2012033101.jpg

 昨日夜、奈々さんが風鳴翼(かざなり・つばさ)役を演じたアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」最終話(TOKTO MX放送分)がオンエアされ、遂に完結しました!
 この作品は奈々さんがメインキャラクターで出演されていたというだけでなく、第1話プレミア上映会ワンダーフェスティバル2012[冬]のワンホビブースでのステージイベントを見てきたり、「アニメコンテンツエキスポ」のステージイベントにも当選したりと、関連イベントにも何かと縁があり、個人的にイベント絡みという点では「BLOOD-C」並みに深いお付き合いをしていると思います(笑)。

※以下はネタバレを含みます。


 作品は第1話から、冒頭で響が既に死亡している状態から始まり、Aパートはそれから2年前に時系列を遡ったと思ったら、主人公の1人として活躍すると思われた奏が戦死、そしてBパートでは響がノイズから逃げ惑う中でシンフォギアを身に纏い、そしてスタッフロールの声の出演の一番最初(=主役)には「立花響 悠木碧」の文字が出ていたりで、製作者側がミスリードを促していた事もあり、最初から最後まで視聴者の予想を覆す怒涛の展開となっていました。その後も冒頭部分は前回のラストから繋がらない展開が多く、視聴された方によってはかなり戸惑ったのではないかと思います。
 終盤では、ノイズに関連した事件の黒幕「フィーネ」による、カ・ディンギルを使った月の破壊計画が実行に移されましたが、響、翼、クリスの3人と、それを応援する人達によって阻止されました。フィーネが落とそうと目論んだ月の破片から皆を守る為に響、翼、クリスが絶唱し、そこから第1話冒頭の物語に繋がりましたが、最後の最後で、実は3人は生きていた事が判明し、物語は完結します。
 ストーリーが所々断片的になってしまっているのは途中から観始めた人には少しキツかったのではないかと思う所もあるのですが、個人的にはそのお陰で最終話まで飽きずに観る事が出来ました。

 シンフォギアの注目すべき点の一つである戦闘シーンは、アフレコの都度歌を収録している為に歌い方に変化があり、必殺技発動時にはカットインが入り、そして中にはツッコミどころ満載(笑)な部分も有ったりで、とても楽しかったです。

 この作品は、原作者の一人である金子彰史さんが手がけたゲーム「ワイルドアームズ」のネタが非常に多く盛り込まれており、専門用語だけでなく一部の台詞にもそれと思われるものが多数あったようで、ワイルドアームズファンの視聴者は毎回ニヤリとさせられていたようです。プレイシトケバヨカッタ(;´Д`)
 ちなみに、どこがワイルドアームズのネタだったのかについては、ニコニコ大百科でまとめられています。

 ・シンフォギアセルフパロディ集(ニコニコ大百科)

 個人的に面白かったのが、「第1話プレミア試写会」で奈々さんも「注目して欲しい」と言っていた、「響と翼の関係性の変化」の部分で、その2人と敵対していたクリスとの関係性の変化も面白かったです。当初は響を共に戦う仲間として認めていなかった翼が、自身が入院していた間に戦士として急激に成長した事で認めるようになったり、当初は敵だったクリスが、風鳴弦十郎が言う「大人の義務」や、響の「人同士なら分かり合える」という部分を通じて、最終的には響や翼と連携して戦う程にまでなりました。

 管理人がこのアニメを観る最大の動機になった、奈々さんについて。
 凛としたイメージのある戦う女性キャラは奈々さんの演じるキャラの中でもそれほど珍しくない部類に入ると思うのですが、翼は歌手や「防人」としては優れている一方で、汚部屋を作ってしまう情けない一面があったり、カラオケでは演歌を歌ったりと、ギャップを楽しむべき部分なのか、はたまた「中の人」とのシンクロ(笑)を楽しむべきなのか分からなかったものの、このギャップは非常に面白かったです。

 ここまで雑多に色々書いてしまったのですが、総合的に言うと、とても楽しいアニメでした。
 当初、この作品は上松範康さんと金子彰史さんという、アニメ原作の経験が全く無いお二人が原作のアニメという事で不安視もしていたのですが、「ニコニコ生放送」で上映された際のアンケートも回を重ねる毎に右肩上がりになっていっており、またキャラクターソングの売れ行きも好調のようで、作品としては成功したのではないかと思います。
 物語が完結しても未だに拭い去れないノイズの脅威等、続編に繋げられる要素は有るとは思うのですが、第2期シリーズの製作が有れば、今後のイベント等で何らかの発表が有るのではないかと思います。


 そして…

2012033102.jpg

弦十郎「イベント決定だとッ!?」


 最終話の放送終了後に告知されましたが、シンフォギアのライブイベントの開催決定が発表されました!

 ・シンフォギアライブ2012 開催決定!(公式サイト)

 開催日は2012年10月6日(土曜日)、会場は、今年4月にオープン予定の「Zepp DiverCity」です!
 出演者は、奈々さんはもちろんの事、悠木碧さん、高垣彩陽さん、井口裕香さん、石川英郎さんの出演が決定しています!また、決定している出演者の最後に「他(予定)」とあるので、今後、出演者が追加される可能性が有ります。
 チケットの購入方法は2つ。一つ目は8月に発売されるBD/DVD第6巻初回限定版の購入者を対象に行う先行抽選販売で入手する方法と、二つ目は一般販売(詳細は未定)で入手する方法です。 アレ?コノハンバイホウホウハドコカデミタヨウナキガ…(;´∀`)
 まだ半年くらい先のイベントですが、絶対に行きたい方は、今からBD/DVD第6巻を予約するところから始めれば忘れないと思います(笑)。