アニメコンテンツエキスポのレポ以来、数日ぶりの記事です。
 実は管理人、アニメコンテンツエキスポ後は風邪を引いて暫く具合の悪い日が続いていたのですが、今日ようやく持ち直しました(;´∀`)
 管理人が体調を崩している間にトランスフォーマー関連で色々と大きな動きがあったので、寝込んでなんていられないッ!(笑)…というわけで、ここ数日の色々をまとめて記事にします。


■TCCクラブストアが復旧開始!

2012040701.jpg

 ・TCC公式サイト(記事は2012年4月2日付)
 ・新TCCクラブストア

 3月22日(日本時間)に、2012年度無料配布トイ「RUNAMUCK(ラナマック)」の配布対象となる会員の入会締切に伴って閉鎖していたTCCクラブストアですが、4月2日より復旧を開始しました!
 また、これに伴い、公式サイトのトップページとメルマガで登録済の会員へのお願いがアナウンスされています。

関連記事:TCC運営元が、解析したクレジットカード情報流出の経緯を公表 他(2012年3月28日更新)


 この記事を掲載した時点では、クラブストアはまだストアとして機能しておらず、利用可能なのは既に登録済の会員情報の確認と編集のみとなっています。
 TCCからのアナウンスによれば、旧クラブストアで登録した会員全員の情報の移植を完了したとの事。その為、会員情報の確認をして欲しいとアナウンスしています。なお、4月3日17時(米国中央時間)時点での会員情報を基に、登録されている住所に最新号の会報と無料配布トイ(ラナマック)を発送する、ともアナウンスされています。この記事を掲載した時点では既に期限が過ぎてしまっていますが、万一に備えてTCCはお問い合わせフォームを用意しているので、期限経過後に登録情報の間違いに気づいた方は、ここから問い合わせてみれば良いかと思います。

 ・お問い合わせフォーム(TCCクラブストア)

 また、ページのレイアウトこそ若干異なるものの、会員情報の変更等は3月22日以前に仮オープンした際のものとほぼ同じなので、登録情報を変更したい方は下記の記事を参考にして下さい。

 ・TCC入会ガイド - ⑥新クラブストアでの新規入会手続(2012年3月21日更新)
 ・TCC入会ガイド - ⑦新クラブストアでの更新手続(2012年3月21日更新)

 また、クラブストアの復旧開始に伴い、ボットコン2012(BOTCON2012)の参加者登録ページも4月7日(日本時間)より再開しました。こちらの受付は4月13日(米国中央時間)までとなっています!
(´-`).。oO(ラナマックはいつ発送するのだろう)



■ボットコン2012限定ボックス・セットの新たな写真が公開!

2012040702.jpg

 ・TCCのフェイスブックアカウントによる投稿

 4月4日頃に、TCCのフェイスブックアカウントがボットコン2012限定ボックス・セットの新しい写真を投稿しました!
 今回の写真は新たなボックスアートと、ボックスの中身が撮影された写真になっています。
 ボックスの中身はボットコン限定ボックス・セットでは定番のスポンジを用いた梱包で、中央上部のピンズと思われるものに集まるように6体のトイが収納される形になっています。なお、上段のメタルホーク(METALHAWK)とギガトロン(GIGATRON)はクラシックス(CLASSICS)世界のキャラクターで、その下に収納されている4体はシャッタード・グラス(SHATTERED GLASS)世界のキャラクターです。

 また、今回公開された写真のボックスアートには、以下の赤丸で囲んだ部分が新しく描かれています。

2012040703.jpg

※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

 新しく描かれているのは、ワープゲート付近に描かれている謎の2本の脚。
 この脚は「REVEAL THE SHIELD」版オプティマスプライム(日本では「ユナイテッド」シリーズの「レーザーオプティマスプライム」として販売)の脚に酷似したデザインになっています。これが果たしてクラシックス世界のオプティマス・プライムの新しい姿なのか、それとも少し前にボットコン2012会場限定トイで販売されると噂になったシャッタード・グラス世界のオプティマス・プライムの新しい姿なのかは、現状では謎のままです…。



■「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」放送開始!

2012040704.jpg

 日本のトランスフォーマーの話題なのですが、単独記事にするのも何かアレ(笑)と思ったので、ここで紹介。
 本日、テレビ東京系列で、トランスフォーマーTVアニメシリーズ最新作「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」の放送が開始されました!もちろん、管理人はリアルタイムで視聴しました!
 今作も、「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」以来、海外トランスフォーマー作品の日本語版ではお馴染みの「岩浪美和(いわなみ・よしかず)」さんが主要スタッフとして関わっていますが、お馴染みのアドリブや各キャラクターの口癖はかなり控えめに抑えられています。また、冒頭では「放送内容の一部に日本では問題になるシーンがありますが、原作を尊重してそのまま放送します」というテロップが表示され、原語版の映像を極力カットしない形で放送されました(ちなみに、当該のシーンは「ジャック」がヘルメットを着用せずに「アーシー」に乗るシーンのようです)。今回は原語版を重視する方針らしいのですが、実写映画を除けば久し振りに「直球勝負」のトランスフォーマー作品が見れそうな気がします(アドリブも嫌いではないのですが)。
 その一方で、本編映像の中でトランスフォーマーが武器を装備する際には、日本限定仕様の「アームズマイクロン」を装備する際の掛け声である「アームズアップ!」が喋られており、おまけコーナーの「アームズマイクロン劇場」も相俟って、販促アニメとしての役割も立派に果たしていると思います。
 オープニングにK-POP、おまけコーナーにアイドルの起用にはやはり賛否両論有るようですが、個人的には、これまでアニソン一辺倒だったトランスフォーマーに、ガンダムのように他ジャンルの曲が付くほど話題性が上がりつつあるのは良い事だと思っていますし、またK-POPの採用は野心的な試みだと思っています。何より、オープニング曲の「FEELING」は、管理人が放送開始前からヘビロテしてるほどのお気に入り曲だったりします(笑)。また、これら他ジャンルの採用は「アニメイテッド」の「音仏一家」を更に発展させて、トランスフォーマープライムをあらゆる方位に向けてプロモーションしているという点でも面白いと思っています。でも、何より一番嬉しいのは、「毎週トランスフォーマーの新作アニメが観れる」という点だったりするのですが(笑)。
 作品自体は原語版でも未完の状態の為、ここでは内容についての感想は控えますが、日本版が完結した際には何らかの感想記事を書きたいと思います。
(´-`).。oO(昔はガンダム×上戸彩という時代があってだな…)