戦姫絶唱シンフォギア ねんどろいど 立花響 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)戦姫絶唱シンフォギア ねんどろいど 立花響 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
(2012/09/30)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る


figma 戦姫絶唱シンフォギア 立花響 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)figma 戦姫絶唱シンフォギア 立花響 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
(2012/09/30)
Max Factory

商品詳細を見る

 ・ねんどろいど 立花響(グッドスマイルカンパニー公式サイト)
 ・figma 立花響(グッドスマイルカンパニー公式サイト)

 「ワンダーフェスティバル2012[冬]」や「アニメコンテンツエキスポ2012」で試作品が展示されていた「ねんどろいど」版と「figma」版の「立花響ですが、本日、商品詳細が発表されると共に、小売店での予約受付が開始されましたッ!

関連記事:
 ・ワンダーフェスティバル2012[冬]に行ってきましたッ! ~戦姫絶唱シンフォギア編~(2012年2月13日更新)
 ・「ANIME CONTENTS EXPO 2012」に行ってきました! ~水樹奈々関連作品出展編~(4/5一部修正)(2012年4月3日更新)


 ねんどろいど版は、ねんどろいどシリーズの標準的なフォーマットに基づいて、立花響を劇中よりもキュートに立体化。
 腕や脚は差し替え式で、公開されている写真や公式サイトの文章を確認した限りでは、以下の物が付属するようです。しかしながら、今後公開される写真や実際の商品では、パーツの追加もありうるかもしれません。

 ■腕
  ・肘を曲げた腕(両腕、これが基本になっている模様)
  ・伸ばした腕(右腕のみ確認
  ・攻撃時の前腕アーマー後部を伸ばした右腕
 ■手首
  ・握り拳(基本)
  ・平手
  ・武器持ち手(右手のみ確認)
 ■脚
  ・伸ばした脚(基本)
  ・膝を曲げた左脚
 ■表情
  ・笑顔(基本)
  ・戦闘用顔
  ・暴走顔
 ■その他
  ・「ノイズ」(台座付き、攻撃でダメージを与えるエフェクトパーツが取付可能)
  ・完全聖遺物「デュランダル」(剣)
  ・専用台座(確認は出来ませんが、これまでの例から付属するのは間違いないと思われます)

 そしてfigma版は、こちらもfigmaの標準的なフォーマットに基づいて、立花響を劇中に近い造形で立体化。
 こちらも既存のfigmaと同様に、手や表情は差し替えで様々なポーズを取る事が出来ます。公開されている写真や公式サイトの文章を確認した限りでは、以下の物が付属するようです。こちらも今後の発表でパーツが追加される可能性が有ります。

 ■手首
  ・握り拳(基本)
  ・平手
  ・指を曲げた平手
 ■表情
  ・笑顔(基本)
  ・戦闘用顔
  ・歌い顔
  ・暴走顔
 ■脚
  ・ヒール無し脚パーツ(基本)
  ・ヒール付き脚パーツ(第5話での「ヒールが邪魔だッ!」が再現可能)
 ■その他
  ・攻撃時の後部を伸ばした前腕アーマー(前腕の差し替え方式かもしれません)
  ・攻撃時エフェクトパーツ
  ・figma専用台座

 比較してみると、ねんどろいど版はfigma版に比べて可動箇所が少ない分付属品が多く、figma版はねんどろいど版に比べて付属品が少ない分可動箇所が多いという、対照的な形になっています。
 なお、この案内開始に伴い、シンフォギアの公式ツイッターアカウントでもこのフィギュアの紹介をしています。




 余談ですが、原作者兼脚本担当の「金子彰史」さんは、以前に自身が社長を務める会社「ウィッチクラフト」のスタッフブログで付属品の予想を書いていました。

 ・え!? アレより長いのあるの?(ウィッチクラフトスタッフブログ(仮)、2012年2月17日付)

 金子さんが予想した4つの付属品の内、1.は両方に、2.はfigma版のみに付属しています。もしかするとマックスファクトリーの製作スタッフは、金野さんの意向も出来る限り汲み取ったのかもしれません…(笑)。

 この2体の立花響のフィギュアは、どちらも2012年9月発売予定で、価格はどちらも3,500円ッ!
 発売の翌月の10月6日には「シンフォギアライブ2012」が開催されるので、発売が延期されず予定通りに発売された場合には、もしかするとその物販コーナーにもこのフィギュアがラインナップされるかもしれません…。

 このねんどろいど&figma響を発売日に確実にゲットしたい人は、最速でッ! 最短でッ! 真っ直ぐにッ! 一直線にッ! 予約してしまいましょうッ!(笑)



※4/25追記
 24日20時頃に「figmaブログ」が更新されて、figma立花響の紹介記事が掲載されました。また、「ミカタンブログ」では23日にねんどろいど立花響の紹介記事を掲載しています。

 ・figma立花響、そろそろ案内開始!(figmaブログ)
 ・エッジと塗り分けがすごい…!『戦姫絶唱シンフォギア』より「ねんどろいど 立花響」で遊んでみた!(ミカタンブログ)

 ねんどろいど&figma響の様々な写真以外にも、figmaブログでは既に商品化が決定している「風鳴翼」の左脚と思われる部分の写真が、ミカタンブログではクジラ型(?)ノイズの原型写真が掲載されており、既にどちらも次の作品の製作に向けて動き出している事が窺えます。