上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TLKEX01-001.jpg

 今回のレビューは、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトイシリーズより、トイザらス限定で発売された「オプティマスプライム」を紹介します。

関連記事:
 ・「TLK-01 バンブルビー」レビュー(2017年5月15日更新)
 ・「AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」レビュー(2015年9月26日更新)
 ・「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」レビュー(パート1)(2014年7月27日更新)

関連リンク:トランスフォーマー ムービー トイザらス限定 オプティマスプライム【送料無料】(トイザらスオンラインストア)


画像をクリックすると、元のサイズで表示されます。
※本トイのセット内容以外のトイ等は、全て別売りです。


■トイ概要
 このトイは2017年4月29日に、「トランスフォーマー/最後の騎士王」(以下「最後の騎士王」)のトイシリーズの1体として、全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストア限定で、小売価格4,858円(税8%込)で発売されました。
 トイの仕様は、メインキャラクターの一人である「オプティマスプライム」を完全新規金型で立体化しています。ビークルモードからロボットモードへの変形機構を搭載している他、全身各所の関節が可動します。




TLKEX01-002.jpg

 パッケージ表面。
 パッケージはボックス形式です。サイズは縦約24cm×横約18cm×奥行約8cmで、本記事掲載時点で発売されている同シリーズのトイのパッケージの中では大きな部類に入るサイズです。
 パッケージのデザインは海外版のものを流用しており、日本語の商品名や日本版のタイトルが記載されたシールが貼付されています。なお、パッケージに掲載されている解説文は、英語を含む4ヶ国語が並列表記されています。




TLKEX01-003.jpg

 パッケージ裏面。
 こちらも海外版と同一ですが、下部には商品の流通上必要な情報が記載された日本語のシールが貼付されています。ここには同シリーズの他のトイの紹介もされていますが、オプティマスプライムのキャラクター紹介文は有りません。
 この面にはビークル⇔ロボットの変形が30ステップで完了する事も記載されていますが、後述する取扱説明書では29ステップの手順で書かれています。




TLKEX01-005.jpg TLKEX01-004.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 ブリスターは天面や右側面まで繋がっています。左面にはオプティマスプライムのイラストが描かれており、その上には「EARTH'S GREATEST PROTECTOR(訳:地球の最も偉大な守護者)」という、簡単なキャラクター紹介文が掲載されています。




TLKEX01-006.jpg

 パッケージ底面。
 遊ぶ際の注意等が記載されたシールが、全体にわたって貼付されています。




TLKEX01-007.jpg

 本トイのセット内容一式。
 オプティマスプライム本体の他に、剣と盾が付属しています。2014年に発売された「AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」では、剣には「テメノスソード」という名称が付いており、また盾には「センチネルシールド」という名称が付いていましたが、本トイでは名称に関する記載は一切有りません。




TLKEX01-008.jpg

 本トイの取扱説明書は、A3サイズの紙に片面のみの印刷が施されています。
 ロボットモードからビークルモードへの変形手順を説明している他、武器の遊び方に関する説明も有ります。




TLKEX01-009.jpg TLKEX01-010.jpg
TLKEX01-011.jpg

 ビークルモード。トラック(ウェスタンスター・4900SBトラクター)に変形します。
 デザインは「トランスフォーマー/ロストエイジ」(以下「ロストエイジ」)でのデザインと同じですが、完全新規金型で作られています。ブルー成型のパーツはややメタリックがかった色味のものが採用されており、劇中の質感を再現しているように感じられます。




TLKEX01-012.jpg

 ビークルモード底面。
 この面の大部分が、ロボットモードの脚部になります。前部は空洞になっており、その奥にはロボットモードの手が収納されています。




TLKEX01-013.jpg TLKEX01-014.jpg

 ビークルモードの状態で、剣と盾を取り付ける事が出来ます。
 車体底面に剣を取り付け、車体後部に盾を取り付けます。




TLKEX01-015.jpg TLKEX01-016.jpg
TLKEX01-017.jpg TLKEX01-018.jpg

 ビークルモードからロボットモードへの変形は、29ステップで行います。大まかな手順は以下の通り。
 ①ルーフ部分を上に上げ、ドア部分とその周辺を折り畳む。(第1~第2ステップ)
 ②車体下半分を変形して、脚にする(第3~第17ステップ)
 ③ボンネットとその下のパーツを変形して、腕にする。(第18~第25ステップ)
 ④頭部を出し、胸部を変形する。(第26~第29ステップ)
 なお、説明書ではロボット→ビークルの手順しか記載されておらず、ビークル→ロボットの変形は番号を逆に戻って行うよう記載されています。




TLKEX01-019.jpg

 ロボットモード前面。全高は約18cmあります。
 ビークルモードの運転席とボンネットが上半身に、車体底部が下半身に変形します。こちらのデザインも、ビークルモードと同様にロストエイジでのデザインと同じものとなっています。




TLKEX01-020.jpg

 ロボットモード後ろ。
 ルーフ部分とドア部分は折り畳まれて、背部パーツとなります。




TLKEX01-021.jpg

TLKEX01-022.jpg TLKEX01-023.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 頭部はマスクを装着した状態で作られています。塗装は目、額、マスクのみの、簡素な塗装です。




TLKEX01-024.jpg

 ロボットモードの可動機構は首、肩、二の腕、肘、腰、股関節、太腿、膝に有り、これらの箇所が動きます。
 足首が動かない為、取るポーズによっては接地しづらいですが、概ね問題無い可動範囲です。肩のアーマーは跳ね上げる事が可能になっており、これにより肩関節は広い可動範囲を確保しています。




TLKEX01-025.jpg

 腰ブロック後部には六角形の穴が有ります。
 説明書には記載されていませんが、これは別売りの「トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド」等のアクションフィギュア用スタンドのアームを接続する為の穴です。




TLKEX01-026.jpg

 剣と盾を装備した、ロボットモードのフル装備状態。
 写真では右手に剣を持ち左腕に盾を装備していますが、右腕に盾を装備して左手に剣を持たせる事も可能です。




TLKEX01-027.jpg

 剣は、背部パーツの下に有る穴に差し込む事が出来、これにより剣を背負った状態にする事が出来ます。
 この状態にすると、腰を捻った際に太腿が剣の刃に干渉してしまう為、腰を捻る事が殆ど出来なくなります。




TLKEX01-028.jpg

 本トイの発売と同時にスタートした連動キャンペーン賞品の「シルバーテメノスソード」装備した状態。
 シルバーテメノスソードのグリップの形状は「AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」や「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」に持たせる為の物となっています。しかしながら、シルバーテメノスソードの説明書では、手首に5mm径のピン受け穴が有るトランスフォーマートイに持たせる事が出来るとされています。ただし、写真の位置よりも更に奥に差し込もうとするとゴールドの塗装が剥がれてしまう可能性が有る為、注意しなければなりません。




TLKEX01-029.jpg

 ここからは、アクションポーズの一例を紹介。
 1枚目は、剣で攻撃するアクションポーズ。変形機構の関係で肩関節を前に向ける事が出来るようになっている為、これを活用すれば、剣を振り下ろしたポーズを更にカッコ良くする事が出来ます。




TLKEX01-030.jpg

 2枚目は、飛行しているイメージでのポーズ。
 ロストエイジで新たな姿となったオプティマスプライムですが、同時に単独での飛行能力も得ました。トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド等のアクションフィギュア用スタンドを使用する事で、飛行しているイメージでのディスプレイも可能になります。




TLKEX01-031.jpg TLKEX01-032.jpg

 「AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」(以下「AD31」)(シルバーテメノスソード装備)と。
 どちらもロストエイジの劇中で新たな姿となったオプティマスプライムを立体化したトイです。本トイはAD31とはサイズが異なるだけでなく、変形機構も異なっています。




TLKEX01-033.jpg TLKEX01-034.jpg

 「LA01 バトルコマンドオプティマスプライム」(以下「LA01」)のオプティマスプライム本体(シルバーテメノスソード装備)と。
 LA01は大型トイですが、オプティマスプライム本体のサイズは本トイと同じくらいです。LA01はロストエイジ公開前に発売されたトイの為、胸や脚のデザインは、本トイやAD31とは大きく異なるものになっています。




 以上、トイザらス限定オプティマスプライムでした。

 これまで実写映画シリーズのオプティマスプライムは、正規シリーズの最初のナンバーで発売されていましたが、今回はトイザらス限定という、今までに無い形での発売となりました。これは既に予告編等で悪役として活躍する事が宣伝されている事や、オートボットでもディセプティコンでもない第三勢力の所属となる事が理由だったのではないかと、管理人は推測しています。
 トイの仕様は変形+可動というシンプルな仕様で、トランスフォーマートイ初心者でも遊び易い仕様となっています。29ステップの変形手順は一見すると複雑な変形機構のように感じられますが、複雑なのは足首と肩だけなので、その部分さえ覚えてしまえば簡単に変形出来るようになります。
 残念だったのは塗装箇所の少なさで、頭部の塗装が少ない点は特に残念でした。これは塗装が簡素な海外版と同じ仕様にしている事によるものなので、今後日本限定の仕様変更品が発売される際には改善されるものと思われますが、技術の有る方は塗装にチャレンジしてみても良いのではないかと思います。
 本トイはトイザらス限定商品の為、一般店頭では買えません。また本記事掲載時点では既に在庫僅少になっている店舗も多いようで、入手は難しくなりつつあるようですが、本トイの仕様は海外版と同じ為、トイザらスで手に入らなかった場合には輸入トイショップで探してみる事をおすすめします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。