HGRG01ref-001.jpg

 一昨日(9/25)から今日(9/27)にかけて、東京ビッグサイトで「全日本模型ホビーショー2015」というイベントが開催されています。
 このイベントはその名の通りトイ・プラモの展示イベントなのですが、出展企業の中にはバンダイとタカラトミーも有り、バンダイの展示の中にはガンプラの新作が、そしてタカラトミーの展示の中にはトランスフォーマートイの新作が展示されているそうです。1日目の業者招待日のレポートはバンダイタカラトミー共に既に電撃ホビーウェブに掲載されていますが、ガンプラは10月~12月発売の新商品が主な見どころで、トランスフォーマートイは企画中のマスターピースシリーズの新商品が主な見どころになっているようです。
 管理人は昨日偶然休みが取れたので、このイベントに行く事を検討したのですが、バンダイブースの限定ガンプラで欲しいものが特に無かった事に加えて天候も良くなかったので、結局行かずじまいになりました(苦笑)。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、プレミアムバンダイ限定の「1/144HG ガンダム G-セルフ(リフレクターパック装備型)」を紹介します。
 「ガンダム Gのレコンギスタ」(Gレコ)のガンプラシリーズの展開は、店頭販売商品は先月末の「ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)」の発売をもって一段落となりましたが、プレミアムバンダイ限定であるこのキットの発売をもって、ようやく全ての展開が一段落となります。次はマスターグレード版G-セルフの発売に期待したいところですが、全日本模型ホビーショーでは参考出品すらされていないようなので、発売の予定は当分無さそうです…。

関連記事:
 ・HG Reconguista in G「17 ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)」レビュー(2015年9月14日更新)
 ・HG Reconguista in G「05 ガンダム G-セルフ用オプションユニット 宇宙用パック」レビュー(2015年2月5日更新)
 ・HG Reconguista in G「01 ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型)」レビュー(2014年10月10日更新)

関連リンク:HG 1/144 ガンダムG-セルフ(リフレクターパック装備型)(プレミアムバンダイ)



HGRG17-001.jpg

 今回は前フリ無しで、早速本題。
 今回のレビューは、「ガンダム Gのレコンギスタ」(Gレコ)のガンプラシリーズである「HG Reconguista in G」より、「17 ガンダムG-セルフ(パーフェクトパック装備型」を紹介します。
 昨年末に行われたGレコのスペシャル上映イベントのトークショーで、総監督の富野由悠季さんは「(メカデザイン担当の)安田(朗)君は天才なので、こちらのスケジュールを無視してアイデアを出してくる。楽しみにして欲しい。」と話していた一方で、「このままではG-セルフが無敵になってしまう」という心配もしていました。その時はその発言の意味が分からなかったのですが、このパーフェクトパックに関する設定が公式サイト等で公開された時、その発言の意味がようやく分かりました(笑)。劇中でのパーフェクトパックは、接触した物体を対消滅させる「フォトン・トルピード」や、各種モードの切り替えにより様々な戦況に即座に対応できるその能力で、まさに無敵と言える強さを誇っていました。最終的にはエネルギー切れが災いした事もあって「カバカーリー」と相打ちになりますが、あれは富野さんが考えに考え抜いたG-セルフの攻略法だったのかもしれません…。
 ここから余談。先月27日の事になりますが、秋葉原に有る「ガンダムカフェ秋葉原店」で、「夜のGレコ研究会 〜富野由悠季編〜」が開催され、バンダイチャンネルでのライブ配信も行われました。毎月異なるゲストが特定のテーマでトークするこのイベントもこの回で一応の最終回という事で、この回のゲストは富野さんと石井マークさん(ベルリ・ゼナム役)でした。トークは富野さんの話が殆どを占めていたのですが、キャラクターの名前の由来やGレコに込めたもの、更には公ではあまり語れない製作現場での話等、様々な事を話していました。その中で、参加者からの質問に対する回答で「∀(ガンダム)は、Gレコより500年前の話。∀の黒歴史は∀の時代の黒歴史。」という発言が有りました。「∀ガンダムは、Gレコよりも未来の時代」という時系列設定は公式の設定資料等でも書かれていた為に、富野さんのこの発言は衝撃的で、司会の小形尚弘プロデューサーもこれには困惑していたようです。小形プロデューサーはこれから色々整理したいと話していた為、今後発売・発表される商品や情報はそれを踏まえたものになる可能性が有ります。「全てのガンダム作品は∀ガンダムに行き着く」というガンダムファンの常識が(一応は)覆された富野さんのこの発言は、今後のガンダム作品の製作やガンダムファンの作品の見方に、大なり小なり影響を及ぼすのではないかと思います。

関連記事:
 ・HG Reconguista in G「16 カバカーリー」レビュー(2015年8月6日更新)
 ・HG Reconguista in G「05 ガンダム G-セルフ用オプションユニット 宇宙用パック」レビュー(2015年2月5日更新)
 ・HG Reconguista in G「01 ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型)」レビュー(2014年10月10日更新)



HGRG16-001.jpg

 ツイッターでは既に色々ツイートしましたが、8月2日にゼビオアリーナ仙台で開催された「NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE」のTRESURE 06(仙台公演2日目)に参戦しました!!
 まだツアーが終わっていないのでセットリストの詳細な内容については敢えて触れませんが、最新シングル曲が歌われたのはもちろんの事ながら、アドベンチャー的な要素による選曲や演出もあったりで、とても楽しい内容でした。
 今回の管理人の席はアリーナ席の隅の方だったのですが、会場となったゼビオアリーナ仙台は「アリーナ」という名でありながらもそれほど広くはない会場で、ステージ上の奈々さんたちの姿が終始ハッキリと見えました。そんな中、奈々さんのライブの例によって会場内を回る乗り物が登場した際には、奈々さんが管理人の席から2mくらいの距離まで接近してきました。ライブやイベントでの奈々さんとの(物理的な)距離の近さは年々記録を更新しつつあるように感じているのですが、今回はこれまでに無い至近距離だった為、奈々さんが近付いて来た時には、大興奮のあまり頭がどうにかなりそうな状態でコールしてました(笑)。
 管理人が奈々さんの仙台公演に参戦したのは2011年の「LIVE JOURNEY」以来で、実に約4年ぶりでした。今回は前回とは異なり前日夜に現地入りしてたのですが、その際に当時の会場となった「仙台サンプラザホール」や、奈々さんの直筆サイン入りポスターが展示されている「なか卯仙台駅東口店」に行ったりする等、ちょっとした観光も出来ました。
 昨年は主に金銭的な事情から夏ツアーの遠征はしなかったのですが、今回の遠征ではライブだけでなく旅行・冒険という意味でも楽しめたので、来年以降も夏ツアーは、最低1公演は遠征するようにしたいと思ってます。
(´-`).。oO(次は西武プリンスドーム…)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、「ガンダム Gのレコンギスタ」のガンプラシリーズである「HG Reconguista in G」より、「16 カバカーリー」を紹介します。
 このキットは、先日紹介した「HGBF 040 ライトニングZガンダム」と一緒に、バンダイナムコホールディングスの株主優待品のこども商品券(2,000円分)を利用して購入しました。昨年貰ったこども商品券は半分を「HGAW 184 ガンダムエアマスター」に使いましたが、残り半分は欲しいガンプラが無かった事もあってトランスフォーマートイの購入に使いました。今回は全額をバンダイに還元出来たので、その意味では昨年よりも良かったのではと、勝手な自己評価をしています(笑)。
 「見せてもらおうか。バンダイナムコの株主優待品(で買ったモノ)の性能とやらを!」

関連記事:
 ・HG BUILD FIGHTERS「040 ライトニングZガンダム」レビュー(2015年7月22日更新)
 ・ガンダムフロント東京限定「HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス type RC(デストロイモード) Ver.GFT シルバー」
  レビュー
(2015年5月30日更新)
 ・HG BUILD FIGHTERS「026 ガンダムアメイジングレッドウォーリア」レビュー(2015年3月8日更新)