上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nenpetinanoha2-001.jpg




  ⇒前回(パート1)のレビューはココをクリック



 一番くじフェイトに続くレビューは、約2週間振りのねんぷちなのはシリーズです。
 最近リアルで色々ありまして、気が付いたらブログの更新を1週間以上もサボった上にツイッターも実況系post以外はかなり減ってしまいました(´・ω・`) リア充だと?ククク、違うなァ…!まぁその詳細については、機会があればココかツイッターでヽ(´ー`)ノ

 さて、今回のレビューはねんぷちなのは全11種類の内、なのはとフェイトの私服バージョンのレビューです。

※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。



■高町なのは(私服)


nenpetinanoha2-002.jpg

 「高町なのは(私服)」。「~The MOVIE 1st」で新規にデザインされた私服姿の高町なのはをねんどろいどのデザインで立体化しており、手にはデバイスモードの「レイジングハート」を持っています。




nenpetinanoha2-003.jpg

 後ろ姿。




nenpetinanoha2-004.jpg

 頭部。表情は満面の笑みを浮かべた表情となっています。




nenpetinanoha2-005.jpg

 上着は裾近辺のプリントがタンポ印刷される等、細かく造られています。また、腕とレイジングハートは別パーツとなっており、レイジングハートの柄を手の穴に通して持たせます。




nenpetinanoha2-006.jpg

 レイジングハートのヘッド部分は、一部の塗装が省略されています。ヘッド中央の球の部分はクリアーレッド成型です。




nenpetinanoha2-007.jpg

 パーツを可能な限りバラバラにした状態。下半身は一体成型になっています。腕は肩関節の可動域が広めになっています。また、レイジングハートは柄尻部分が外れるようになっており、ここから手の穴に通してレイジングハートを持たせます。




nenpetinanoha2-008.jpg

 「高町なのは(バリアジャケット)」と。表情だけでなくレイジングハートのモード等、対照的なデザインになっている部分が多いです。




■フェイト・テスタロッサ(私服)


nenpetinanoha2-009.jpg nenpetinanoha2-010.jpg


 前面と後ろ姿。なのは同様に新規にデザインされた私服姿のフェイト・テスタロッサをねんどろいどのデザインで立体化しており、手にはアックスフォームの「バルディッシュ」を持っています。




nenpetinanoha2-011.jpg

 頭部。表情は劇中のフェイトを意識したと思われるすまし顔になっています。



nenpetinanoha2-012.jpg

 バルディッシュは劇中のカラーリングに準拠した塗装が施されています。持たせ方は高町なのは(私服)と同様、柄尻部分を取り外して手の穴を通して持たせます。




nenpetinanoha2-013.jpg

 パーツを可能な限りバラバラにした状態。ボールジョイント接続のツインテールや一体成型の下半身に分離可能なスカート等、パーツ構成は高町なのは(私服)に似ています。腕はきちんと右腕と左腕に分かれています。




nenpetinanoha2-014.jpg

 フェイト・テスタロッサ(バリアジャケット)と。頭部のツインテールが浮いている事もあって、バリアジャケットバージョンの方がボリュームが有ります。




nenpetinanoha2-015.jpg

 ツーショット。表情やポーズの造形の違いにより、元気な感じのなのはと大人しい感じのフェイトという対照的な造形になっています。





 以上、ねんどろいどぷち「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」より、「高町なのは(私服)」、「フェイト・テスタロッサ(私服)」の紹介でした。
 今回紹介した2体は、どちらもバリアジャケットバージョンに劣らない細かい造りになっていますが、とりわけなのはは私服のプリントが細かいだけでなく、満面の笑みを浮かべた表情が非常に可愛く造られており、管理人のお気に入りの1体です。
 さて、次回(パート3)のレビューですが、今度はなのはの制服バージョンとアリサ、すずかの仲良し3人組を予定しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。