MGstfrSP-001.jpg

 今回は前フリ無しで、早速本題。
 今回のレビューは、現在開催中の「メカニックデザイナー 大河原邦男展」の会場限定ガンプラである、「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」を紹介します。
 管理人は、大河原邦男展には開催初日の8月8日に行ってきました。展示の内容は大河原さんがメカニックデザイナーとしてデビューした「科学忍者隊ガッチャマン」から、最新のメカニックデザインを手がけたアニメである「ガンダムビルドファイターズトライ」まで、デビューから40年以上の中で手がけた様々な作品の設定画等が展示されていました。とりわけ「機動戦士ガンダムF91」の展示は、後に「ガンダムF90」となる初期段階のデザイン画が展示されていた他に、ガンダムF91の途中段階の設定画には総監督の「富野由悠季」さんによる赤線での修正指示が入ったものが展示されていたり、当時の伝言(キャラクターデザイン担当の「安彦良和」さんからと思われます)が隅に書かれているものが展示されていたりして、非常に興味深い展示でした。また、描き下ろしイラストの製作過程を撮影した映像も上映されており、ポスターカラーを使用した独特のカラーイラストがどのように製作されているのかも知る事が出来ます。
 大河原さんが「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーV」のサイバトロン総司令官・スターセイバーのクリンナップを手がけた事は「MP-24 スターセイバー」の説明書等で紹介されていますが、大河原邦男展には大河原さんが関わったトランスフォーマーの作品の展示も有ります。大河原邦男展にはスターセイバーのデザイン画が展示されているのはもちろんの事ながら、大河原さんは「トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ」にも関わっており、メインキャラクターの一人である「ハードヘッド」のデザイン原案や、未登場のジェット機に変形すると思われるトランスフォーマーのイラストが展示されていました。
 有料で貸出している音声ガイド(600円)は、「保志総一郎」さんと「小松未可子」さんがガイドをしていますが、その中には大河原さんご本人の貴重なコメントも有るので、個人的には音声ガイドを聴きつつ展示を見る事をオススメします。

関連記事:
 ・「MG 1/100SCALE XXXG-00W0 ウイングガンダム プロトゼロ EW カラークリア」レビュー(2015年8月31日更新)
 ・HG COSMIC ERA「192 フリーダムガンダム」レビュー(2015年8月20日更新)

関連リンク:メカニックデザイナー 大河原邦男展(公式サイト)



HGCE192-001.jpg

 先週末の15日の事ですが、奈々さんの11thアルバムの発売が決定した事が「LIVE ADVENTURE」のTRESURE 8(愛知公演1日目)で発表され、直後に公式サイトでも発表されました!
 ライブ中のMCでは収録曲に関する発表は無かったようですが、その後のラジオ番組等で、前作のアルバムの発売後にリリースされた「禁断のレジスタンス」「エデン」「Angel Blossom」「Exterminate」の4枚のシングルのリード曲が収録される他、「戦姫絶唱シンフォギアGX」第1話のエンディングテーマとなった「Glorious Break」も収録されるそうです。公式サイトでの発表によれば全15曲収録予定との事で、この他にあと10曲が収録されます。前作の「SUPERNAL LIBERTY」はアニメタイアップの楽曲が少なめのアルバムでしたが、今回の収録曲の中のアニメタイアップ曲は「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」「魔法少女リリカルなのはViVid」「戦姫絶唱シンフォギアGX」の3作品の楽曲が入る事が既に確定しているだけでなく、今後発表される新曲の中にもアニメタイアップ楽曲が有る可能性が有るので、アニメタイアップ楽曲が多めのアルバムになるものと思われます。
 初回限定盤には映像特典を収録したブルーレイ/DVDが同梱されるそうです。内容は後日発表との事ですが、これまでの奈々さんのアルバムの映像特典は、特典とは思えない程の濃い内容を収録してきたので、今回も濃い内容になる事に期待です。
 このアルバムの発売日は2015年11月11日。管理人はフラゲ日もしくは発売日に必ずゲットしてきます!

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、「新生-REVIVE-」の第3弾キットとして発売された、「HG COSMIC ERA 192 フリーダムガンダム」を紹介します。
 このキットも、先日の帰省中に組み立てたキットです。実は帰省前に、現在上野の森美術館で開催中の「メカニックデザイナー 大河原邦男展」に行ってきたのですが、その展示の中にはフリーダムガンダムの設定画も展示されていました。フリーダムガンダムは大河原さんがデザインした事は多くのガンダムファンが知っている事ですが、大河原邦男展に行けば大河原メカの見方が変わって更に面白くなると思います。
(´-`).。oO(大河原邦男展の話は、後日また別の記事で…)

関連記事:
 ・HG COSMIC ERA「171 エールストライクガンダム」レビュー(2014年4月23日更新)
 ・HG BUILD FIGHTERS「フリーダムガンダム プラフスキーパーティクルクリアVer.」レビュー(2013年11月10日更新)



hgce171-001.jpg

 4月もそろそろ終わりですが、今回は1クールごとにお約束になりつつある(笑)、現在視聴中の新作アニメ等の話をば。
 今期の新作アニメの中では、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」が放送開始前から気になってたので、これについては放送開始前から「絶対見る!」と決めていました。あとは、ニコニコ生放送で第2期放送開始直前に第1期の一挙放送を偶然見て面白いと思った「ラブライブ!(第2期)」も毎週観てます。「声優は奈々さん単推し」を心がけているので、多分ライブには行かないと思いますが…(笑)。
 視聴継続組は「ニセコイ」「仮面ライダー鎧武」「ハピネスチャージプリキュア!」「新機動戦記ガンダムW(テレビ埼玉放送)」の4作品、4月から再放送が開始された作品ではTOKYO MXの「機動戦士ガンダム」を観てます。
 アニメ以外の作品では、NHKEテレで放送中の海外ドラマ「サム&キャット」も毎週観てます。奈々さんの出演は期待出来そうではないものの、作品の背景が「iCarly」の後日談という設定になっているので、iCarlyの関連作品として観ています。
 3月末で「ガンダムビルドファイターズ」「トリコ」「マギ」と、毎週楽しみに観てた作品が3本も放送終了してしまい、奈々さん、トランスフォーマー、ガンダムの新作アニメがいずれも無い期間が始まってしまったのですが、それだけに、今観ている作品はゆる~くチェックしようと思ってます(笑)。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、「HG COSMIC ERA」の「171 エールストライクガンダム」を紹介します。
 2002年10月に「機動戦士ガンダムSEED」の第1話が放送された時、管理人は放送終了直後に「ストライクガンダムのプラモが欲しい!」と思い、玩具店に買いに走った記憶が有ります。と言っても、当時はまだ放送開始したばかりだったので、買えるのは肘も膝も可動しないコレクションシリーズ版しかなかったのですが…(苦笑)。
 それから約11年後、同じような流れで「ビルドストライクガンダム フルパッケージ」を購入したのは、過去のレビュー記事の前フリで書いた通りです。ストライクガンダムというモビルスーツには、管理人を惹きつける何かがあるのかもしれません…。

関連記事:
 ・HG BUILD FIGHTERS「009 スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング」レビュー(2014年3月11日更新)
 ・HG BUILD CUSTOM「008 ユニバースブースター プラフスキーパワーゲート」レビュー(2014年3月7日更新)
 ・HG BUILD FIGHTERS「ビルドストライクガンダム フルパッケージ プラフスキーパーティクルクリアVer.」レビュー
  (2013年12月5日更新)
 ・HG BUILD FIGHTERS「001 ビルドストライクガンダム フルパッケージ」レビュー(2013年10月17日更新)