上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

skywarp2016-001.jpg

 実に約1ヶ月ぶりの更新です。
 この1ヶ月間は「トランスフォーマー:アースウォーズ」(以下「TFアースウォーズ」をやり込んでた他、9月11日に実施されるFP2級の試験勉強もしており、ブログ更新が完全に置き去りになってました(;´∀`)スミマセヌ…
 現在、TFアースウォーズのユニット育成や基地の強化が順調に進んではいるものの、強化完了に1日前後の時間がかかるようになったおかげで、ようやくブログ更新が出来るようになりました。ただ、FP試験はまだこれからにつき、それが終わるまで暫くは更新頻度が極端に低くなると思うので、その点はご容赦を…。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、今月上旬より販売が開始された、今年ののTCCのクラブストア限定トイである「SKYWARP(スカイワープ)」を紹介します。これまでTCCのクラブストア限定トイは毎年1体以上が販売されてきましたが、TCCは今年いっぱいで運営を終了する為、これが最後のTCCクラブストア限定トイとなります。
 今年のTCCの無料配布トイ「RAMJET(ラムジェット)」のレビュー記事の前フリで、「スカイワープは買わない予定」という事を書いたのですが、「限定1000個」で購買欲を掻き立てられてしまい、結局購入してしまいました(苦笑)。無事届いたまでは良かったのですが、届いたトイは左足に右足が取り付けられているという、所謂不良品でした。過去にもTCCのクラブストアで買った限定トイが不良品だった事は何度か有ったのですが、それに関する問い合わせは悉くスルーされてしまったので、今回は潔く諦めて、そのままの状態で紹介します。
(´-`).。oO(TCC系トイのレビューは今度こそ最後になる…ハズ…)
(´-`).。oO(まんだらけの株を買ったので、株主優待を使って買う可能性も有り得るけど…)

関連記事:
 ・Transformers Collectors' Club限定「RAMJET」レビュー(2016年7月10日更新)
 ・「LG18 アルマダスタースクリーム スーパーモード」レビュー(2016年2月8日更新)
 ・Transformers Collectors' Club限定「NOVA PRIME」レビュー(2015年11月4日更新)


※画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※「RAMJET」「LG18 アルマダスタースクリーム スーパーモード」は、別売りです。


■トイ概要
 このトイは2016年度のTCCクラブストア限定トイの1体として、2015年8月3日(日本時間)より販売を開始しました。販売価格は69アメリカドルで、販売個数は1000個限定、会員1人に付き1個までの購入制限がかけられていました。
 トイの仕様は、2016年度のTCCの無料配布トイ「RAMJET(ラムジェット、以下カナ表記)」の仕様変更品で、本トイオリジナルのカラーリングへの仕様変更が行われています。




skywarp2016-002.jpg

 パッケージアート。ボックスのサイズは縦約19cm×横約19cm×奥行約8.5cmとなっています。
 パッケージイラストはラムジェットのキャラクターカード等に掲載されたイラストと同じで、色を変える事でスカイワープのイラストにしています。パッケージ全体のデザインは、「超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説」の海外版である「TRANSFORMERS:ARMADA(トランスフォーマー:アルマダ、以下「TFアルマダ」)」のトイのパッケージのデザインを元にしたものとなっています。




skywarp2016-003.jpg skywarp2016-004.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 このトイのパッケージは、過去にTCCクラブストアで限定販売されたトイと同様の化粧箱形式のパッケージになっています。両側面にトイの写真とキャラクター名に関する記載が有る点や、上面にTCCの事務所の所在地が記載されている点は前年度のクラブストア限定トイの「NOVA PRIME(ノヴァプライム)」と同じですが、両側面の背景デザインが前面から続いている点は異なっています。




skywarp2016-005.jpg

 パッケージ底面には、上面と同じ内容が記載されていますが、背景が前面から続くデザインになっている点が異なっています。




skywarp2016-006.jpg skywarp2016-007.jpg

 蓋を取り外した、パッケージの内側。
 蓋の下には、更にスポンジ製の蓋が被せられています。トイ本体はビークルモードで収納されており、武器やミサイルはトイ本体に取り付けられた状態で梱包されている為、武器やミサイルを収納するスペースは有りません。




skywarp2016-008.jpg

 内容物一式。トイ本体の他に、キャラクターカードと説明書とコミックブックが入っています。
 キャラクターカードと説明書はビニール製の袋に一緒に封入された状態で、スポンジの下に入っていました。またコミックブックはボックスの中には入っておらず、ボックスを保護する袋に同梱される形で入っていました。




skywarp2016-009.jpg skywarp2016-010.jpg

 取扱説明書は、両面に印刷されています。タイトルロゴはボットコン(BOTCON)の限定トイやTCC限定トイを人一括りにしたシリーズである「TRANSFORMERS TIMELINES(トランスフォーマー タイムライン)」となっており、説明書はこのトイの為に作られた物です。
 説明書は、表面にロボットモードからビークルモードへの変形手順が掲載されており、また裏面にはビークルモードからロボットモードへの変形手順が掲載されています。
 この説明書の中の変形やギミックを説明する為のイラストには、本トイの大元の仕様変更元である「TG-33 アルマダスタースクリーム」(以下「TG-33」)を描いたイラストが使用されており、頭部の形状が本トイとは異なっています。




skywarp2016-011.jpg skywarp2016-012.jpg

 本トイ付属のコミックブック。
 サイズは縦約15.3cm×横約10.5cmで、A6より少し大きいサイズです。
 この中には、8ページのオリジナルコミックが掲載されています。コミックのタイトルは、TFアルマダの「VOLUME 5」となっています。これはTFアルマダのトイに同梱されていたコミックが「VOLUME 4」で終了していた為、その続きという形を取っています。
 コミックの内容は、ユニクロンとの戦いが終わり、ガルバトロン(日本名:メガトロン スーパーモード)が行方不明になった後のサイバトロン星を舞台にした物語で、ディセプティコンに協力するプレダコン(PREDACON)からの研究資料を受け取ろうとするディセプティコン残党のスタースクリーム(STARSCREAM)、サンダークラッカー(THUNDERCRACKER)、スカイワープの3名で構成されるシーカーズ(SEEKERS)と、それを追跡して阻止しようとするパワーリンクス・ジェットファイヤー(POWERLINX JETFIRE)との戦いを描いています。コミックのラストでは、プレダコンの研究資料が「テラーコン(TERRORCONS)」の製造に関するものであった事が窺える事が書かれています。
 このコミックはアニメとは異なる独自の設定となっており、アニメでの「スタースクリーム スーパーモード」は「サンダークラッカー」という名称のキャラクターで、スタースクリームとは別人として描かれています。




skywarp2016-013.jpg skywarp2016-014.jpg

 コミックブックの裏表紙は「TRANSFORMERS TIMELINES」のプロダクトカタログとなっており、こちらから読む事が出来るようにもなっています。
 掲載されているトイはTCC創設時から2015年までのTCCクラブストア限定トイのみで、無料配布トイやTFSS(トランスフォーマー・サブスクリプション・サービス)のトイは掲載されていません。




skywarp2016-015.jpg

 コミックブックとプロダクトカタログは上下が逆になっており、読む方向はどちらも同じ形となっています。




skywarp2016-016.jpg skywarp2016-017.jpg
skywarp2016-018.jpg

 ビークルモード。ジェット戦闘機に変形します。
 形状はラムジェットと同一ですが、カラーリングが全面にわたって変更されており、ブラックとパープルをメインとしたカラーリングになっています。このカラーリングは、2003年に海外で販売(日本ではトイザらス限定で販売)されたTFアルマダシリーズの同名のトイ(以下「TFアルマダ版」)のカラーリングを元にしています。なお、本トイ付属のコミックブックやキャラクターカードではTFアルマダ版とこのトイとの設定に関する繋がりについては何も書かれていない為、設定上の関連は不明です。




skywarp2016-019.jpg ramjet2016-013.jpg

 TG-33やその仕様変更品の「LG18 アルマダスタースクリーム スーパーモード」(以下「LG18」)では、ロボットモードの頭部は後頭部が天面になる構造となっていますが、本トイでは頭部の形状が大きく異なっている事から、顔が前を向くように変形して収納します。
 TFアルマダ版もこれとほぼ同じ形で頭部を収納するようになっている為、これはTFアルマダ版へのリスペクトも兼ねたものである可能性が有ります。




skywarp2016-020.jpg

 ビークルモード底面。
 機首底面と機体後部底面にはランディングギア(着陸脚)が有りますが、タイヤを転がす事は出来ません。




skywarp2016-021.jpg skywarp2016-022.jpg
skywarp2016-023.jpg skywarp2016-024.jpg

 ビークルモードからロボットモードへの変形は、11ステップで行います。大まかな手順は以下の通り。
 ①ランディングギアを収納して機首を畳み、機体側面の腕を出す。(第1~第3ステップ)
 ②機体後部を変形して、脚にする(第4~第7ステップ)
 ③機体前部を90°動かして頭部を出し、その後、キャノン砲と左右の主翼をそれぞれ90動かす。(第8~第10ステップ)
  ※説明書には記載されていませんが、第10ステップまで変形を完了させた後に、頭部を90°動かして顔を前に向ける
   必要が有ります。
 ④前腕に収納されている手首を出す。(第11ステップ)
 説明書ではビークル→ロボットの手順とロボット→ビークルの手順を別々に掲載しており、ロボット→ビークルの変形は12ステップで行うようになっています。




skywarp2016-025.jpg

 ロボットモード前面。頭頂高は約14cm、全高は約14.5cmあります。
 変形機構はラムジェットやTG-33と同じで、ビークルモードの機首が胴体に変形し、機体後部が脚部に変形します。




skywarp2016-026.jpg

 ロボットモード後ろ。
 キャノン砲は地面に対して垂直に変形し、大きなバックパックのようになりますが、この点はTFアルマダ版と大きく異なる部分の一つです。




skywarp2016-027.jpg

skywarp2016-028.jpg skywarp2016-029.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 頭部はラムジェットと同型のものが使用されていますが、カラーリングはラムジェットと大きく異なっており、カラーリングの変更によってTFアルマダ版のデザインを本トイ独自のアレンジで再現しています。




skywarp2016-030.jpg

 ロボットモードの可動箇所は首、肩、二の腕、肘、股関節、太腿、膝に有り、これらの部分が動きます。
 可動箇所や可動範囲はラムジェットやTG-33と同じですが、頭部の変更により、首の可動範囲が少し広くなっています。TFアルマダ版は変形し易さと立たせ易さを重視した構造になっていた事もあって、可動箇所や可動範囲はTFユニバース版よりも広くなっています。




skywarp2016-031.jpg

 背部のウイングの裏には剣が収納されており、展開して手に持たせる事が出来ます。
 説明書には、この武器は「WEAPON」としか記載されていませんが、後述するキャラクターカードでは、この武器は「パラハイセリオン・ブレード(Parahytherion blades)」という名称で紹介されています。




skywarp2016-032.jpg

 背部のキャノン砲は、90°動かして砲口を前方に向ける事が出来ます。
 TFアルマダ版では、この武器はミニコン(日本名:マイクロン)が合体して砲身を展開するキャノン砲でしたが、本トイではミニコン無しでも使用出来るようになっています。
 本トイ付属のコミックブックでは、TFアルマダ版のデザインを意識してか、この状態のままで描かれています。




skywarp2016-033.jpg skywarp2016-034.jpg

 キャノン砲の後部に有るクリアーパープルのパーツを押し込むと、ミサイルが発射されます。
 発射に連動して、砲口部分のグレーのパーツがせり出します。また、ミサイル発射機構はスプリングを使用しない構造となっています。
 後述するキャラクターカードでは、このキャノン砲から発射されるミサイルは高出力の熱探知ミサイルという設定となっています。




skywarp2016-035.jpg skywarp2016-036.jpg

 前腕とキャノン砲にはミニコン用のジョイントが2個ずつ有り、このジョイントに対応したミニコンを取り付ける事が出来ます。




skywarp2016-037.jpg

 ここからは、アクションポーズの一例を紹介。
 1枚目は、パラハイセリオン・ブレードを構えたイメージでのポーズ。TFアルマダ版よりも広くなっている可動箇所や可動範囲を生かして、様々なアクションポーズを取る事が出来ます。




skywarp2016-038.jpg

 2枚目は、キャノン砲を発射しているイメージでのポーズ。
 キャノン砲の砲口を前方に向けると、キャノン砲が干渉して肩の可動範囲が狭まってしまいますが、発射しているイメージでのポージングは概ね問題無く取る事が出来ます。




skywarp2016-039.jpg skywarp2016-040.jpg

 2016年度の無料配布トイである、ラムジェットと。
 本トイはラムジェットのカラーリングを変更したものである事は前述の通りですが、2003年に発売された「TRANSFORMERS UNIVERSE」版のラムジェットは、TFアルマダ版スカイワープのカラーリングを変更したものでした。その為、この2体が同じ年に配布・販売されたのは、当然の事と言えるのではないかと思います。
 この2体の間の繋がりは特に有りませんが、ラムジェットはTFアルマダの後の時代の作品である「TRANSFORMERS CYBERTRON(邦題:トランスフォーマー ギャラクシーフォース)」の外伝作品で活躍しています。




skywarp2016-041.jpg skywarp2016-042.jpg

 LG18と。
 本トイはTG-33やLG18からカラーリングと頭部を変更したものである事は前述の通りですが、TFアルマダ版も「MD-02 スタースクリーム」や「MD-09 スタースクリーム スーパーモード」のカラーリングと頭部を変更したものでした。




skywarp2016-043.jpg

 付属のキャラクターカード。
 サイズやデザインはTFSS4.0のトイに付属しているキャラクターカードのデザインに準拠したものとなっており、縦約9.5cm×横約14cmの厚紙に片面だけ印刷がされたものとなっています。
 記載されているキャラクターバイオの訳文は下記の通りです(意訳を含んでいます)。バイオの内容から、戦闘時と非戦闘時で振る舞いが大きく異なる、強い二面性を持つキャラクターである事が分かります。また座右の銘は「Disaster strikes when you least expect it.(訳:天災は忘れた頃にやってくる)」を元にしているもののと思われます。

スカイワープ

テクニカルデータ
 体力:9  知力:7  速度:10  耐久力:8  地位:8  勇気:9  火力:8  技能:10

「攻撃は忘れた頃にやってくる」

スカイワープは、仲間のディセプティコンにいたずらをする時は嬉々としてそれをやるが、それはオートボットの野営地を破壊する時も同じである。彼は、戦場では冷徹でプロフェッショナルな物腰をしているが、それは戦場にいない時の迷惑な振る舞いとは全く対照的である。

瞬間移動の固有能力を持っている。数多の高度なサーキット・スー(サイバトロニアンの武術)の訓練によってこの能力を強化し、最長で5マイルまで瞬間移動出来るようになっただけでなく、他の者と一緒に瞬間移動出来るようにもなった。しかしこれらの高度な能力は、彼が体内に貯蔵しているエネルギーを多く消費してしまう。接近戦と遠隔攻撃のどちらにおいても熟練した技術を持つスカイワープは、空中からの射撃を行う際に瞬間移動能力を使う。この攻撃手段によってスカイワープは「空のブルズ・アイ(中心に当たった弾丸の事)」の異名を得たのだ。

ダイヤモンド並の硬度を有するパラハイセリオン・ブレードを携行し、そして高出力の熱探知ミサイルの発射はロボットモード、ジェットモードのどちらでも出来る。正当な動機が無いと、気力が無く頼りない。最高速度はマッハ4である。





 以上、TCC限定スカイワープでした。

 変形機構や可動機構、そしてギミックはラムジェットやTG-33やLG18と同一の為、既にTG-33やLG18を手に取った事が有る人にとっては、ギミック面では特に驚くべき点は有りません。本体のカラーリングは塗装で再現されている部分が多い為、塗膜の剥がれを気にする人にとっては遊びづらいトイとなっていますし、また生産数は1000個のみなので、これらの点を考慮すれば、これまでのTCC限定トイよりもコレクター向けのトイと言えるのではないかと思います。
 管理人が購入したスカイワープは、前述の通り不良品でした。購入したTCCクラブストア限定トイが不良品だった事はこれまでにも有ったのですが、このスカイワープは生産数が絞られているだけでなく最後のTCCクラブストア限定トイでもあったので、品質管理が最後まで杜撰だった事は本当に残念でした。
 本トイは単体でも十分遊べるようになっていますが、TG-33やLG18が有ればコミックブックのシーカーズを再現出来ますし、TFアルマダ版が有れば比較して楽しむ事が出来ます。またラムジェットとは設定上の繋がりは無いものの、カラーリングの違いを楽しめます。
 TCCは2016年末をもって運営を終了する為、本記事掲載時点では既に新規会員登録が出来なくなっており、TCCクラブストアで本トイを購入出来る人は限られてしまっています。本記事掲載時点でTCCの会員となっている人は、一種の記念品として買うのも良いのではないかと思います。



※上記のリンクは仕様変更元のトイです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。