figma043-026.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、ヴォルケンリッターの湖の騎士・シャマルのfigmaです。
 シャマルといえば担当声優は「柚姉」こと「柚木涼香」さん。トランスフォーマーファンにとっては「ビーストウォーズ」の「ブラックウィドー」や、それをリスペクトしたキャラである、「アニメイテッド」の「ブラックアラクニア」でお馴染みの人だったりします。
 そんな訳でこのシャマルが発売された当時、管理人は既に海外版が展開中だったブラックアラクニアのトイとのツーショットを計画していたりもしたのですが、予算の都合で断念した記憶が有ります。後にアニメイテッドの日本展開が開始された際には日本版を購入したにもかかわらず、その時はそれをすっかり忘れてしまい、結局やらずじまいに…(苦笑)。
 ちなみに管理人は、「リリカルパーティーⅣ」で、一度だけ生で柚木さんを見た事が有ります。その時はもちろんシャマル役としての出演だったのですが、当時はアニメイテッドが放送中だった事もあって、管理人は心の中で「ブラックアラクニアだー!」と叫んでいました(笑)。

※本レビュー記事は、2009年10月9日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

■作品概要 ~「魔法少女リリカルなのは」「魔法少女リリカルなのはStrikerS」とは~
 「魔法少女リリカルなのは」は、2004年10月~12月に放送された、都築真紀原作・脚本のTVアニメ作品です。内容は、同氏原作のPCゲーム「とらいあんぐるハート3」のファンディスクに収録された同名のミニシナリオを元に、設定等を大幅に変更した作品となっており、主人公・高町なのはが異世界の少年ユーノ・スクライアとの出会いをきっかけに手にした魔法の力で、異世界に存在した高度な魔法技術の遺産(ロストロギア)である「ジュエルシード」を巡る事件に関わっていく物語となっています。
 続編も製作され、第1作の約半年後の「闇の書事件」を描いた「魔法少女リリカルなのはA's(エース)」が2005年10月~12月に、更にその10年後の「ジェイル・スカリエッティ事件」を描いた「魔法少女リリカルなのはStrikerS(ストライカーズ)」が2007年4月~9月にかけて放映され、いずれもテーマソングがオリコンTOP10入りする等の大ヒット作となりました。また、第1作をリメイクした劇場映画「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」の製作も決定しています。
 本シリーズにおいて、シャマルは、第2期「~A's」から登場しました。「闇の書」の主を守る守護騎士「ヴォルケンリッター」の一人として登場し、主に他のメンバーのサポート役を務めました。エピローグでは罪滅ぼしも含めて、主である八神はやてや他のヴォルケンリッターと共に時空管理局に入りました。続く「~StrikerS」では、はやてが設立した「機動六課」の医療スタッフとして活躍します。

■フィギュア概要
 このフィギュアは、2009年9月30日に「figma」の1体としてメーカー希望小売価格2,800円で発売されました。figmaにおける「魔法少女リリカルなのは」シリーズの第5弾の商品であり、防護服である「騎士服」を身に纏ったシャマルの姿を立体化しています。figmaのキャッチコピー「よくうごく、キレイ。」の通り、全身フル可動とプロポーションの両立を図っており、また、付属パーツにより、劇中での様々なシーンを再現できるようになっている他、ボーナスパーツとして「リィンフォースⅡ(ツヴァイ)」のフィギュアや「026 八神はやて 騎士甲冑ver.」用の頭部パーツが付属しており、これにより、劇中で見せた、リィンフォースⅡとユニゾンした状態の八神はやてを再現可能にしています。




figma043-001.jpg

 パッケージアート(表)。箱のサイズは縦22cm×横21cm×奥行8cmとなっており、figmaのパッケージとしては大きめのサイズですが、既存の「なのは」シリーズのfigmaとは同じくらいのサイズです。空を思わせるデザインのボックスやウィンドウ部分に描かれている魔法陣は既存のリリカルなのはシリーズのfigmaのデザインと同じ構成になっており、全体のカラーはシャマルの騎士服に合わせた緑中心のカラーリングになっています。




figma043-002.jpg

 パッケージアート(裏)。セット内容の他、ポージング例の写真が掲載されています。 また、ボーナスパーツについての説明も記載されています。




figma043-003.jpg figma043-004.jpg

 本体。全高は約14cmあります。
 役割の関係か、同じ騎士服でも「039 シグナム」と比較して金属系の部分が控えめです。
 このフィギュアも他のfigmaのシリーズと同じく、商品名に「ver.」とある所から、今後、何らかのバリエーションの発売の可能性を持たせているものと思われます。




figma043-005.jpg figma043-006.jpg

 頭部。このフィギュアでは表情パーツは通常のものと主に魔法を使う際に見せていた目を閉じた表情の2種類が有り、前髪パーツも通常と反転の2種類が有ります。また、帽子は取り外しが可能になっています。




figma043-007.jpg

 帽子を取り外した頭部を上から見た状態。後述の通り帽子には固定用のアームが付いており、前髪と後ろ髪との間に有る隙間を通る形になっています。「026 八神はやて 騎士甲冑ver.」の時には専用のツメが付いた前髪パーツに帽子のピン穴をはめ込む形でしたが、このフィギュアではそれが変更されており、反転した前髪を付ける必要の有るキャラクターでもパーツ数を増やす事無く帽子を脱着出来、また帽子をしっかり固定出来るように構造が改良されています。




figma043-008.jpg

 前髪を取り外した状態。帽子の前部に固定用のアームが付いています。




figma043-009.jpg

 スカートの側部から後部にかけてのパーツは左右それぞれで一体になっていますが、腰部に可動軸が付いており、横や後ろに展開する事が出来ます。




figma043-010.jpg

 袖は内側の部分まできちんと造られています。




figma043-011.jpg

 アームドデバイス「クラールヴィント」。シャマルの両手の人差し指と薬指に付く指輪状のデバイスです。
 この形態は基本形態の「リンゲフォルム」ですが、設定画等で付いている青と緑の石は付いていません。また、もう一つの形態である「ペンダルフォルム」は、このフィギュアでは再現されていません。




figma043-012.jpg figma043-013.jpg

 スカートパーツと上着を取り外した状態。スカートの前部は構造上取り外しが出来ないようになっています。




figma043-014.jpg

 腰部。取り外したスカートを可動させるアームは、肘パーツと同じ物が使用されています。




figma043-015.jpg

 アクションポーズ。アルター版のシャマルに似たポージングにしています。
 本来ならスカートは広がるのですが、このフィギュアではパーツ構成の関係上再現が不可能なので、両側部スカートの内側に表面と同じカラーリングを施してそれっぽく見えるようになっています。




figma043-016.jpg figma043-017.jpg

 手首は5組10種類が付属しており、全てクラールヴィントを装着したデザインになっています。また、いつもの紛失防止用スタンドも付属しています。




figma043-018.jpg

 これまたfigmaの定番となっている、パーツ紛失防止用の袋と台座も、もちろん付属しています。




figma043-019.jpg

 このフィギュアのボーナスパーツ。ユニゾン状態の八神はやてを再現出来る頭部と、リィンフォースⅡのフィギュアです。リィンフォースⅡの上に有るクリアーパーツは、自立用のスタンドです。




figma043-020.jpg figma043-021.jpg

 ボーナスパーツを「026 八神はやて 騎士甲冑ver.」に取り付けた状態。取り付けは頭部を差し替えるだけです。
 パーツ自体は元の頭部の色を変更しただけで、造形や構造の変更は有りません。また、ボーナスパーツは戦闘時の再現のみを考えたのか、表情パーツは「叫び顔」しか付属していません。




figma043-022.jpg figma043-023.jpg

 もう一つのボーナスパーツ、「リィンフォースⅡ」。「~A's」の本編ラストからエピローグまでの間にはやてが作り出した人格型のユニゾンデバイスです。単体での魔法の使用も可能な他、はやて、シグナム、ヴィータとユニゾン(融合)し、ユニゾンした相手の能力を向上させる事も出来ます。
 全高は3cmと非常に小さいです。立たせる場合には専用のスタンドで固定しますが、スタンドを付けても自立出来ないので、スタンドを台座のアームに取り付けます。なお、塗装はかなり簡略化されており、本体の金色のパーツの他、顔の各部の塗装が施されていない為、のっぺらぼう状態になっています。




figma043-024.jpg

 「026 八神はやて 騎士甲冑ver.」「039 シグナム」と。ヴォルケンリッターとその主という関連の有るキャラクターの為か、防護服は一部に共通したデザインが有ります。




figma043-025.jpg

 3体とリィンフォースⅡを組み合わせてのアクションポーズ。はやてがユニゾン状態の為、ここにリィンフォースⅡが居るのは正確には間違いなのですが、設定を無視して撮影しました(笑)。
※写真の台座には「di:stage」(別売)を使用しています。




 以上、figma「043 シャマル 騎士服ver.」でした。

 ヴォルケンリッターとしては第2弾となるシャマル。内容に関してはキャラクターの性質上やむを得ない部分も有るのですが、ボリュームが少ない気がします。今までデバイスの各モードを全て付属させてきたfigmaなのはシリーズですが、このフィギュアでは前述の通り「ペンダルフォルム」が付属していません。固定パーツでもいいので、付けてくれれば良かったのではと思います。スカートについても、個人的には既存のフィギュアと同様に形状を重視する為にある程度開いた状態で造形し、敢えて可動しないようにしても良かったんじゃないかと思っています。
 figmaやfigmaなのはシリーズの入り口として購入するにはオススメできませんが、シャマルが好きな方なら価格は安くてよく動くので購入する価値は有るかと思いますし、既に「026 八神はやて」を持っている人も遊びの幅を広げる為に購入する価値は有るかと思います。