本日、奈々さんの2ndベストアルバム「THE MUSEUM Ⅱ」が、遂に発売されました!
 発売決定が発表されたのが、9月3日に日本武道館で開催された「ファンクラブイベントⅤ」だったので、それから足掛け約2ヶ月半の期間を経ての発売となりました!

関連記事:S.C. NANA NET「ファンクラブイベントⅤ」に行ってきました!(2011年9月5日更新)


 ジャケット写真の構成ですが、これは1stベストアルバム「THE MUSEUM」に似せた構図になっています。比較してみると分かるのですが、1stベストアルバムの発売から4年以上経過した事もあり、奈々さんの顔つきも、当時より「大人の女性」の印象が強くなった感じがします。
 なお、このベストアルバムは、購入すると15th~25thシングルの宣伝ポスター(復刻版)がくじ引き形式でランダムに付属します(通販の場合はランダムに同梱)。管理人は通販でBD版とDVD版の両方を購入したのですが、当たったのは20thシングル「夢幻」と22ndシングル「Silent Bible」のポスターでした。「PHANTOM MINDS」のポスター欲しかったなぁ…(;´Д`)

 このベストアルバムはCDとブルーレイもしくはDVDがセットになっています。
 この「前編」では、CDに収録されたシングルリード曲を紹介。


1. SECRET AMBITION
 15thシングルは、2007年4月~9月に放送された「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の前期オープニングテーマ。
 タイトルを日本語訳すると「秘めたる大志」で、静かなイントロからサビにかけて徐々にパワフルになっていく流れが印象的です。
 実は、管理人が初めて観たリリカルなのはシリーズの作品が「~StrikerS」だったので、その点でもこの楽曲には強い思い入れが有ります。


2. MASSIVE WONDERS
 16thシングル。「魔法少女リリカルなのはStrikerS」後期オープニングテーマ。
 「ETERNAL BLAZE」以前は奈々さんに多数の楽曲を提供していた、チーム水樹の主要メンバーの1人としてもお馴染みの「矢吹俊郎」さんが作曲された楽曲で、その意味では、近年の奈々ソンの中でも珍しい部類に入ります。
 「~StrikerS」本放送当時の管理人の評価はあまり高くなかったのですが、最近になってからライブ等で聴いた事もあってか、現在は個人的お気に入りの楽曲の1つになっています。


3. Astrogation
 全曲がA面となった17thシングル「STARCAMP EP」から、1トラック目に収録されたこの楽曲が3曲目に収録。
 「ファンクラブイベントⅤ」でのオススメ奈々ソンランキングでは見事に第7位を獲得しているほどの人気曲で、管理人的にはテンポの良さが一番のお気に入りです!


4. Trickster
 18thシングル。このシングルはリード曲であるこの楽曲よりも、2トラック目に収録された「DISCOTHEQUE」の方が人気、知名度、更に中毒性(笑)においても高いと思うのですが、管理人的にはこの曲も気に入ってます。
 最初は伴奏が少なめなのに、サビに入ると同時に一気に伴奏が増え、そして最後は静かに終わるという、メリハリがハッキリした流れが印象的です。
 余談ですが、「Weblio」の英和辞典で「Trickster」を調べると、英和対訳辞書でこの楽曲がヒットします(笑)。


5. 深愛
 19thシングルは、2009年1月~3月に放送され、奈々さんも「緒方理奈」役で出演されたTVアニメ「WHITE ALBUM(前期)」のオープニングテーマ。
 この楽曲の製作期間中に奈々さんのお父さんが亡くなられ、奈々さんはその後に詩を書き上げました。詩は一見すると男女の恋愛を描いているように見えるのですが、実は父親に対する奈々さんの想いが描かれているという奥深い歌詞で、それを理解すると涙なしでは聴けません…。
 なお、この楽曲は奈々さんが声優史上初の紅白出場を果たした「第60回NHK紅白歌合戦」で歌った楽曲としても有名です。


6. 夢幻
 20thシングルは、2009年10月~12月に放送され、奈々さんも「緒方理奈」役で出演されたTVアニメ「WHITE ALBUM(後期)」のオープニングテーマ。
 前作「深愛」に続いて、80年代の歌謡曲を思わせるメロディーが特徴的です。また、タイアップされたアニメの内容を踏襲した、ドロドロな雰囲気の詩も特徴的です(笑)。


7. PHANTOM MINDS
 21stシングルは、ご存知「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」のテーマソング。
 10thシングル「innocent starter」の歌詞の一部を引用・組換えした歌詞と、「高町なのは」や「フェイト・テスタロッサ」が空を飛んでいるイメージを想起させる、爽やかな疾走感が感じられる伴奏が特徴的です。
 奈々さんは、この楽曲でオリコンウィークリーシングルチャート初の1位を獲得する快挙を達成しました。また、奈々さん2度目の紅白出場となった「第61回NHK紅白歌合戦」ではこの楽曲が歌われており、奈々さんの音楽活動を語る上では避けて通る事のできない1曲です。
 管理人は昨年のシングル発売日に購入して以来、実に400回近くヘビロテしており(!)、管理人のお気に入り奈々ソンの中ではトップクラスとなっています。


8. Silent Bible
 22ndシングルは、リリカルなのはシリーズ初のゲーム作品「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE BATTLE OF ACES-」のオープニングテーマ。
 タイアップ作品の舞台となっている時期が年末という事もあり、タイトルの「Bible(聖書)」や、1番のサビ部分の「聖なる夜に輝く深紅の星」等、クリスマスを思わせる詩が特徴的です。
 管理人的には、この楽曲は「MASSIVE WONDERS」と同様で、発売当時の評価から時間をおいて徐々に評価が上がっていった楽曲で、聴けば聴くほど好きになれる、所謂「スルメ曲」だったりします。


9. SCARLET KNIGHT(アルバム初収録)
 23rdシングルは、2011年4月~6月にかけて放送され、奈々さんも「リコッタ・エルマール」役で出演されたTVアニメ「DOG DAYS」のオープニングテーマ。
 「自分を解放しよう」というテーマに基づいて作詞された詩が特徴的で、「赤裸々」等、自分を解放するワードに大体付く言葉「赤」と、タイアップ作品の主人公の名前「シンク」にも掛けて、「SCARLET(真紅)」がタイトルに組み込まれています。曲調はファンタジー作品らしさの漂う曲調になっており、ファンタジー色の強い「DOG DAYS」のオープニングテーマにピッタリの楽曲です。
 管理人は今年4月のシングル発売日に購入して以来、この楽曲を実に500回近くヘビロテしており(!)、管理人のお気に入り奈々ソンの中では当然トップクラスです。また、「LIVE JOURNEY」では1曲目で歌われたのも強く記憶に残っています。
 なお、前々からこのブログでも書いているとおり、奈々さんの東京ドームライブ「LIVE CASTLE」の各公演日にある「NIGHT」は、この楽曲の「KNIGHT」との言葉遊び的な掛け言葉がされている事が奈々さん自身から語られているので、LIVE CASTLE参加予定の方は要予習の楽曲です!


10. POP MASTER(アルバム初収録)
 23rdシングルと同日に発売されたこの24thシングルは、「高校生クイズ2011」の応援ソングに採用されました。
 奈々さんが作詞・作曲共に担当した6番目の作品でもあり、「ファンクラブイベントⅤ」でMV(ミュージック・ビデオ)の収録が行われた事も記憶に新しいです!
 「一休み」の部分を除けば全体的にハイテンポな曲調になっているのが特徴的で、奈々さんが各種インタビュー等で「ライブ向きの曲に作った」とコメントしているとおり、ライブでは盛り上がる事必至の1曲です!
 管理人としては、今後、この楽曲が第2の「POWER GATE」となる事に期待しています!


11. 純潔パラドックス(アルバム初収録)
 この記事を書いている時点で最新シングルとなっている25thシングルは、2011年7月~9月に放映され、奈々さんが主人公・更衣小夜(きさらぎ・さや)役で主演し、そして2012年6月2日には劇場版の公開も予定されているTVアニメ「BLOOD-C」のエンディングテーマ。
 楽曲の感想はシングル発売時に書いているので、リンク先をご覧下さい。今になって思うのですが、この楽曲を聴いた一言での率直な感想は「『水樹奈々=エロ師匠』は、ネタかと思っていたら案外ガチだったでござるの巻」だったりします(笑)。
 余談ですが、このアルバムの発売と同じ日に「BLOOD-C」のDVD第3巻が発売されました。このDVDには、「LIVE JOURNEY」千秋楽で、奈々さんが「湯気(自主規制)多いよ」と言っていた第6話が自主規制解除バージョンで収録されています。その湯気の下はかなり凄まじい事になっているので、視聴される方は相当の覚悟をもって視聴する事をオススメします。

 ・『BLOOD-C』円盤でグロ規制の光が解除されたが・・・すんげーグロかった(やらおん!)
  ※自主規制が解除されたシーンのキャプ画像が掲載されていますので注意!!




 今回の記事はここまで。
 本当は1つの記事で書こうと思っていたのですが、各楽曲の紹介をしていたら色々な思い出が甦ってしまって長文になってしまいました(笑)。管理人は「SECRET AMBITION」以降の奈々さんのシングルは全て聴いてきただけでなく、並行して新曲のタイアップ作品もその都度チェックしてきただけに、このCDを聴いていると、その当時の思い出が鮮烈に甦ります。
 なお、ブックレットに掲載されている歌詞の隣には奈々さんとその曲に関連したもの(衣装、セット等)が一緒に撮影された写真がそれぞれ掲載されており、まさに「博物館(THE MUSEUM)」と言える内容の写真になっています。

 次回の「後編」では、シングルリード曲以外でアルバム初収録となった人気曲、このアルバムで初登場となった新曲、そして付属のブルーレイ(もしくはDVD)に収録された映像作品を紹介します。