EZ04D-modelDD001.jpg

 既にプロフィールの「近況」で書いているのですが、改めて報告をば。
 管理人、「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の公開初日舞台挨拶(新宿ミラノ1の1回目&京成ローザ⑩の2回目)に当選しました!
 1回目は「いち早プレリザーブ」で申し込んで新宿ミラノ1の1回目に当選し、2回目は「プレリザーブ」で申し込んで京成ローザ⑩の2回目に当選しました。新宿ミラノの舞台挨拶はどちらの回も激戦だったようですが、そこに当選出来たのは本当にラッキーだと思います。
 「LIVE UNION」群馬公演からたった1週間で、また奈々さんを生で見れるチャンスを手に入れられましたが、今度観に行くのは「声優・水樹奈々」なので、ライブの時とは打って変わって静かに観に行く予定です(笑)。

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、現在新作が続々発売中の「カンタンヘンケイ! EZコレクション」より「EZ04 バンブルビー」と、タカラトミーアーツのぬいぐるみブランド「D-model」版の「ドナルドダック」を紹介します。
 実はこの2体は、先日行われたタカラトミーの「第61回定時株主総会」のおみやげとして、出席した株主全員に配布された物です。当初はバンブルビーだけ紹介しようと思っていたのですが、単体では記事のボリュームが貧弱に感じられたので、今回はD-model版ドナルドダックや頂いたチラシ類まで含めて紹介します。
 余談ですが、7月5日頃より第61回定時株主総会の決議通知がタカラトミーの公式サイトで公開されています。

関連記事:「㈱タカラトミー 第61回定時株主総会」レポート(2012年6月27日更新)


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。
※写真の一部に、別売の「di:stage」を使用しています。

■「EZ04 バンブルビー」トイ概要
 このトイは、2012年3月にタカラトミーよりメーカー希望小売価格525円(税込)で発売されました。
 トイの内容は、TVアニメ「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」のメインキャラクターの一人である「バンブルビー」を、「カンタンヘンケイ! EZコレクション」のフォーマットに則った、シンプルな変形機構と小さなサイズで立体化しています。

■「D-model ドナルドダック(ボールチェーン付)」商品概要
 このぬいぐるみは、2012年2月にタカラトミーアーツよりメーカー希望小売価格892円(税込)で発売されました。
 ぬいぐるみの内容は、ディズニーのキャラクターでお馴染みの「ドナルドダック」を、「D-model」のフォーマットに則った、独特のデザインでぬいぐるみにしていると共に、付属のボールチェーンでかばん等に取り付ける事が可能になっています。




■EZ04 バンブルビー

EZ04D-modelDD002.jpg

 パッケージ表面。パッケージのサイズは縦約18cm×横約10.7cm×奥行約3.7cmで、「カンタンヘンケイ! EZコレクション」シリーズの小型クラスのパッケージとしては標準的なサイズです。
 パッケージはブリスター方式で梱包がされており、開封時にはブリスターを台紙から剥がすという、主に海外版トランスフォーマーのブリスターパッケージでよく見られる方式と同じ方式で梱包がされています。




EZ04D-modelDD003.jpg

 パッケージ裏面。
 「カンタンヘンケイ! EZコレクション」のその他の商品や流通上記載が必要な情報が記載されている他、シリーズのコレクション性の高さを活かして、「キミだけの軍団を作り出せ!!」というキャッチコピーが書かれています。




EZ04D-modelDD004.jpg EZ04D-modelDD005.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。
 ブリスターは本体の形状に合わせる形に作られています。また、取扱説明書は本体の下に梱包されています。




EZ04D-modelDD006.jpg

 ビークルモード前面。
 実写映画版の同名キャラクターのビークルモード(カマロ)に似たデザインのスポーツカーに変形します。フロントのバンパー部にはオートボットのエンブレムがタンポ印刷されています。




EZ04D-modelDD007.jpg

 ビークルモード後ろ。
 低価格帯トイである為か、テールライト等の塗装は省略されています。




EZ04D-modelDD008.jpg

 ビークルモードを斜め上から見た写真。
 劇中でも特徴的なデザインの一つであったブラックのストライプは、フロント部分とドア部分にタンポ印刷を施す事で再現しています。また、ルーフ部分中央と両サイドのドアにはピンの受け穴が有りますが、これは後述の武器の取り付けに使用します。




EZ04D-modelDD009.jpg

 ロボットモード前面。全高は約7cmあります。
 車体前部は胸部に、ドアは腕に、車体後部は脚部にそれぞれ変形します。シンプルな変形機構でありながら、劇中のバンブルビーに近いデザインを再現しています。




EZ04D-modelDD010.jpg

 ロボットモード後ろ。
 フロントガラスとボンネットの一部はそのまま背中になっている事が分かります。




EZ04D-modelDD011.jpg

 ロボットモードのバストアップ。
 ビークルモードのフロント部分がそのまま胸部になっている事が分かります。また、頭部は劇中のバンブルビーのデザインに準拠したデザインで造形されており、フェイス部はシルバー、目はメタリックブルーで塗装されています。




EZ04D-modelDD012.jpg

 可動は肩関節と股関節の他に、爪先が変形機構の関係により上下に可動します。可動箇所は多くはありませんが、ある程度のアクションポーズが取れるようになっています。




EZ04D-modelDD013.jpg

 付属の銃はクリアーレッドの軟質素材を使用して、劇中でバンブルビーが使用している銃に近いデザインで作られています。
 手に保持させたり他の武器と連結させる事を可能にするピンが2ヶ所有る他、中央部分には他の武器のピンをはめられるピン受けが有ります。




EZ04D-modelDD014.jpg EZ04D-modelDD015.jpg

 武器はピンを使用して手に持たせる事が出来る他、銃後部のピンを使用すれば剣のように持たせる事も可能です。




EZ04D-modelDD016.jpg EZ04D-modelDD017.jpg

 両腕にもピン受けの穴が有る為、ここに武器を取り付ける事も可能です。写真には有りませんが、背部にもピン受けの穴が1ヶ所有り、そこにも武器を取り付ける事が出来ます。




EZ04D-modelDD018.jpg EZ04D-modelDD019.jpg

 武器はビークルモード時にも、ルーフ部分と両サイドのドア部分に取り付ける事が出来ます。




■D-model ドナルドダック(ボールチェーン付)

EZ04D-modelDD020.jpg

 ぬいぐるみ前面。全高は約12cmあります。
 ドナルドダックの特徴である帽子やクチバシ等を、D-modelのフォーマットに準拠した形のデザインで再現しています。
 なお、第61回定時株主総会のおみやげのD-modelは、このドナルドダック以外のものが同梱されていたものも有ったようです。




EZ04D-modelDD021.jpg

 ぬいぐるみ後ろ。
 頭部と帽子の境にはボールチェーンが付いており、これを使ってバッグ等に取り付ける事が出来ます。
 なお、このぬいぐるみは好きなポーズを取らせる事までは考えていなかったようで、可動箇所は有りません。




EZ04D-modelDD022.jpg

 頭部。
 基になったドナルドダックのデザインの特徴を押さえた作りになっています。クチバシは上下の間に縫い目が有る事により、口を閉じているように見えるようになっています。




EZ04D-modelDD023.jpg EZ04D-modelDD024.jpg

 ぬいぐるみのタグには、タカラトミーアーツを表す「T-ARTS」の文字が掛かれている他、反対面にはディズニーの版権を得ている事が分かる記載と、このぬいぐるみが中国製である事が分かる記載が有ります。
 余談ですが、タカラトミーアーツとはタカラトミーの関連会社(連結子会社)で、主に「ガチャ」を展開している事で知られています。




EZ04D-modelDD025.jpg

 前述の通り、このぬいぐるみはボールチェーンを使ってバッグ等に付ける事が出来ます。しかしながら、重量バランスの関係により、前のめりな形にぶら下がります。




EZ04D-modelDD026.jpg

 「EZ04 バンブルビー」と。バンブルビーとのサイズ差は2倍近く有ります。




EZ04D-modelDD027.jpg

 このおみやげと一緒に入っていた商品紹介文書。
 バンブルビーについては、変形機構のシンプルさから「入門編」と紹介されています。また、ドナルドダックについては「親しみやすい魅力がある」との紹介がされています。




EZ04D-modelDD028.jpg

 タカラトミーの第61回定時株主総会に出席した株主に配布されたチラシ類。
 「タカラトミーグループのエコ活動」と書かれた団扇は会場内で配布されていたものですが、それ以外のチラシはバンブルビーやドナルドダックが入っていた袋と一緒に入れられていました。
 チラシはタカラトミーやタカラトミーアーツの商品を紹介しているものの他に、今年で設立50周年を迎えるタカラトミーの連結子会社「竜の子プロダクション」のチラシも同梱されていました。
 なお、チラシの中にはトランスフォーマーの紹介をしているものも複数有りました。




EZ04D-modelDD029.jpg EZ04D-modelDD030.jpg

 同封されていたトランスフォーマー関連のチラシの一つ、「トラスポ 号外」。
 宣伝チラシではあるのですが、スポーツ紙のようなレイアウトと版型で「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」の宣伝をしています。
 表面にはオプティマスプライムへのインタビュー記事が掲載され、裏面には「アームズマイクロン」シリーズのトイとその遊び方の紹介記事が掲載されています。紹介されているトイは4月下旬に発売された物までが発売中となっているので、恐らくは4月下旬~5月中旬に発行されたものと思われます。




 以上、EZ04 バンブルビー&D-model版ドナルドダックでした。

 バンブルビーについては、「EZコレクション」シリーズ特有の簡単な変形機構に加えて他の同じシリーズのトイとの連結が可能と思われる武器も付属しており、1体で遊び倒すか、もしくは他の同じシリーズのトイを集めて遊ぶかを、ユーザーが自由に選択出来るようになっているのが良いと思います。例年の株主総会のおみやげの中には「トミカ」や「チョロQ」が入っているそうなのですが、今年はその代わりにこのバンブルビーが入っていたようです。トミカやチョロQは株主優待品になるほど定番商品かつ単価が安いので、株主優待品にEZコレクションをラインナップするのもアリなのでは、と思いました(笑)。
 ディズニーのぬいぐるみも株主総会のおみやげの定番だそうなのですが、今回は独自ブランド「D-model」のぬいぐるみがおみやげとなりました。ぬいぐるみそのものの作りはしっかりしており、カバン等に取り付けて持ち歩いても簡単に壊れないとは思うのですが、この商品は取り扱っている店舗がまだ少ないようで、その点は残念に感じます。管理人はこのぬいぐるみについて色々調べてみましたが、本記事掲載時点においてインターネット通販では下記のリンク先の店舗でしか販売されていないようです。

【即納】ディー・モデル ドナルドダック(ボールチェーン付)【2012年2月発売】(tuide10)(楽天)