・ボットコンのツイッターアカウントによるpost


 ここ1週間以上、色々と多忙だった為にブログ更新をサボってしまいましたが、ようやく更新再開です。
 今回は、2011年10月12日未明にボットコンのツイッターアカウントが画像付きでpostした、「SHATTERED GLASS(シャッタード・グラス)」版「SCOURGE(スカージ)」のキャラクターバイオを紹介します。
 このシャッタード・グラス版スカージは、9月28日にボットコンがツイッターで発表し、フォロワーを対象にしたキャラクターバイオ募集コンテストを開催しました。詳細は下記の関連記事で紹介しています。
 このキャラクターバイオはそのコンテストで入賞した140文字のバイオを一部に組み込んだ上で、1人のキャラクターとして完成されています。

関連記事:「SG SCOURGE」登場! & 「SG DRIFT」の武器の詳細が発表!(2011年10月2日更新)


 このキャラクターバイオの画像ですが、レイアウトはTCC会報に毎号掲載されているキャラクターバイオと同一のものになっています。
 なお、シャッタード・グラスの世界は善悪が反転した構図の世界観の為、このスカージは、基になったキャラクターとは正反対の、「善のディセプティコン」に所属する正義の戦士となっています。


(原文)
SCOURGE

KEEPER OF THE FORGOTTEN

"If you seek to evade desolation, follow in my trail."


BIO
The halls surrounding the Vault of the Unknown echo with a single set of footsteps. A clockwork march that propels Scourge from one room to the next as he ensures that he is alone. Alone with the relics he guards.

One of the Oldest Decepticons, but also one of the most respected, Scourge has always been the voice of reason & knowledge. His wisdom has been sought by many Cybertronians throughout the ages, all of whom sought a means to bring peace to their world. Anything to prevent it from falling into the yawning abyss of total war.

Inside Scourge's processors, countless battles replay themselves over and over again. During his long life, he took part in every major conflict that had ever faced the Cybertronian race, honing his skills with each new opponent he encountered. The Karnian Death Strike, the relentless Silent Fury of the K'tord Nebula, the indefensible Preying Hawk of the planet Pz-Zazz, Scourge became the master of these and many other combat styles leaving him trapped with the nickname gifted him by innumerable fallen foes. "Scourge".


WEAPONS / ABILITIES
Hidden within the hull of his energon-shield, Scourge carries powerful high-tech scanning equipment able to track anything(or anyone) that the Decepticon chooses to pursue. A disruptor ray capable of slicing through solid rock ensures that nothing stands between himself and his quarry.

Scourge is self-trained in many complex forms of hand-to-hand combat, but he often finds that resorting to a simple fist fight is the quickest way to end a quarrel.


WEAKNESSES
He takes no joy in fighting, but is flushed with pride when outwitting an adversary. It is thus that conceit is his only weaknesses.




※以下訳文(一部に意訳を含みます)

スカージ

役職:忘却の番人

座右の銘:「孤独になりたくなければ、私の導きに従え」


キャラクターバイオ
 1組の足音しか響かない、未知のエコーの保管庫を囲むホール。スカージがある部屋から次の部屋へと行く際に響く、そのゼンマイ仕掛けの行進は、彼が孤独である事を保証しているのである。彼は一人でその遺物たちを守っていたのである。

 スカージは最も高齢なディセプティコンの一人ではあるが、常に論理と知識の声を持っている為に、最も尊敬されているディセプティコンの一人でもある。スカージの知恵は、宇宙に平和をもたらす為の手段を求める全てのサイバトロニアン(トランスフォーマー)達に、時代を超えて求められ続けてきた。しかしその知恵を得る手段が遮られた為に、全面戦争が勃発した。

 スカージのプロセッサの内部では、無数の戦争の映像が何度も映し出された。彼はその長い人生の中で、サイバトロニアンが関わった全ての主要な紛争に参加し、新しい敵と出会う度に自分の戦闘スキルを磨き続けてきたのである。
遥か昔の死闘、クトード星雲の静かで執拗な猛威、プッザズの防御不可能な猛禽の鷹…。スカージはこれらの敵を倒してきた事で、それらの戦闘スタイルとその他の戦闘スタイルをマスターしたが、倒した敵達から"スカージ(災厄)"というニックネームを与えられるという罠にはめられてもしまったのである。


武器/能力
 彼はエナジョンシールドの内部にハイテクなスキャン装置を隠して携行している。その装置は、ディセプティコンが選んだ何か(または誰か)を追跡する事が可能である。ディスラプター・レイ(撹乱光線)は硬い岩をも突き破る事が出来るので、スカージと彼の獲物の間には、何者も立ち塞がる事が出来ない。

 スカージは様々な流派の徒手空拳を自己訓練で会得したが、スカージが拳での戦闘を行うのは、その戦闘方法が争いを終わらせる最も簡単な方法であると彼が判断した場合が殆どである。


弱点
 スカージは戦闘に喜びを感じる事は無いが、敵を出し抜くと誇らしげに顔を赤くする。その行動はスカージが自惚れ屋である事を示しており、それこそが彼の唯一の弱点なのである。




 以上。

 キャラクターバイオ内の赤字で表記されている部分がコンテスト入賞者による投稿で、このキャラクターバイオはそれをベースにして肉付けをした格好になっています。
 サイバトロニアンの記憶と思われるものの保管庫を守っていた管理人だったスカージがどのような経緯で戦士となったのかは不明ですが、幾多の戦闘経験を積んだ事で強い戦士、とりわけ格闘戦を得意とする戦士となった事が窺える内容となっています。また、キャラクターバイオからは「スカージ」という名が本名ではない事も分かります。
 スカージの戦歴の中で書かれている「クトード星雲(K'tord Nebula)」と「プッザズ(Pz-Zazz)」ですが、これはマーベルコミック版のトランスフォーマーに登場する星雲と惑星で、かなりマニアックなチョイスがされています。
 また、投稿されたキャラクターバイオには無かった弱点も掲載されています。多くの知識と優れた戦闘能力を持っているだけあってか自惚れ屋になってしまっており、戦いの中で驕る事さえしない完璧な戦士であるはずのスカージにとって唯一の弱点となっているのは、まさに「玉にキズ」と言えます(笑)。

 TCC会報内のキャラクターバイオではビークルモードの紹介もされているのですが、このキャラクターバイオではビークルモードの紹介がされていなかったのが、僅かながら残念なところでした。
 このスカージはコンテストの開催を前提にして発表されたキャラクターの為、まだコミック等での活躍の場が与えられていませんが、今後何らかの形で活躍の場が与えられる事に期待です!