上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mechtech201101-001.jpg

 今回の「ダークサイド・ムーン」のトイレビューは、5月14日の関連トイ発売と同時に開始された「発売記念キャンペーン」の景品である「メッキテックウェポン」です。
 このキャンペーンの景品は、発売開始前に情報が公開された際に「メッキ仕様のメックテックウェポン」という事で、非公式に「メッキテック(ウェポン)」の通称で呼ばれていました。しかし配布された実物の説明書には「メッキテックウェポン」の記載が有り、非公式が公式に逆輸入されてしまう事に…(笑)
 実は、今回オイラがいつもならアマゾンで予約しているところを予約しなかったのは、発売日当日に確実に購入したかったのと、このメッキテックウェポンの為でした。本当は全4種有るのですが、予算の都合で1個は入手できず…orz
 それでも、余分な物を1つも購入せずに3個まで貰えたので、個人的には十分満足してます。


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

■トイ概要
 本トイは、2011年5月14日に発売された「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(以下「DOTM」)関連トイの発売記念キャンペーンの景品として、対象店舗で関連トイを一定金額以上購入するか、対象トイを購入した人に配布されました。トイの仕様は「DA06 ラチェット」「DA07 スキッズ」「DD04 クランクケース」に付属している「メックテックウェポン」の仕様変更品で、メッキ塗装への仕様変更がなされています。




■トライタニウム・ヒートブレードクロー

mechtech201101-002.jpg

 このトイは全国の「トイザらス」各店舗とトイザらスのオンラインショッピングサイト「トイザらス・ドットコム」で、DOTM関連トイを3,000円以上購入した人に配布されました。パッケージはトイと説明書をビニル製の袋に入れた、簡素な梱包となっています。




mechtech201101-003.jpg

 説明書。上部の商品名の部分には「メッキテックウェポン」の記載が有ります。説明書で装備しているトイは「DD04 クランクケース」です。説明書下部には「メックテックウォーズ」で使用可能な「ウェポンコード」の記載が有りますが、このレビューの掲載時点ではまだ対応していません。




mechtech201101-004.jpg

 本体。「DD04 クランクケース」に付属のメックテックウェポン「ヒートブレードクロー」の仕様変更品です。本体の殆どは金メッキ仕様となっていますが、グリップ部分や照準部分等、一部パーツはメッキが使用されていません。




mechtech201101-005.jpg

 斜め上から見た写真。通常形態時は銃となっています。




mechtech201101-006.jpg

 取り付け例。DOTMトイのメックテックウェポンが取り付け可能なジョイントであれば、基本的に取り付け可能です。
※「DD01 メガトロン」は付属していません。




mechtech201101-007.gif

 照準部分を後ろに引く事で銃形態からクロー形態に変形します。




mechtech201101-008.jpg

 クロー形態。変形はシンプルかつ一瞬で完了しますが、この形態での固定は出来ません。このレビューの写真では、特殊な方法を用いて固定しています。




mechtech201101-009.jpg

 クロー形態の装備例。造形が禍々しさを含んだものとなっているので、このメッキテックウェポンはクランクケースをはじめとした、ディセプティコン向けのメッキテックウェポンと言えるかもしれません。
※「DD01 メガトロン」は付属していません。




■トライタニウム・プラズマダブルバレット

mechtech201101-010.jpg

 このトイは全国の「ヤマダ電機」と「ヨドバシカメラ」の玩具取り扱い店舗(一部店舗を除く)で、DOTM関連トイを3,000円以上購入した人に配布されました。パッケージは「トライタニウム・ヒートブレードクロー」同様に、トイと説明書をビニル製の袋に入れた梱包となっています。




mechtech201101-011.jpg

 説明書。上部に「メッキテックウェポン」の記載と下部にウェポンコードの記載が有る点や、ウェポンコードがこのレビューの掲載時点で「メックテックウォーズ」に未対応である点はトライタニウム・ヒートブレードクローと同様です。なお、説明書でこれを装備しているトイは「DA07 スキッズ」です。




mechtech201101-012.jpg

 本体。「DA07 スキッズ」に付属のメックテックウェポン「プラズマダブルバレット」の仕様変更品です。本体の殆どは金メッキ仕様となっていますが、グリップ部分や銃口部分等、一部パーツはメッキが使用されていません。




mechtech201101-013.jpg

 斜め上から見た写真。通常形態時は銃口が1つの銃となっています。




mechtech201101-014.jpg

 取り付け例。DOTMトイのメックテックウェポンが取り付け可能なジョイントであれば、基本的に取り付け可能です。
※「DA03 オプティマスプライム メックテックトレーラー」は付属していません。




mechtech201101-015.gif

 照準部分を後ろに引く事で銃形態からダブルバレット形態に変形します。




mechtech201101-016.jpg

 ダブルバレット形態。銃口が1つの銃から2つの銃に変形します。トライタニウム・ヒートブレードクロー同様、変形はシンプルかつ一瞬で完了しますが、この形態での固定は出来ません。このレビューの写真では、特殊な方法を用いて固定しています。




mechtech201101-017.jpg

 ダブルバレット形態の装備例。変形の前後がどちらも銃なので、通常形態で装備して違和感が無ければダブルバレット形態でも違和感は有りません。
※「DA03 オプティマスプライム メックテックトレーラー」は付属していません。




■トライタニウム・パワーソー

mechtech201101-018.jpg

 このトイは全国の「ヨドバシカメラ」「ジョーシン キッズランド」「エディオングループ(ishimaru、デオデオ、エイデン、ミドリ電化)」の玩具取り扱い店舗で、DOTM関連トイを3,000円以上購入した人に配布されました。パッケージは前述の2つのメッキテックウェポン同様に、トイと説明書をビニル製の袋に入れた梱包となっています。




mechtech201101-019.jpg

 説明書。上部に「メッキテックウェポン」の記載と下部にウェポンコードの記載が有る点や、ウェポンコードがこのレビューの掲載時点で「メックテックウォーズ」に未対応である点は、前述の2つのメッキテックウェポンと同様です。なお、説明書でこれを装備しているトイは「DA06 ラチェット」です。




mechtech201101-020.jpg

 本体。「DA06 ラチェット」に付属のメックテックウェポン「パワーソー」の仕様変更品です。本体の殆どは金メッキ仕様となっていますが、中央のグリップ部分やジョイント部分等、一部パーツはメッキが使用されていません。




mechtech201101-021.jpg

 本体裏側。このメックテックウェポンには裏側中央と下部の2ヶ所にジョイントが有る為、他のメックテックウェポンよりも取り付けの選択の幅が広くなっています。




mechtech201101-022.jpg

 斜め上から見た写真。通常形態時は銃となっています。




mechtech201101-023.jpg

 取り付け例。DOTMトイのメックテックウェポンが取付可能なジョイントであれば、基本的に取りつけ可能です。2つのジョイントは当然同じ径なので、可動の妨げになる等しなければどちらでも取り付け可能です。
※「DA05 バンブルビー&メックテックホルダー」は付属していません。




mechtech201101-024.gif

中央のグリップを後ろに引く事で銃形態からパワーソー形態に変形します。変形時には刃が歯車による連動ギミックで回転しながらせり出します。




mechtech201101-025.jpg

 パワーソー形態。銃から回転ノコギリに変形します。変形は前述の2つと同様にシンプルかつ一瞬で完了しますが、この形態での固定は出来ません。このレビューの写真では、特殊な方法を用いて固定しています。




mechtech201101-026.jpg

 パワーソー形態の装備例。ジョイントとは別にグリップが有るので、トイによっては装備した状態でグリップを持たせる事も可能です。
※「DA05 バンブルビー&メックテックホルダー」は付属していません。




mechtech201101-027.jpg

 紹介したメッキテックウェポンを全て装備した一例。メックテックウェポンでメックアップだ!!
※「DA03 オプティマスプライム メックテックトレーラー」は付属していません。




 以上、メッキテックウェポンシリーズでした。
 紹介できなかった「サイバチタニウム・パワーソー」は、全国の「イオン」各店舗の玩具売り場で「DA03 オプティマスプライム メックテックトレーラー」を購入した人に配布されました。仕様は「トライタニウム・パワーソー」の銀メッキ仕様となっています。

 トランスフォーマーの新作トイ発売に伴う小型トイ配布キャンペーンは、これまで何度も行われてきましたが、今回のキャンペーンはメッキ仕様のトイという、過去のキャンペーンと比較すると珍しい部類のトイが配布されました。メッキ仕様というカラーリングゆえに、最も相性が良いのは「メックテックキャンペーン」の商品である「トライタニウムバンブルビー」や「トライタニウムオプティマスプライム」くらいで、一般販売のトイでは、どのトイに取り付けても違和感を感じてしまいます。しかしながら、同日に多数のトイが発売されたとはいえ、メックテックウェポンの数が増える事で遊びの幅を広げられますし、ラチェット、スキッズ、クランクケースを購入していない人にとっては、メックテックのギミックだけでも楽しめる機会を与えてくれているという点では、ありがたいキャンペーンだと思います。


  
※この3つのトイに、元になったメックテックウェポンが付属しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。