※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

ace2012-2-001.jpg


ace2012-2-002.jpg ace2012-2-003.jpg

ace2012-2-004.jpg ace2012-2-005.jpg


 前回のステージイベントレポに続く今回の「アニメコンテンツエキスポ(以下「ACE」)」のレポ後編は、奈々さん関連作品の展示に関するレポです。
 今回のACEでは多数のアニメ作品の出展が有りましたが、その中でも奈々さんの出演作品は「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」「劇場版BLOOD-C The Last Dark」「戦姫絶唱シンフォギア」「DOG DAYS」「47都道府犬」「NARUTO」と、実に6作品にものぼります。
 そこで今回は、ACEに出展した多数のアニメ作品のうち、奈々さん関連作品に的を絞ってレポします。

関連記事:「ANIME CONTENTS EXPO 2012」に行ってきました! ~ステージイベント編~(2012年4月1日更新)


■グッドスマイルカンパニー

ace2012-2-007.jpg

ace2012-2-008.jpg

 「リリカルなのは」シリーズのフィギュアを多数リリースしているだけでなく、「figma」や「ねんどろいど」では「DOG DAYS」や「戦姫絶唱シンフォギア」のキャラクターが発売される事も決定しているグッドスマイルカンパニーでは、「魔法少女まどか☆マギカ」をはじめとして多数のフィギュアが展示されていました。その中の奈々さん関連作品は、「Gift」から発売される「高町なのは」の大型フィギュアと、figma版「立花響」の2体が展示されていました。なお、この2体は2月に幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル2012[冬]」でも展示されていました。




■アニプレックス
 アニプレックスブースでは公開予定の劇場映画の宣伝やBD/DVD、CD等の発売が予定されている多数の作品が、作品毎に分けられた小さなブースに展示されていました。ここで展示があった奈々さん関連作品は「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」「劇場版BLOOD-C The Last Dark」「戦姫絶唱シンフォギア」「DOG DAYS」の4作品の展示がありました。
 ここでは、作品毎に分けて紹介します。


1.劇場版BLOOD-C The Last Dark

ace2012-2-009.jpg

ace2012-2-010.jpg

 劇場版BLOOD-Cのブースでは、小夜のコスプレをした女性が立っており、写真撮影をする事が出来ました。また、側面には作品のストーリー概要やキャラクター概要が書かれたパネルが展示されていました。小夜のコスプレをした女性の上にはモニターが有り、そこではこのイベントで初公開となった最新の予告編と、小夜を演じる奈々さんへのロングインタビュー映像が流れていました。
 奈々さんへのインタビュー映像の内容はブース周辺が込み合っていた為に騒がしくて音声が聞き取れませんでしたが、最新の予告編はACE終了後に公式動画がYouTubeにアップされており、公式サイトでも観る事が出来ます。



 ちなみに、小夜のコスプレをした女性の手の甲には「SIRRUT.NET Code:RV1-EREG」という文字が書かれていました。これは製作者側が映画に似せて作ったと思われるサイト「SIRRUT」で「Code:」より下の部分を打ち込むと、「セブンスヘブン」の悪事を暴く為の記事が書かれているページにアクセス出来ます。このページは随時更新との事ですが、次の更新は未定です。
 また、このサイトのキャッシュを調べると削除された記事が表示されます。その記事には、TVシリーズの物語である「浮島地区における『実験』」の為のエキストラを、セブンスヘブンが募っていた事が書かれています。記事では「採用されたと名乗り出る人を未だ確認できない」と記述されていますが、その理由はTVシリーズを最後まで見れば分かります…



2.DOG DAYS

ace2012-2-011.jpg

ace2012-2-012.jpg

ace2012-2-013.jpg

ace2012-2-014.jpg

 DOG DAYSのブースでは、劇中でシンクが使用した聖剣「パラディオン」の3形態のレプリカが壁に設置されていた他、ショーケースの中にはグッドスマイルカンパニーから発売予定の「ミルヒオ-レ・F・ビスコッティ」の固定フィギュアとねんどろいど、そして発売中のBD/DVD第6巻は中身を公開した状態で展示されていました。また、展示ブースの上方にはモニターが有り、第1期シリーズのダイジェスト映像が流れていました(現在は公式サイトのトップページでも公開されています)





ace2012-2-015.jpg

 また、ショーケースの向かい部分にはミルヒ姫様、レオ閣下と、謎の新キャラクターが描かれたポスターが展示されていました。写真では切れてしまっていますが、この上にはフロニャ文字が書かれた額が展示されていました。その内容を独自に解読したところ、下記の通りとなりました。もしかすると一部に間違いが有るかもしれませんが…。
※4/5 ご指摘を頂き、一部修正しました。


1.原文を平仮名に変換
  「うえるかむ とう ええす にゆう いんふおめえしよん りむうふす あ はん おん あ すてえし おん えいふりる 1
   えんしよい すてえし いへんと」

2.内容から濁点、半濁点を入れ、「伸ばし」部分を置き換える
  「うぇるかむ とぅ えーす にゅう いんふぉめーしょん りむーぶす あ ばん おん あ すてーじ おん えいぷりる 1
   えんじょい すてーじ いべんと」

3.上記の文章をアルファベット表記に変換
  「Welcome to ACE. New information removes a ban on a stage on Aplil 1. Enjoy stage event.」

4.上記の英文を日本語訳する(下記の文章は一部に意訳が有ります)
  「ACEにようこそ。 4月1日のステージで新情報を解禁します。 ステージイベントを楽しんで下さい。」

 なお、ツイッター等で頂いた情報によれば、DOG DAYSのステージイベントではこの告知どおり新情報の発表が有ったそうです。
 その新情報とは、現在製作が進められている第2期シリーズのタイトルが「DOG DAYS'(ドッグデイズ ダッシュ)」に決定した事と、放送開始が2012年7月に決定したという情報だったそうです。発表後、公式サイトが更新されて、ステージイベントでの新情報と同様の告知がされています。



3.魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's

ace2012-2-016.jpg

ace2012-2-017.jpg

ace2012-2-018.jpg

ace2012-2-019.jpg

 リリカルなのはのブースには、なのはとフェイトの巨大なポップと、恐らくは1/1と思われるレイジングハートとバルディッシュのレプリカが展示されていた他、中央に有るショーケースには、昨年末に開催された「コミックマーケット81」での販売を皮切りに、様々なものが順次販売されている各種前売り券が展示されていました。
 また、上方にはモニターが有り、そこでは現在公式サイトのトップページでも観れる予告編が流れていました。



4.戦姫絶唱シンフォギア

ace2012-2-020.jpg

 シンフォギアブースでは、BD/DVD第1巻のジャケットイラストが壁1面に大きく描かれている中で、その片隅に試聴コーナーが設けられていました。試聴コーナーではオープニングテーマ「Synchrogazer」やエンディングテーマ「Meteor Light」はもちろん、イベント開催時点で発売されたキャラクターソング1~4も試聴可能になっていました。
 また、上方に有るモニターではオープニング映像が流れており、その中ではテロップで関連商品の宣伝がされていました。




 アニプレックスブースのレポは以上です。



■角川グループ
ace2012-2-021.jpg

ace2012-2-022.jpg

 複数の雑誌でリリカルなのはの連載を展開している角川グループのブースでは、発売中のコンプエース2012年5月号と、4月下旬より順次刊行予定の、「なのはForce」のフルカラー版コミックである「魔法戦記リリカルなのはForce true colored」の宣伝パネルが展示されていました。
 また、イベント2日目(4月1日)の午後には、「魔法少女リリカルなのはVivid」の作画担当である「藤真拓哉」先生のサイン会も開催されていました。






 以上、アニメコンテンツエキスポの奈々さん関連作品展示レポでした。
 実はこの他に「47都道府犬」や「NARUTO」の展示も有ったのですが、個人的に特筆すべき展示ではなかったので、今回は割愛します。

 今回のACEは奈々さんが出演されるステージイベントを最も楽しみにしていたので、実は展示についてはそれほど期待してはいませんでした。
 ただ、その中でもアニプレックスブースは個人的に最も楽しかったブースで、奈々さん関連作品の出展が多数あっただけでなく、その最新情報や奈々さんへのインタビュー映像も有って、非常に充実していました。また、DOG DAYSブースやBLOOD-Cブースでは家に持ち帰って行える謎解きが有ったのも良かったと思います。
 少し残念だったのが、公式サイトでは企業別だけでなく出展作品別でも案内がされていたにもかかわらず、実際の出展は完全に企業別の出展になっており、特定の作品の出展だけ観たい方でも複数のブースを行き来する羽目になるのは大変だったのではないかと思います。
 個人的にはアニメ作品の最新情報展示イベントよりも立体モノの展示イベントの方に魅力を感じるのですが、立体モノも複数の企業から大小を問わず多数の出展があり、その点でも楽しいイベントでした。