上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120226.jpg

 ・TCC公式サイト(記事は2012年2月24日付)
 ・Fun Publications Issues Apology and Statement Regarding Recent Security Issues(SEIBERTRON.com)

 昨年12月より度々発生している、TCCが情報流出の原因となっている疑いのあるクレジットカード情報流出とそれに伴う不正使用問題について、日本時間の2月25日午前7時30分頃にTCCの運営元であるファン・パブリケーションズ(Fun Publications)社がお詫びの文書をメルマガで配信すると共に、TCC公式サイト上にも同じ内容の文書を掲載しました。

関連記事:
 ・トランスフォーマーファン内で多発しているクレジットカード不正使用事件について、TCC運営元が声明を発表
  (2012年2月10日更新)
 ・「HALL OF FAME」の第1次投票が開始! 他(2012年2月25日更新)


 メルマガ本文の訳文は下記の通りです(一部に意訳を含んでいます)。

タイトル:ファン・パブリケーションズのクレジットカード・セキュリティ更新について - 会員の皆様へ


 このメールマガジンは、全てのTCC会員の皆様にお送りしています。

 ファン・パブリケーションズは、このメールで全ての会員様に陳謝致したく思います。

 何日にもわたる分析を行い、弊社のeコマース(電子商取引)にセキュリティ上の問題がある事が判明しました。不正使用事件に関する詳細な情報を提供して下さった会員の皆様には御礼申し上げます。会員の皆様からの情報提供により、会員様のクレジットカード(昨年、TCCクラブストアやイベント登録システムでご利用になったもの)の中に、不正請求の異なるパターンをいくつか発見する事が出来ました。

 弊社の関連企業には、このような問題を調査する為のインターネット企業やネットワーキング企業がありますが、残念な事に、インターネットサービスプロバイダのサーバーやネットワークにおいては有力な侵入情報を識別する事が出来ませんでした。これは鉄条網を抜けられる幽霊を追いかけるようなもので、残念な事に犯人は痕跡や足跡や指紋を残していませんでした。

 この事件の被害に遭われた皆様に、この問題で無駄な時間を費やす事になってしまわれた事とご不便をおかけしている事について、お詫び申し上げます。過去のある時点で、弊社スタッフの個人的なクレジットカードでも同様の詐欺事件があり、それによる不満がある事についても弊社は理解しております。弊社のマーチャント・サービス・プロバイダは、この事件が顧客であるあなた様に大きな不快感を与えたとしても、銀行がカードへの不正請求による責任をあなた様に負わせるような事が無いよう注意する事を、弊社に求めています。

 弊社はこの問題について、2~3週間ほど前から全てのインターネット掲示板で大きな話題になっている事を存じておりました。しかしながら、弊社は公式声明を発表する前に、徹底的にセキュリティ上の問題を確認する為の調査を行う必要がありました。これが、弊社が2週間前に一般的な警告文を出した理由です。

 以前の(1月31日に)eコマースプロバイダがシャットダウンした原因がセキュリティ上の問題であったかどうかについては、分析が完了するまでは弊社でも分かりかねております。ですが、不正使用の被害に遭われたのは新しいマーチャント・サービス・プロバイダへの変更後に購入された方に限られていない事も、弊社では存じております。

 このようなタイプのセキュリティ上の問題はネット上で増加傾向にあるようなので、クレジットカードを注意深く見て下さい。100%安全なサイトはどこにも有りません。あなた様がファン・パブリケーションズで昨年ご利用になった全てのクレジットカードを確認し交換をしたいと思われるのももっともな事だと思います。

 現時点で、クラブストアと会員登録の両方のeコマースサイトがオフラインになっていますが、これがどのくらい続く事になるかは弊社でも分かりかねております。弊社では、セキュリティ上の問題が解決し次第、再開を致す所存であります。


 あなたの協力に感謝 - ブライアン(・サベージ)



 前回の警告文の配信以来、この件に関しての声明は全く有りませんでしたが、カード情報流出に関するものだけでなく、先月末のクラブストア限定品の予約受付の際のトラブルについても調査を進めている事がこの文書から分かります。
 4月末に開催予定のボットコン2012(BOTCON2012)でこの問題が槍玉に挙げられるのを回避する狙いも有るのかもしれませんが、ファン・パブリケーションズ社は現在、過去のカード情報流出問題だけでなくクラブストアのセキュリティ問題まで、徹底的に調査を進めている事が伺えます。
 個人的に気になったのは、ファン・パブリケーションズ社が独自に調査を進めていく中で不正使用の履歴が見つかった事、ネットワーク上に侵入の形跡が無かった事、さらにスタッフの中にも同様の被害に遭われている方がいる事の3点で、この3点から内部の人間による犯行の可能性もまだ捨てきれないのではないか、と推察しています。

 また、関連記事でも書いたTCCクラブストアが現在利用不可になっている件についても、この文書でアナウンスされています。再開は未定との事ですが、今年は3月頃に無料配布トイ「ラナマック(RUNAMUCK)」の配布開始に伴うクラブストアでの販売や、4月末~5月初旬頃にボットコン2012限定グッズの販売も控えていると思われ、TCC会員注目グッズの販売ラッシュになる事必至の為、早急に安全な決済方法を導入した上での再開をして欲しいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。