※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

blood-carnival001.jpg

 4月22日にメルパルクホールで開催された「BLOOD-“C"arnival(ブラッド・カーニバル)」に行ってきました!
 このイベントの名称は「ブラッド(血)」+「カーニバル(祭り)」という事で、ツイッター等では「血祭り」の通称で呼ばれていたのですが、チケットの売れ行きに爆発力が無かった事等不安要素が結構あった為に、当日は(色々な意味で)「血祭り」に上げられてしまう事を少し覚悟していたのですが(笑)、BLOOD-Cのシリアスかつ凄絶なストーリーに(良い意味で)反する内容となっていました。
 今回の「前編」では、主に会場の様子や展示、物販についてレポします。

関連記事:「BLOOD-C」TVシリーズメインキャスト総出演のイベントが開催決定!(2012年2月12日更新)



※以下はTVシリーズ作品のネタバレを含みます。
blood-carnival002.jpg

 会場となったメルパルクホールは、普段は企業の会議や講演会、発表会に使われているホールのようで、開場外に掲示されていた催し物のスケジュールの中で、このイベントは一際異彩を放っていました(笑)。




blood-carnival003.jpg blood-carnival004.jpg

 会場には特にこれと言って目立った大きな看板は無く、このイベントのロゴは15時から販売開始された当日券の販売所と、開場待機列の最後尾の看板にしか有りませんでした。なお、このロゴは事前には公開されていなかったものと思われます。
 機材席と関係者席の一部開放に伴い販売された当日券は、販売開始後20分ほどで完売したようです。




blood-carnival005.jpg

 開場は、予定通り16時頃でした。
 会場に入ってすぐの所に有るロビーでは、物販コーナーと2点の展示物が有りました。上の写真はその1つ目である、小夜の新たなタテカンです。
 第1話プレミア試写会の時にはTVシリーズ版の小夜が描かれたタテカンが展示されていましたが、今回のイベントでは劇場版での小夜が描かれた新しいものが展示されていました。




blood-carnival006.jpg blood-carnival007.jpg

 会場内の展示物その2、アートスピリッツより発売予定の小夜フィギュア。
 このフィギュアは、2月に開催された「ワンダーフェスティバル2012[冬]」で試作原型が展示されていましたが、今回展示されていた物は、それに彩色が施された物でした。この小夜フィギュアは開演前・終演後共に、撮影の為の行列が出来るほど注目を集めていました。
 この小夜フィギュアはPVC製の塗装済み完成品で、今秋発売予定との事です。




blood-carnival008.jpg

 物販コーナーの中には、イベント開催の前日にBLOOD-Cの公式ツイッターアカウントでアナウンスされて参加者の間で話題になった「"普通の"ギモーブ」が販売されていました(1個800円)。
 TVシリーズの劇中で登場した七原文人お手製のギモーブは、<古きもの>の血を混ぜて作った"普通じゃない"ギモーブでしたが(笑)、このギモーブは"普通の"ストロベリー味のギモーブです。パッケージ裏面の表記を見たところ、入っていたギモーブは「果秀」というメーカーの、「ガセット・ギモーブ(ストロベリー)」という商品のようです。パッケージの商品名の部分に「マシュマロ」と有るとおり、端的に言えばストロベリー味のマシュマロで、マシュマロの食感とストロベリーの味が上手くマッチした美味しいお菓子になっています。しかしながら、TVシリーズ最終話で文人はギモーブの食感を「人間の内臓と同じ」という衝撃的な発言をしていたので、それを思い出しながら食べるとまた違った味わいに…(笑)。
 このギモーブは、特製ブロマイドと共にオリジナルの紙袋に入っていました。ブロマイドは全部で4種類有りましたが、管理人は予算の都合で2個しか買えませんでしたorz ブロマイドは購入者が自由に選べるようになっていて、代金を支払った後に欲しいブロマイドの入っている袋を探して持っていく方式になっていました。
 このギモーブの売れ行きは大変好調だったようで、開場後約30分ほどで完売しました。また、物販コーナーではTVシリーズのBD/DVDやコミック、そして特製ポスター付き前売り券が販売されていました。




※4/23追記
blood-carnival009.jpg

 ブロマイドの入っていた袋の中身。
 全4種のブロマイドのいずれか1種の他、公式サイトで公開中の「のねのね劇場」の最後の方のカットのブロマイド(これは既に公開中の「第1回」とイベント中に公開された「第2回」の、全2種と思われます)が入っていました。
 その他には、劇場版で小夜に味方する新キャラクター達が関わっているネットコミュニティ「SIRRUT(サーラット)」の会員証を模したと思われるカードが入っていました。カードの裏面には、後述のスマートフォン専用ゲーム「SIRRUT HACKING CLOUD(サーラット・ハッキング・クラウド)」で使用するためのコードが記載されています。




blood-carnival010.jpg

 会場出入口付近で配布されていたチラシ類。
 中身は、既に全国の上映館で配布されているチラシの他、劇場版公開を記念して、6月8日~18日に渋谷の「パルコミュージアム」開催されるイベント「BLOOD-Cエキシビジョン」の告知チラシが入っていました。BLOOD-Cエキシビジョンの詳細は不明ですが、出演者情報が無い事と既に決まっている会場や開催期間から、展示イベントと思われます。
 小さいチラシは、4月23日よりサービスを開始するスマートフォン専用ゲーム「SIRRUT HACKING CLOUD(サーラット・ハッキング・クラウド)」の内容が裏表両面に記載されています。




 以上、BLOOD-“C"arnivalレポ前編でした。

 劇場版の公開まで約1ヶ月となったこの時期に開催された今回のイベントでしたが、BLOOD-CはTVシリーズの放送開始からまだ1年も経過していない事や関連グッズを販売する企業が現時点ではあまり無かった為か、開催前の物販に関するアナウンスは「"普通の"ギモーブ」以外には殆ど無く、物販や展示は全体的に貧弱だった感があります。しかしながら、劇中で頻繁に登場しただけでなくTVシリーズ最終話での文人の衝撃的発言でも話題となったギモーブは単価が安かった事もあってか、物販での「目玉商品」とも言えるものになっていたようです。

 さて、次回の「後編」では、奈々さん達が出演されたイベントの内容について書きます。