガンダムダブルエックスは個人的に非常に思い入れの強いモビルスーツの1体です。
 ガンダムダブルエックスのプラキットはTVアニメ本放送当時(1996年)に前述の3種が発売されましたが、それ以降はリメイクに恵まれず、このキットで遂に(プラキットとしては)初のリメイクが実現しました。劇中では「カトック・アルザミール」がガンダムダブルエックスを「15年目の亡霊」と呼んでいましたが、このキットはTVアニメ本放送当時から17年の時を経てリメイクされた「17年目の亡霊」と言えます。TVアニメ本放送当時は「ガロード・ラン」に近い年齢だった管理人も、それから17年の時を経て、今では「ジャミル・ニート」に近い年齢になってしまいました(笑)。

関連記事:
 ・HG BUILD FIGHTERS「001 ビルドストライクガンダム フルパッケージ」レビュー(2013年10月17日更新)
 ・HG AFTER WAR「109 ガンダムX」レビュー(再掲載版)(2012年12月20日更新)



hgaw109-033.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、2010年に発売された「HG AFTER WAR」版の「ガンダムX」です。
 「ガンダムX」が放送開始された頃、管理人の実家が有る地域にはテレビ朝日の地方局が無かった為に見れなかったのですが、放送期間中の1996年10月にテレビ朝日の放送局が開局した為に観れるようになり、それからは毎週欠かさず観ていました。それまでガンダムシリーズのTVアニメは放送されていなかった為、この作品が初めてテレビで観たガンダム作品でプラモデルも多数購入した為、「ガンダムX」という作品には非常に強い思い入れが有ります。
 作品そのものは後年再評価がされたものの、プラモのメーカーであるバンダイの作品に対する評価は今だに思わしくないのか、「HG AFTER WAR」シリーズのプラキットは本記事掲載時点において2種類しか販売されていないのが残念な所です。

※本レビュー記事は、2010年4月28日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。