EZsoundwaveSP-008.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、2010年3月末頃に行われた「アニメイテッド」トイの発売記念キャンペーンの商品だった、EZコレクション版「インフィルトレイター サウンドウェーブ」の小レビューです。
 キャンペーンの対象店舗でトランスフォーマートイを購入した際に限定の小型トイが無料で貰えるキャンペーンは、「マイクロン伝説」の頃から度々行われています。ちなみにこの記事を掲載した現在は、放送中の「~プライム」に連動して「アームズマイクロン」が貰えるキャンペーンが度々行われています。
 キャンペーンで無料配布されるトイは総じて小型のトランスフォーマートイなのですが、そのほぼ全てが「マイクロン」もしくは「EZコレクション」のトイで、一般販売されているこれらのシリーズのコレクション性を引き立てるのに一役買っています。
 この記事を掲載した当時、管理人は前年の「~リベンジ」に続いて「~アニメイテッド」でも多々買っており、その副産物として入手したのがこのトイでした。

※本レビュー記事は、2010年4月14日に旧ブログに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。
※本キャンペーンは既に終了しています。


 「インフィルトレイター サウンドウェーブ」は、映画「トランスフォーマー:リベンジ」に登場した「サウンドウェーブ」のEZコレクション版(「トランスフォーマリベンジ EZコレクション2」封入)のリカラー品です。
 このトイは、「トランスフォーマーアニメイテッド発売記念キャンペーン」のうちの1体として、2010年3月27日より、Amazon.co.jpで対象商品を購入した人の商品に同梱されました。また、ヤマダ電機おもちゃ売り場(一部店舗を除く)では、対象商品を購入もしくはトランスフォーマー関連商品を3,000円以上購入した際に無料配布されました。




EZsoundwaveSP-001.jpg

 梱包状態。この状態で配布されました。袋には本体と日本語の説明書が入っています。




EZsoundwaveSP-002.jpg

 サテライトモード。劇中でも見せた人工衛星に変形します。台座等は付属していない為、別売の台座等を使用しないと自立できません。
※「di:stage」(別売)を使用しています。




EZsoundwaveSP-003.jpg

 サテライトモード後ろ。サテライトモードの形状は、2009年に発売された「RD-04 サウンドウェーブ」とは大分違う形状になっていますが、こちらの方が劇中の形状に近いと思います。
※「di:stage」(別売)を使用しています。




EZsoundwaveSP-004.jpg

 サテライトモード上部。中央付近にはちゃんとサテライトモード時の頭部も造形されています。なお、「RD-04 サウンドウェーブ」に有った「ビークルモード」への変形機構は、このトイには有りません。
※「di:stage」(別売)を使用しています。




EZsoundwaveSP-005.jpg

 ロボットモード前面。
 全高は約8cmで、標準的なEZコレクションのサイズです。本体のカラーリングは、タカラトミー公式サイトで配信中の「トランスフォーマー サイバーミッション(TRANSFORMERS CYBER MISSIONS)」に登場するサウンドウェーブのカラーリングを基にしていると思われます。
 海外では別のサイトから配信されているこの動画を基に、「RD-04 サウンドウェーブ」のリカラー版がバンブルビーとセットで販売されました。




EZsoundwaveSP-006.jpg

 ロボットモード後ろ。
 「RD-04 サウンドウェーブ」の背部に付いていた翼はオミットされています。
 名前の「インフィルトレイター(infiltrator)」は、「潜入者」の意味で、前述の海外セット販売版のサウンドウェーブの名称が「Infiltration Soundwave(インフィルトレーション・サウンドウェーブ)」である事に由来しているものと思われます。




EZsoundwaveSP-007.jpg

 頭部と胴体。
 頭部は「RD-04 サウンドウェーブ」とほぼ同じデザインですが、胴体は変形機構の関係からか変更がされており、特徴的だった胸のスピーカーを思わせるデザインがなくなっています。
 股間部にはEZコレクションの定番である、シルバーのディセプティコンマークがプリントされています。




EZsoundwaveSP-008.jpg

 可動は頭部、肩関節、肩バインダー、肘、股関節と、足首の一部が変形機構の関係で可動します。EZコレクションのトイの中では広めの可動範囲です。




 以上、EZコレクション「インフィルトレイター サウンドウェーブ」でした。

 基になったEZコレクション2のサウンドウェーブは手に取った事が無いので今回初めて手に取ったのですが、EZコレクションにしては広めの可動範囲でありながら、変形機構はビークルモードこそオミットされているもののサテライトモードへの変形機構も概ね問題無く、良く出来たトイになっていると思います。ただ、個人的には、「アニメイテッド」のキャンペーンなのだから、「リベンジ」ではなくアニメイテッドのEZコレクションを配布して欲しかったな、と思います。
 キャンペーンがまだ継続しているかどうかは分かりませんし、Amazonの「対象商品」が何だったのかも結局不明だったのですが、管理人は「VSセットA 最強の対決」と「VSセットB 音速の対決」を購入したら付いてきました。





※上記のリンクの商品に、仕様変更元のトイが入っています。