今回の記事は、アニメコンテンツエキスポのレポとその後の風邪で書くのがすっかり遅れてしまった記事その2です(笑)。
 3月28日に、先日TVシリーズが完結した「戦姫絶唱シンフォギア」のBD/DVD第1巻が発売されましたッ!
 管理人は当初、これを購入する予定が無かったのですが、発売日にツイッターでの上松範康さんのツイートから「第1話プレミア上映会」のダイジェスト映像が収録されると知り、急いで注文しました(笑)。
 ちなみにその上松さん、原作者であるにもかかわらずスタッフさんから頂く事は出来なかったようなのですが、Amazonで2つ注文するという熱の入り様でした(違)。
 いつもならBD/DVDの紹介記事など書かないのですが、シンフォギアという作品とはイベント等で何かと縁のある作品なので、今回は特別に、このBD/DVDの内容について紹介しますッ!
 あ、ちなみに管理人が購入したのはBlu-rayの初回限定版です(笑)。

関連記事:
 ・「戦姫絶唱シンフォギア」完結ッ! & イベント開催決定ッ!(2012年3月31日更新)
 ・「戦姫絶唱シンフォギア 第1話プレミア上映会」に行ってきましたッ!!(2011年12月27日更新)


 初回限定版の内容物は主に3点で、本編映像と映像特典を収録したBD/DVDの他に、初回版にしか同梱されない「天羽奏(CV:高山みなみ)」が歌うキャラクターソングを収録したCD、そして世界観や専門用語等の解説やキャラクターソングの歌詞が掲載されたブックレットが同梱されています。その他には関連商品のチラシも同梱されていますが割愛。また、初回限定版はパッケージがハードケース仕様になっています。
 シンフォギアの公式サイトによれば、同価格での通常版も同日に発売されているとの事ですが、付属物無しで初回限定版と同価格な為か、Amazonではまだ取り扱いを開始していないようです。

 ここからはディスクの内容を紹介。


■本編映像
 EPISODE1(第1話)『覚醒の鼓動』と、EPISODE2(第2話)『雑音と不協和音と』を収録。
 映像は昨今の深夜アニメ作品のBD/DVDでは珍しくない、パッケージ化に当たってのリテイクが施されたものとなっており、これについては公式ツイッターアカウントからもアナウンスがされています。リテイクが施された部分の詳細は管理人も知らないのですが、確認した限りでは第2話Bパートで翼が見せていた「ジト目」の部分がリテイクで修正されているようです。
 また、この作品は当初、アニメーション製作会社が「エンカレッジフィルムズ」、アニメーション製作協力会社が「サテライト」という制作体制にになっていましたが、第3話あたりから、エンカレッジフィルムズがアニメーション企画会社に、サテライトがアニメーション製作会社に変わっています。今回のBD/DVDのオープニング映像では変わった後の製作体制がテロップで表示されており、リテイク作業は変更後の製作体制の下で行われた事が窺えます。

■映像特典
 映像特典は、2011年12月26日に新宿ミラノ1で行われた「第1話プレミア上映会」のダイジェスト映像と、第1話Aパートの「ツヴァイウイング」のライブ映像、そして「Synchrogazer」の予告版オープニング映像が収録されています。
 第1話プレミア上映会のダイジェスト映像は、実際のイベントの大部分を占めたQ&Aの部分がピックアップされたものになっています。また、実際の映像を収録しているだけでなく、出演者はもとより観客席からの声も一部をテロップにして表示しており、映像の内容を更に面白くしています。
 ツヴァイウイングのライブ映像は、「キャラクターソング#1」の発売直前にニコニコ動画に公式にアップロードされた映像と同じものが収録されています。確認は出来なかったのですが、ライブシーンの中にもリテイクされたカットがあるという噂もあるので、もしそれが本当であれば、収録されているのは「リテイク版」の可能性が有ります。



 そして「Synchrogazer」の予告版オープニングですが、これはオープニング映像のうち、サビに入る直前の部分に各話毎の本編映像の一部を収録した、「予告付き」のオープニング映像となっています。これに伴い、サビに入るまでの間の部分を少し延ばす為の工夫がされている事が、公式ツイッターアカウントでアナウンスされています。

■キャラクターソングCD
 付属のキャラクターソングCDは、天羽奏(CV:高山みなみ)が第1話Aパートでの戦闘中に歌った「君ト云ウ 音奏デ 尽キルマデ」のフルバージョンと、そのカラオケバージョンが収録されています。なお、このCDは「#5」と銘打っており、雪音クリス(CV:高垣彩陽)の歌が収録された「#4」から続いている形式となっています。
 この曲の作詞は「藤林聖子」さん、作曲は「俊龍」さんという、「UNBREAKABLE(「POP MASTER」に収録)」のコンビによる作詞・作曲で、疾走感の有るカッコイイ曲に仕上がっています。
 なお、この楽曲は「#2」に収録されている「私ト云ウ 音響キ ソノ先ニ」の歌詞違いバージョンとなっています(劇中での初出はこちらが先ですが)。聖遺物「ガングニール」を置き土産として残した奏と、それを受け継いだ「立花響」の関連性が窺えるという意味でも面白い楽曲だと思います。
4/11追記:このCDに収録されている楽曲は、iTunesでも配信されています。

 ・戦姫絶唱シンフォギア1(初回限定盤) - Single(iTunesプレビュー)


 内容の紹介はここまでです。

 本編映像は本放送当時何度も観てはいたのですが、最終話まで観終えて全ての伏線が回収された上で改めて観直すと、本放送時はよく分からなかった部分が「あぁ、なるほど」と納得出来ました。
 映像特典については、管理人の最大の購入理由である「第1話プレミア試写会」が実際の内容から一部カットされての収録は残念でしたが、テロップのお陰でより面白い内容になっていたと思います。また、アナザーオープニングは、元々予告の無いシンフォギアに「もしもシンフォギアのオープニングに予告が付いたら」といった感じのものになっていて面白かったです。
 管理人は、高山みなみさんの歌う曲は久々に聞いたのですが、今回の特典のキャラクターソングCDを聴いて、かつてアニソン界で名を馳せたユニット「TWO-MIX」のボーカルの歌唱力の高さは今もなお健在である事を実感しました。実は、買った後に一番「買って良かった」と思ったのが、このキャラクターソングCDだったりするのですが…(笑)。
 このBD/DVDはシンフォギアという作品を観た事が無い人はもちろん、本放送時に観た事が有る人も、映像特典やキャラクターソングCD、設定資料が多数掲載されたブックレットのお陰で十分楽しめる内容になっていると思います。
(´-`).。oO(高山さんはシンフォギアライブに出演されないのだろうか…?)