上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

curedollhappy001.jpg

 今回はちょっとしたお知らせ。
 年明けに携帯をiPhoneに機種変更したのですが、それをきっかけに、先日からツイキャスでの番組を始めました。
 タイトルは「iTaabou(アイ・ターボー)」。タイトルの元ネタは、言わずと知れたあの海外ドラマです(笑)。
 基本的には近況報告的なものとか、トランスフォーマー(主にTCC関連)とか奈々さんの話題をダラダラと喋っているだけの番組です。しかしながら、配信中に頂いたコメントを読みつつやっているので、それによって配信内容が思いもしない方向に走ったりするだけでなく、配信中に頂いた「コイン」によって放送時間まで決められてしまう、まさに「行き当たりばったりな番組」となっています(笑)。
 ツイッターのアカウントをお持ちの方ならコメント投稿が出来ますので、よかったら聴いてやってください(笑)。不定期配信ではあるのですが、配信日時を決めたら事前にツイッターで告知するようにもしてますので、管理人のツイッター(ID:taaboustoybox)のツイートもチェックして頂ければと思います。

 さて今回のレビューは、先月掲載したピラナコンのレビュー記事の前フリでも話題にした「スマイルプリキュア!」より、テレビアニメの放送開始に合わせて発売された「キュアドール!」版のキュアマジックr…ゲフンゲフン、「キュアハッピー」のレビューです。
 奈々さんと直接的な関連性は無い作品なのですが、副ヘッドこと福圓美里さんが主演というだけでなく、早速試聴した第1話が期待以上の内容だったので、この作品は1年間試聴する事になりそうです。


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

■作品概要 ~スマイルプリキュア!とは~
 「スマイルプリキュア!」は、2012年2月5日よりテレビ朝日系列で放送が開始されたテレビアニメ作品で、「プリキュア」シリーズの9作目の作品です。物語の内容は、中学2年生の少女・星空みゆきが妖精・キャンディに出会った事がきっかけでキュアハッピーに変身し、4人の仲間と共にキャンディの故郷である「メルヘンランド」を救う為、「キュアデコル」を集めると共に、世界をバッドエンドにしようと目論む「バッドエンド王国」と戦います。2012年3月17日公開予定の、全てのシリーズのプリキュアが一堂に会する映画「プリキュアオールスターズNS」にも、本作のプリキュアが登場する事が決定しています。

■フィギュア概要
 このフィギュアは、2012年2月4日に「キュアドール!」シリーズの1体としてバンダイより価格1,365円(税込)で発売されました。「スマイルプリキュア!」に登場する「キュアハッピー」を、同シリーズのフォーマットに準拠した形で立体化しています。




curedollhappy002.jpg

 パッケージ表面。パッケージのサイズは縦約17cm×横約9cm×奥行約5cmとなっており、「キュアドール!」シリーズのパッケージとしては標準的なサイズです。ブリスターの下部分にはキュアハッピーと仲間達のイラストが描かれていると共に商品名が記載された紙が内側に入っており、また後ろの台紙にはキュアハッピーの全身イラストが描かれています。




curedollhappy003.jpg

 パッケージ裏面。下半分は流通の関係上記載が必要な情報が記載されており、また上半分はキュアハッピーのキャラクター概要が記載されています。




curedollhappy004.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。ブリスターには台紙取り付け部分にベロが付いており、一度台紙を外してもまた取り付けられるようになっています。




curedollhappy005.jpg

 ブリスターを取り外した台紙。下部分には、アンケートに答えるとプリキュアグッズが当たるサイトのURLとQRコードが掲載されています。また、今後実施される場合があるキャンペーンの為に、ポイントが付いています。




curedollhappy006.jpg

 キュアハッピー本体前面。全高は約13.5cmあります。「キュアドール!」のフォーマットに準拠した造形となっている為、劇中のキュアハッピーに比べてドールらしい造形となっています。
 なお、過去のキュアドール!シリーズではキャラクターカードが同梱されているものも有りましたが、このフィギュアには、キャラクターカードは付属していません。




curedollhappy007.jpg

 キュアハッピー本体後ろ。劇中でも特徴的な髪のお下げは、忠実に大きく造られています。




curedollhappy008.jpg curedollhappy011.jpg

curedollhappy009.jpg curedollhappy010.jpg

 4面ビュー。「キュアドール!」のフォーマットの関係上、頭部は劇中よりも大きめの造形になっていますが、全体的に劇中のスタイルに近い造形となっています。




curedollhappy012.jpg

 頭部。表情はキュアドール!シリーズとしては標準的な笑顔となっていますが、口が開いた表情になっています。特徴的な両サイドのアホ毛は安全基準の関係なのか、劇中よりも太めの造形になっています。




curedollhappy013.jpg

 胴体部分。胸のブローチだけでなく、腰に付いている「スマイルパクトキャリー」も、しっかり造られています。




curedollhappy014.jpg

 可動は、首が横ロールで360°回転、肩関節が360°回転します。
 また、足は左右一体で前方に約70°~80°可動します。この可動は、別売の「プリキュアオールスターズ みんなで大集合♪夢のレインボータウン」等のプレイセットで椅子に座らせる為の可動です。
※「di:stage」(別売)を使用しています。




curedollhappy015.jpg

 足裏にはツマ先とカカトにピン穴のようなものが有ります。これも別売の「プリキュアオールスターズ みんなで大集合♪夢のレインボータウン」等のプレイセットに対応する為のものです。




curedollhappy016.jpg

 シャッス!
 同シリーズの「キュアブロッサム」と。キュアハッピーの担当声優である福圓美里さんは、キュアブロッサムの担当声優である水樹奈々さんの同じ事務所の後輩で、ラジオ番組「水樹奈々スマイルギャング」では約10年にわたって一緒に出演しているだけでなく、アニメや海外ドラマ等での共演作も多数有ります。
 なお、福圓さんがキュアハッピー役に決定した事が発表された際には、奈々さんもラジオ番組でお祝いの言葉を述べていました。




 以上、キュアドール!版キュアハッピーでした。

 このフィギュアは元々、女児をターゲットにした商品の為、ハイ・ターゲット向けのアクションフィギュアに比べると可動や劇中のプロポーション再現という点ではどうしても劣ってしまいます。しかしながら、テレビアニメの放送に会わせて発売してくれるだけでなく、女児向け玩具ゆえの耐久性の高さ、持ち運びやすいサイズ等、テレビアニメと連動して色々な遊び方が出来ると思います。また、キュアドール!シリーズは歴代のプリキュアが商品化されていますので、このキュアハッピー以外にも仲間の4人のプリキュアと一緒に並べて遊べるだけでなく、他シリーズのプリキュアのキュアドール!と並べて遊んだり、プレイセットで遊んだりする等、様々な遊び方が出来ます。このレビュー記事を書いている時点では「スマイルプリキュア!」のアクションフィギュアの商品化は未定なので、テレビ放送を観て、不覚にも萌えてしまった(笑)のでフィギュアが欲しい、という方には、このキュアハッピーに限らず、キュアドール!シリーズ自体がオススメです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。