20120120.jpg

 ・2012 BOX SET PREVIEWS:(BOTCON2012公式サイト)


 日本時間の20日未明にBOTCON(ボットコン)の公式サイトが更新され、ボットコン2012限定ボックス・セットに入るトイで、公開されていなかった最後の1体「"Autobot Pretender" METALHAWK(「オートボット・プリテンダー」メタルホーク)」の試作画像が公開されました!

関連記事:
 ・BOTCON2012の詳細が発表!!(2011年12月25日更新)
 ・BOTCON2012限定「"The Overlord"GIGATRON」の画像が公開!(2011年12月28日更新)
 ・BOTCON2012限定「"The evil Autobot"TRACKS」の画像が公開!(2011年12月31日更新)
 ・BOTCON2012限定「"The Heroic"Soundwave」の画像が公開!(2012年1月4日更新)
 ・BOTCON2012限定「"The heroic"TREADSHOT」の画像が公開!(2012年1月6日更新)
 ・BOTCON2012限定ボックス・セットに入るトイの内容が判明!(2012年1月9日更新)
 ・BOTCON2012限定「"The evil Autobot"ULTRA MAGNUS」の画像が公開!(1/14追記)(2012年1月13日更新)


 トイの仕様は上記の1月9日更新の記事で書いた通りで、「トランスフォーマー ユナイテッド」の「UN26 ディセプティコンサンダーウイング]の仕様変更品。頭部は新規造形となっています。また、ボットコンがボットコン2012の開催に際して作ったフェイスブックアカウントの1つでは、頭部のデザイン画も公開されています。
 このメタルホークは人間の姿をベースにした造形になっていますが、この造形について、ボットコンの公式ツイッターアカウントでは、1989年に海外で販売された「MEGA PRETENDER(メガ・プリテンダー)」を基にしたという旨のアナウンスがされています。
 日本でのプリテンダーは人間やモンスターが本来の姿であるロボットに変身する演出がされていましたが、海外でのプリテンダーは、変装している「アウターシェル」の中にトランスフォーマーが入っている、という設定になっていました。



 メガ・プリテンダーは、このアウターシェルが変形し、ビークルモードにドッキングできる機能が追加されたプリテンダーです。
 なお、このメガ・プリテンダーは、日本では仕様を変更して「クロスフォーマー」として販売されました。



 ・クロスフォーマー(「BUTTO'S TRANSFORMERS ART」様)


 サンダーウイングは、海外では1989年当時の日本での仕様変更に倣ったリデコ商品の「SKY SHADOW(スカイシャドー)」も販売されており、サンダーウイング型のトイはプリテンダー(メガ・プリテンダー)のキャラクターを基にしたキャラクターになることが定番化しているようです。

 話がそれてしまいましたが(笑)、このメタルホークの発表をもって、ボットコン2012限定ボックス・セットに入るトイが全て公開されました!
 ストーリーの詳細についてはまだ語られていませんが、開催前には昨年と同様に「序章」のコミックが公開される可能性が有りますので、まだまだ目が離せません!


  

※上のリンクは仕様変更元のトイです。