上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGCC177es-001.jpg

 一昨日深夜の「水樹奈々 スマイルギャング」で、10月15日に発売される30thシングルのタイトルが「禁断のレジスタンス」に決定した事が発表され、公式サイトにも情報が掲載されました!!
 タイトルにもなっている「禁断のレジスタンス」は奈々さん作詞、そして作曲は「天空のカナリア」や「ORBITAL BEAT」の作曲を手がけた「加藤裕介」さん。タイトルの意味については次週以降の放送で詳しく話してくれるとの事です。
 そしてカップリング曲として収録される「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」のエンディング主題歌は「BLUE」に決定しました! こちらは海の青、宇宙の青、空の青、奈々さんのライブでのカラーの青等、様々な意味が有るそうです。こちらの作詞も奈々さんが手がけ、作曲は「PHANTOM MINDS」「BRIGHT STREAM」「愛の星」等の作曲を手がけた「吉木絵里子」さんが手がけています。
 このシングルには他にもう1曲収録されますが、3曲中2曲が奈々さん作詞のアニメタイアップ曲という事で、この秋、アニメファンの間では奈々さんが再び存在感を示す事になりそうです。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、プレミアムバンダイ限定で販売された「HGCC 1/144 ターンエーガンダム用 拡張エフェクトユニット"月光蝶"」を紹介します。月光蝶である!!
 「HG CORRECT CENTURY 177 ターンエーガンダム」は発売前に予約して購入したのですが、発売前にこのエフェクトユニットの予約受付も開始されました。管理人は当然ながら(笑)、1次受注の期間中に予約を済ませて入手しました。

関連記事:HG CORRECT CENTURY「177 ターンエーガンダム」レビュー(2014年9月8日更新)


スポンサーサイト

HGCC177-001.jpg

 今回は前フリ無しで、早速本題。
 今回のレビューは、「HG CORRECT CENTURY」の「177 ターンエーガンダム」を紹介します。7月に掲載した「ガンダムエクシアダークマター」以来、久々のガンプラレビューです(笑)。
 このキットは発売前に予約して購入しました。通常はランナーの状態で大方の塗装とスミ入れを済ませてから組み立てにかかるところを、このキットでは実験的に組み立てを先にやってみたところ、そこで満足してしまった事もあって製作をなかなか進める事が出来ずにいたのですが、9月のブルーレイボックス発売決定や10月の「ガンダム Gのレコンギスタ」放送開始決定を受けて「この機会に完成させなくては!」と思い(笑)、先月になってようやく完成しました。
 「∀ガンダム」は、本放送当時に第1話から見ていたのですが、前半のストーリーが割とゆっくり気味だった事もあってつまらなくなり、途中で視聴をやめてしまいました。それから10年が経過した2009年頃にDVDでTVシリーズ全話と劇場版2作を観たのですが、全てのガンダム作品の終着点にこの作品が有るという設定は、放送から15年が経過した今でもなお斬新だと思います。
 「∀ガンダム」をはじめとして富野由悠季さんが総監督を務めるガンダム作品は、モビルスーツが現実に存在したらこんな動きをしたり使われ方をされるのではないかというシーンがよく有ります。個人的には、それらはガンダムの生みの親だからこそ出来るのだろうと思っており好きな部分の一つでもあるのですが、「ガンダム Gのレコンギスタ」でもそういうシーンが有る事を密かに期待しています(笑)。

関連記事:
 ・HG UNIVERSAL CENTURY「169 V2ガンダム」レビュー(2014年2月9日更新)
 ・HG AFTER WAR「163 ガンダムダブルエックス」レビュー(2013年11月5日更新)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。