02machgaogamon001.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、3連続掲載予定の「デジモンセイバーズ」の「超進化シリーズ」より、「02 マッハガオガモン」のレビューを再掲載します。
 ここからデジモンセイバーズに関するよもやま話第2回。「ライズグレイモン」の記事の前フリで書いた通り、「セイバーズ」は久々のデジモンTVアニメシリーズであったのが毎週視聴した大きな理由だったのですが、実はこの作品には、管理人が「アドベンチャー」~「フロンティア」の放送時期と同じ頃に、ファンクラブに入会するほどハマっていた「國府田マリ子」さんが出演(主人公の母親・大門小百合役)されていました。当時は國府田さんから離れて大分経っていたのですが、偶々この作品で久々に國府田さんの声を聴く事になり、懐かしい思いに駆られつつ、毎回登場を密かに楽しみにしていました(笑)。
 その國府田さんですが、この記事を掲載した現在は「スマイルプリキュア!」に「星空育代(主人公・星空みゆきの母親)」役で度々出演されています。管理人の記憶が正しければ、管理人がアニメで國府田さんの声を聴くのは「デジモンセイバーズ」以来なので、これまた登場するのを毎回密かに楽しみにしてたりします(笑)。

関連記事:「超進化シリーズ 01 ライズグレイモン」レビュー(再掲載版)(2012年6月29日更新)

※本レビュー記事は、2006年8月1日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

■作品概要 ~「デジモンセイバーズ」とは~
 「デジモンセイバーズ」は、2006年4月~2007年3月にフジテレビ系全国ネットで放送されたTVアニメで、TVアニメ版デジモンす。物語は、ケンカ番長である主人公・大門大(だいもん・まさる)がひょんな事から人間界を荒らし回るデジモン達を退治する組織「DATS(ダット)」の一員となり、デジモンが絡んだ事件を解決していく物語です。本作は「デジモンフロンティア」以来3年ぶりに復活したデジモンシリーズですが、主要製作スタッフが旧シリーズから一新されています。作品の内容は旧シリーズの要素を引き継ぎつつ、本作独自の新しい試みも行われています。

■トイ概要
 このトイは、2006年7月にバンダイより小売価格2,625円で発売されました。第1作「デジモンアドベンチャー」放映時から第4作「デジモンフロンティア」の放映当時に発売された「超進化シリーズ」のブランドで発売されました。成熟期のガオガモンを、差し替え無しの完全変形で、完全体のマッハガオガモンに進化させる事が出来ます。




02machgaogamon002.jpg

 パッケージアート(表)。箱のサイズは縦20cm×横18.5cm×奥行12cmとなっています。
 パッケージのデザインは、トイはマッハガオガモンの状態でブリスター梱包されており、イラストのガオガモンと合わせて完全変形で進化できる事を説明しています。




02machgaogamon003.jpg

 パッケージアート(裏)。進化のイメージ図やガオガモンとマッハガオガモンのスペック、更に関連商品として、このキャラクターが登場する「デジヴァイスiC」の紹介がされています。




02machgaogamon004.jpg 02machgaogamon005.jpg

 ガオガモン。尻尾はマッハガオガモン時にベルトとロケットブースターになる部分を折り畳んで作っている為、かなり無理のある造形になっています。




02machgaogamon006.jpg

 ガオガモン頭部。耳は変形機構の関係上ある程度動かせるようになっています。また、口は僅かながら開閉可能です。




02machgaogamon007.jpg

 進化(変形)途中の姿。胴体の中に要らない腕を入れる、「01 ライズグレイモン」と同様の変形機構となっています。また、ガオガモン形態時にマフラーとなっていた部分は、太腿のプロテクターになります。




02machgaogamon008.jpg 02machgaogamon009.jpg

 マッハガオガモン。ガオガモンが進化した完全体のデジモンです。
 プロポーションは概ね問題有りませんが、太腿にプロテクターが付いている為に、下半身の可動範囲はかなり制限されます。




02machgaogamon010.jpg

 マッハガオガモン頭部。額のゴーグルは目にかけられるようになっています。




02machgaogamon011.jpg

 背部に有るロケットブースター。
 これによってマッハガオガモンは空を飛べます。しかしながら、このトイでは変形の都合上両方とも前半分で切れています。




02machgaogamon012.jpg

 同シリーズの「01 ライズグレイモン」と。
 2体揃えれば、共闘シーンを再現する事も可能です。




 以上、超進化シリーズ 02 マッハガオガモンでした。

 このマッハガオガモンはライズグレイモンと同時に購入したのですが、ライズグレイモンがジオグレイモン時のプロポーションも比較的良好だったのに対し、こちらはマッハガオガモン形態時に重きを置いた為か、ガオガモン形態時のプロポーションに難があるのが残念な所です。しかしながら、背部ロケットブースターを除けばマッハガオガモン形態の造形は比較的良好で、その部分には好感が持てます。