上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012010402.jpg


 ・2012 BOX SET PREVIEWS:(BOTCON2012公式サイト)


 日本時間の本日未明、BOTCON(ボットコン)の公式サイトが更新され、ボットコン2012限定ボックス・セットに入るトイの内の1体である「"The Heroic"Soundwave(「善の」サウンドウェーブ)」の試作画像が公開されました!

関連記事:
 ・BOTCON2012の詳細が発表!!(2011年12月25日更新)
 ・BOTCON2012限定「"The Overlord"GIGATRON」の画像が公開!(2011年12月28日更新)
 ・BOTCON2012限定「"The evil Autobot"TRACKS」の画像が公開!(2011年12月31日更新)


 トイの仕様は、既にボットコン2012公式サイトのTOP絵に描かれているものと同様で、「変形!ヘンケイ!」版「アイアンハイド」をベースに、ホワイトをメインとしたカラーリングに変更されている他、頭部は新規造形となっています。
 このホワイトをメインとしたカラーリングは、2007年に日本で販売された「ミュージックレーベル」版サウンドウェーブ(ソニックホワイト)がモチーフになっています。ストーリー上では、サウンドウェーブは地球に来た際に地球のビークル(車)をスキャンしてこの姿になっていますが、スキャン前の姿はミュージックレーベル版のソニックホワイトカラーとほぼ同じになっています。

 サウンドウェーブの地球到着時のエピソードは、2009年にTCC公式サイトで公開された2ページのコミック「THE DESERT HEAT!」(1ページ2ページ)で描かれています。なお、このコミックは同年よりTCC会員専用ページ内で公開されている小説「Eye in the Sky」の前日談で、このサウンドウェーブは「Eye in the Sky」だけでなく、その後にTCC会員専用ページで公開された、シャッタード・グラス世界を舞台とした小説である「Blitzwing Bop」「Transhuman」にも登場しています。

 ビークルモードのドアに描かれているマークの中央には、「G.I.ジョー」の悪役キャラクター「ザルタン」の顔が描かれています。このペイントはコミックの設定に従ったもので、サウンドウェーブはこのペイントがされた車をスキャンしました。ここで描かれているザルタンもシャッタード・グラス世界のザルタンのようなので、もしかすると善人なのかもしれません。
 トランスフォーマーとG.I.ジョーのコラボはトイの販売元が同じ事もあって昔から行われてきただけでなく、TCCの運営元はG.I.ジョーのコレクターズ・クラブも運営しており、このコラボは両ブランドが密接な関係にあったればこそ成し得たものと言えます。
 なお、ザルタンについては相互リンクしている「ロボNINブログ」さんのレビュー記事に詳細が書かれていますので、ご参照下さい。

 公式サイトのTOP絵に描かれているサウンドウェーブは頭にハチマキを巻いていますが、このトイでは省略されています。
 これについて、ボットコンのツイッターアカウントでは、「頭部と一体で成型した場合、(ハチマキの後ろが)長く浮いた形を作らなければならない為に断念した」事をアナウンスしている他、「ハチマキはTCCクラブストアで販売する(=別売にする)事を予定している」とのアナウンスもしています。



注:上のリンクは仕様変更元のトイです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。