上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tamagonanet2011-001.jpg

※ペンライトは別売です。


 今日から2日間はいよいよ、東京ドォーム!!!

 …というわけで、声優史上初の東京ドームライブとなる「LIVE CASTLE」開催を控え、管理人のテンションも高まっています(笑)。
 ライブで歌われる楽曲や最新情報の発表も当然楽しみではあるのですが、「ファンクラブイベントⅤ」でお会いしたツイッターでのフォロワーさん達との久々の再会や、ツイッターで長くお付き合いしているフォロワーさんと初めてオフでお会いする事が出来る可能性が有ったり等、個人的にはライブ外でも色々な楽しみが控えています。その為、当日は物販に行く予定はないものの、開場時間より数時間早く現場に到着する予定です。

 さて今回のレビューは、そのLIVE CASTLEの会場でも販売される、「おっきなたまごからナネットさん」のレビューです。
 実は今回これをレビューする大きなきっかけとなったのが、ファンクラブイベントⅤの時にオフでお会いしたあるフォロワーさんに「(そのイベントで買った)ちょもぐるみ2のレビューはやらないんですか…?」と言われて、「さすがにやりません(苦笑)」というやりとりをした事が有ったのを思い出したのがきっかけでした。今回はライブ開催前にグッズが手に入った事もあり、実験的な意味も含めた上でレビューしてみようと思い、やってみました。
 この「おっきなたまごからナネットさん」は、「ぬいぐるみ」の部類に属するグッズなので、ウチのブログではまず対象にしないジャンルなのですが、ここ最近参加した奈々さんのライブやファンクラブイベントのグッズの中には模型やぬいぐるみ等の立体商品もチョコチョコ出ているので、今後、ライブ等でこういったグッズが販売された際には、奈々さんを応援する意味も込めて逐次レビューして行こうと思います。

参考:NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 -QUEEN'S NIGHT- / -KING’S NIGHT- GOODS INFORMATION
    (水樹奈々 公式サイト NANAPARTY)


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

■グッズ概要
 このグッズは2011年11月30日~12月1日にかけて、さいたまスーパーアリーナで開催された、「アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 supported by JOYSOUND×UGA /Calbee ポテリッチ(以下「LIVE CASTLE」)」のグッズ先行販売会場で、本ライブ限定グッズの1つとして3,500円(税込)で販売されました。ライブ関連グッズの絵柄等で度々採用されている、水樹奈々さんによるデザインの鳥をモチーフにしたキャラクター「ナネットさん」のぬいぐるみを、卵の形をした缶に詰め込んだグッズとなっています。なお、このグッズはLIVE CASTLE開催当日の物販会場でも販売される予定となっています。




tamagonanet2011-002.jpg

 パッケージ前面。ボール紙製のボックスタイプのパッケージで、サイズは縦13cm×横13cm×奥行13cmの立方体となっています。ボックス全体のカラーはイエローで、正面中央には「NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011」の文字と7つの星がホワイトで印刷されています。




tamagonanet2011-003.jpg

 パッケージ裏面。下には「NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011  12.03 QUEEN'S NIGHT / 12.04 KING'S NIGHT」の文字が印刷されています。




tamagonanet2011-004.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。側面には文字のプリントは有りません。なお、上面がフタ部分になっています。




tamagonanet2011-005.jpg

 たまご。詳細な材質は不明ですが金属製で、「缶のたまご」と言えるものになっています。このたまごはボックスの内側にビニール袋等の梱包は無く、そのままの状態で入れられています。




tamagonanet2011-006.jpg

 たまごの中央部分には、パッケージ正面中央にプリントされているものと同じものがプリントされています。




tamagonanet2011-007.jpg

 たまごは上下で分割出来、その中にはたまごの形状に合わせて丸められた、ナネットさんのぬいぐるみが入っています。




tamagonanet2011-008.jpg

 ナネットさんぬいぐるみ前面。頭頂高は約12cm有ります。
 たまごに入れられている状態の時は翼が本体に密着する形で畳まれていますが、これの形を整える事で、鳥らしい外見になります。




tamagonanet2011-009.jpg

 ナネットさんぬいぐるみ後ろ。写真では見えづらいですが、尻尾が付いています。




tamagonanet2011-010.jpg tamagonanet2011-011.jpg

tamagonanet2011-012.jpg tamagonanet2011-013.jpg

 4面ビュー。鳥がモチーフのキャラクターではありますが、たまごに収納する関係上、クチバシはあまり出ていません。また、実際のイラストでは脚が真っ直ぐに立っているのですが、脚の材質が布製になっている為に、2本の脚で立たせる事は不可能になっています。




tamagonanet2011-014.jpg tamagonanet2011-015.jpg

 顔部分。元々のイラストのデザインがシンプルなだけに、このぬいぐるみのデザインもシンプルです。目はプラスチック製で、クチバシは布製です。




tamagonanet2011-016.jpg

 立たせようとしなければ、脚を真っ直ぐに伸ばす事も可能です。また、「nm7」が印字されている部分の裏側には「nana mizuki」の文字が印字されています。




tamagonanet2011-017.jpg

 このぬいぐるみは可動しませんが、写真のように片方の翼を畳めば、一部イラスト等での片翼だけを広げた状態のポーズにする事も可能です。




tamagonanet2011-019.jpg

 たまごの下半分とナネットさんを組み合わせれば、ナネットさんがたまごからかえったばかりのような状態にする事も可能です。




tamagonanet2011-018.jpg

 2011年9月3日に日本武道館で開催された「ファンクラブイベントⅤ」で販売された「ちょもぐるみ2」と。ちょもぐるみのモデルになった「ななちょも」と、このナネットさんは、共に水樹奈々さんの関連グッズのデザインに頻繁に採用されている、いわばマスコットキャラクターのような存在です。




 以上、おっきなたまごからナネットさんでした。

 ナネットさんの立体商品は、「LIVE JOURNEY」開催時のグッズの中に、ポーチ型の「おでかけナネットさん」や、キーチェーンのマスコットになった「駅長ナネットさん」が有りましたが、今回のこのグッズのように、完全な単体のぬいぐるみとして販売されたのは初めてではないかと思います。ぬいぐるみとしての品質は及第点だとおもいますが、ナネットさんの立体商品としては、たまごに収納する事も考慮して作らなければならなかった事もあってか、イラストのデザインにはやや遠い部分が有るのが残念です。とはいえ、たまごからぬいぐるみの出し入れが出来る点はギミックとして見ても面白いと思いますし、ぬいぐるみとしての遊び方の用途は色々有ると思います。ペンライトやTシャツ、タオル等に比べると、ライブ本番で使用される可能性は圧倒的に低いので購入される方は比較的少数派ではないかと思いますが、購入される方は、ライブ中にサイリウム等と一緒に振るのも一つの手ではないかと思います。周りの方のご迷惑にならないように振るよう注意しなければなりませんが…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。