fuukou010.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、トランスフォーマー以外のトイより、「チェンジバイクロボ 風神2」というシリーズの「四号機 風光」です。
 このレビュー記事を掲載したのはは旧ホームページをオープンしてから1ヶ月にも満たない時期でした。当時、管理人の手元にはレビュー記事に出来るトイの数はそれほど無く、またトランスフォーマー以外に買い集めているトイも無かったので、レビューのネタがかなり乏しい時期でした。そんな時、旅行中に高速道路のサービスエリアで発見したのがこのトイで、価格が比較的安かった事もあって、「これはネタにできる!」と思い、買ってしまいました(笑)。
 今ならfigmaやS.H.フィギュアーツのバイクとして使う事も出来たのではないかと思いますが、この当時はそれらが存在しなかった為、このトイをそれほど遊びこなす事が出来ませんでした。
 旧ホームページをオープンしてから管理人が「魔法少女リリカルなのは」シリーズにハマるまでは、トランスフォーマー以外のトイ・フィギュアレビューのラインナップは割とカオスだったのですが、自戒の意味も込めて(何)、それらもこの機会に全て再掲載する予定です。

※本レビュー記事は、2005年4月8日に旧ブログに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

■トイ概要
 このトイは、「㈱早川玩具」という会社から発売された「チェンジバイクロボ 風神2」というシリーズの内の一体です。小売価格は、1,050円(税込)でした。同じシリーズに、色違いの物と思われる「参号機 風月」が有ります。その他にも、姉妹品として乗り物からロボットに変形するトイのシリーズが有るようです。
 トイの仕様は、バイクモードはリアルな造形で一部パーツにダイキャストを仕様しており、トランスフォーマーの「バイナルテック」のような感じになっています。




fuukou001.jpg

 パッケージアート(表)。パッケージ自体は「参号機 風月」のものと同一で、透明部分に貼られているシールで分けているようです。




fuukou002.jpg

 パッケージイラスト。実際のトイのデザインとはかなりかけ離れたイラストが描かれています。また、トイには付属していない銃を持っています。




fuukou003.jpg

 パッケージアート(裏)。「参号機 風月」と「四号機 風光」の変形の説明書があります。なお、記載内容についてはどちらも同じものとなっています。




fuukou004.jpg

 パッケージ底面には姉妹品の紹介が有ります。その中には「販売終了の際はご了承下さい」の記載が有り、このトイシリーズの生産時期もしくは数量が限定されている事が窺えます。




fuukou005.jpg

 バイクモード。造形はかなりリアルです。




fuukou006.jpg fuukou007.jpg

 ロボットモード。変形機構は比較的シンプルです。
 ちなみに可動は、腕が横360°と縦90°に、そして肩関節が可動するのみで、その他は一切可動しません。




fuukou008.jpg

 頭部。顔はどう見てもガンダムを意識したとしか思えない造形になっています(笑)。




fuukou009.jpg fuukou010.jpg

 付属武器の剣。本体のサイズの割に大きすぎる気がします(笑)。




fuukou011.jpg

 「GC-01 総司令官/ギャラクシーコンボイ」との比較。ギャラクシーコンボイをお持ちの方は、大体のサイズがお分かり頂けるかと思います。




 以上、四号機 風光でした。

 このトイの全体的な感想としては、シンプルな変形機構でちゃんと変形はするものの、チープトイ特有の「ヘンさ」も有るので、好みは分かれると思います。値段は比較的安いのでコレクションするには簡単かと思いますが、その前に何処で売っているかが問題になると思います。管理人は高速道路のサービスエリアで発見しました。恐らくネットオークションでもまず見かけないのではないかと思います。