上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMgacha01-001.jpg

 いよいよワンダーフェスティバル2012[夏]まで、残すところあと4日です!
 管理人がこのイベントに行く事を決めたそもそもの目的は「ねんどろいどのなのは&フェイトセットの入手」だったのですが、ここにきて、ホビー誌等で出展企業の新作フィギュアに関する情報も色々出て来ています。その内、奈々さん出演作品では「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」「DOG DAYS'」「戦姫絶唱シンフォギア」「BLOOD-C」あたりの作品の新作フィギュアの展示が有るようです。また、個人的には先日記事にした「DOG DAYS'」のステージイベントにも注目しているので、何だかんだ言いつつもワンフェスを満喫することになりそうです(笑)。

 さて、ワンフェスの話題はこのくらいにして、今回のレビュー。
 今回レビューするのは、タカラトミーの関連会社(連結子会社)である「タカラトミーアーツ」より今年5月に発売された、ガチャ版の「アームズマイクロン」です。これもまた、前回レビューしたオプティマスプライムと同じく発売から約2ヶ月が経過していますが、管理人独自の視点で紹介出来ればと思います。
 ちなみにですが、今度のワンフェスにもトランスフォーマー関連の展示が有るようです。トランスフォーマー関連の展示についても、有った場合にはツイッターやイベントレポで紹介しようと思います。


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。
※写真の一部に写っている「di:stage」ならびに「AM-01 オプティマスプライム」は別売です。

■トイ概要
 このトイは、2012年5月にタカラトミーアーツより販売されました。タカラトミーアーツが展開している1回200円のカプセルトイ「ガチャ」の商品の一つで、「アームズマイクロン」シリーズ(以下「AMシリーズ」)と連動して遊べる全6種のアームズマイクロンの内、1カプセルに1体がランダムに入っています。なお、ラインナップされている6体は全て、組立塗装済の完成品の状態でカプセルに入っています。
 この商品にラインナップされているアームズマイクロンは、TVアニメ本編や「アームズマイクロン劇場」には登場していませんが、「サイバトロンサテライト こちらトランスフォーマー部」では、発売直後に商品としての紹介がされていました。




■オプティマスプライムブラスター

AMgacha01-002.jpg AMgacha01-003.jpg

 ロボットモード。全高は約6.5cmで、本シリーズのトイでは最も高い全高です。
 デザインはTVアニメにも登場しているオプティマスプライムがモチーフになっています。「サイバトロンサテライト こちらトランスフォーマー部」では、「このアームズマイクロンは、オプティマスプライムのエネルゴンと武器が融合して誕生した」という話がされていました。




AMgacha01-004.jpg

 バストアップ。頭部と胸部の造形や塗装はオプティマスプライムをモチーフにしつつも、アームズマイクロンのサイズに合わせて簡略化されたものになっています。




AMgacha01-005.jpg

 オプティマスプライムブラスターは変形機構の関係もあって肩、股関節、膝が可動し、これにより様々なアクションポーズを取る事が出来ます。




AMgacha01-006.jpg

 設定上の生みの親とも言える「AM-01 オプティマスプライム」と。
 オプティマスプライムブラスターはそのサイズや可動範囲の関係上、オプティマスプライムの前腕に乗せる事が可能ですが、前腕から落ちないようにする為には工夫が必要となります。




AMgacha01-007.jpg AMgacha01-008.jpg
AMgacha01-009.jpg

 オプティマスプライムブラスター・ウェポンモード。光線銃に変形します。
 変形機構は非常にシンプルで、腕を上げて頭部を挟みつつ左右で合わせ、脚を曲げる事でこの形態になります。




AMgacha01-010.jpg

 アームズマイクロンの共通したデザインとして「エネルゴンクリスタル」が有りますが、本シリーズのアームズマイクロンにもそれがデザインされています。
 オプティマスプライムブラスターのエネルゴンクリスタルは円形のクリアーオレンジで、その下には所属しているオートボットのエンブレムが描かれたシールが貼付されています。円形はSP(スピードポイント)クリスタルを表わしていますが、色が何の属性を表わすのかについては設定を紹介する資料等が存在しない為、不明です。
8/3追記:公式サイトで公開されている無料ゲーム「アームズアップミッションズ」のデータによれば、このエネルゴンクリスタルの属性は「ハード」との事です。




AMgacha01-011.jpg

 銃後部の左右には穴が有り、これを使って他のアームズマイクロンをリンク(合体)させる事が出来ます。




AMgacha01-012.jpg

 「AM-01 オプティマスプライム」へのアームズアップ(装備)の一例。写真では2個アームズアップさせています。
 手に持たせる方法が取れるのはもちろんの事ながら、腕や脚へのアームズアップも可能です。




■バンブルビーソード

AMgacha01-013.jpg AMgacha01-014.jpg

 ロボットモード。全高は約5.5cmあります。
 デザインはTVアニメにも登場しているバンブルビーがモチーフになっていますが、両腕にブレードが付いている点がバンブルビーと大きく異なります。「サイバトロンサテライト こちらトランスフォーマー部」では、このアームズマイクロンもオプティマスプライムブラスターと同様に、「バンブルビーのエネルゴンと武器が融合して誕生した」と話されていました。
 ブレードの後ろ側の面には、「MADE IN VIETNAM(ベトナム製)」の文字が有ります。これは本シリーズにラインナップされている6体全てに同じ内容の文字が有ります。トランスフォーマーのトイは多数が中国の工場で生産されている他、ガチャの商品の中でも「カプセルプラレール」は中国で生産されています。ベトナムの工場では「トミカ」や「プラレール」の生産が主になっているようなので、このガチャはその点で珍しい部類に入るのではないかと思います。




AMgacha01-015.jpg

 バストアップ。小さいサイズでありながらも、バンブルビーの頭部と胸をモチーフにした精密なディテールが施されています。




AMgacha01-016.jpg

 このトイもオプティマスプライムブラスターと同様に、変形機構の関係もあって肩、股関節、膝が可動します。
 肩と股関節にはボールジョイントが使用されている為に可動範囲は広いですが、反面ジョイントが外れやすくもあるので、動かす際には注意が必要となります。




AMgacha01-017.jpg AMgacha01-018.jpg
AMgacha01-019.jpg

 バンブルビーソード・ウェポンモード。2つのブレードを持つ剣に変形します。
 変形機構は上に上げた腕と折り曲げた脚を後方に倒すという、非常にシンプルなものになっています。




AMgacha01-020.jpg

 バンブルビーソードのエネルゴンクリスタルは六角形のクリアーオレンジで、その下には所属しているオートボットのエンブレムが描かれたシールが貼付されています。六角形はAP(アタックポイント)クリスタルを表わしていますが、色が何の属性を表わすのかについては不明です。
 エネルゴンクリスタルの色はオプティマスプライムブラスターと同じである為、今後何らかの形でクリアーオレンジのHP(ヒットポイント)クリスタルを持つアームズマイクロンが発売された場合には、スーパーコンボウェポンを作る事が出来るようになる可能性が有ります。
8/3追記:公式サイトで公開されている無料ゲーム「アームズアップミッションズ」のデータによれば、このエネルゴンクリスタルの属性は「ハード」との事です。




AMgacha01-021.jpg

 2つのブレードの間には穴が有り、これを使って他のアームズマイクロンをリンクさせる事が出来ます。




AMgacha01-022.jpg

 「AM-01 オプティマスプライム」へのアームズアップの一例。写真では2個アームズアップさせています。
 腕や脚にアームズアップさせられるだけでなく、手に持たせる事も可能です。また、本体色が共通している点から、見た目的にはバンブルビーとの相性が最も良いようです。




■ザド1 & ザド2

AMgacha01-023.jpg AMgacha01-024.jpg
AMgacha01-025.jpg

 ビーストモード。全長は約9cmあります。メインカラーがブラックの方がザド1パープルの方がザド2です。
 前述の2体がオートボット側のアームズマイクロンだったのに対し、この2体はディセプティコン側のアームズマイクロンです。
 地を這うトカゲのようなデザインが特徴的です。ディセプティコン側のアームズマイクロンの名称は基になった動物に由来しているものが殆どなので、このザド1とザド2は「リ」に由来しているものと思われます。




AMgacha01-026.jpg AMgacha01-027.jpg

 ザド1・ウェポンモード&ザド2・ウェポンモード。2つの刃を持つ斧に変形します。
 尻尾を下から本体側に折り畳み、左右の脚を合わせるだけでこの形態になります。




AMgacha01-028.jpg

 ザド1&ザド2のエネルゴンクリスタルは円形のクリアーグリーンで、その下には所属しているディセプティコンのエンブレムが描かれたシールが貼付されています。円形はSP(スピードポイント)クリスタルを表わしていますが、色が何の属性を表わすのかについては設定を紹介する資料等が存在しない為、不明です。
8/3追記:公式サイトで公開されている無料ゲーム「アームズアップミッションズ」のデータによれば、このエネルゴンクリスタルの属性は「シャイン」との事です。




AMgacha01-029.jpg

 「AM-01 オプティマスプライム」へのアームズアップの一例。ザド1とザド2はディセプティコンのアームズマイクロンですがオートボットへのアームズアップも可能で、逆のパターンも可能です。
 この武器は手に持たせるのが本来の装備方法ですが、エネルゴンクリスタルの下に有る5mm径のピンを活用して、腕や脚等に取り付ける事も可能です。




■ゴブ1 & ゴブ2

AMgacha01-030.jpg AMgacha01-031.jpg
AMgacha01-032.jpg

 ビーストモード。全高は約4.5cmあります。メインカラーがブラックの方がゴブ1パープルの方がゴブ2です。
 ゴブ1とゴブ2の名称は「コブラ」に由来しているものと思われます。コブラを基にしたデザインを立体的に再現していますが、この状態を固定する機構が無い為に安定性は低く、崩れやすいです。




AMgacha01-033.jpg

 ゴブ1・ウェポンモード&ゴブ2・ウェポンモード。柄の付いたチェーンソーに変形します。
 コブラのエリ部分を回転させつつ頭部を畳み、尻尾を柄に変形させる事でこの形態になります。この形態を保持する重要な役割を果たす小さなピンが柄の中央部分に有るのですが、ピン受け穴の径の方が大きい為にあまり機能していないので、このピンを機能させる何らかの工夫をしないと、遊んでいる時に崩れてしまう恐れが有ります。




AMgacha01-034.jpg

 ゴブ1&ゴブ2のエネルゴンクリスタルは四角形のクリアーグリーンで、その下には所属しているディセプティコンのエンブレムが描かれたシールが貼付されています。四角形はHP(ヒットポイント)クリスタルを表わしていますが、色が何の属性を表わすのかについては不明です。
 エネルゴンクリスタルの色はザド1&ザド2と同じである為、今後何らかの形でクリアーグリーンのAP(アタックポイント)クリスタルを持つアームズマイクロンが発売された場合には、スーパーコンボウェポンを作る事が出来るようになる可能性が有ります。
8/3追記:公式サイトで公開されている無料ゲーム「アームズアップミッションズ」のデータによれば、このエネルゴンクリスタルの属性は「シャイン」との事です。




AMgacha01-035.jpg

 「AM-01 オプティマスプライム」へのアームズアップの一例。ゴブ1とゴブ2はディセプティコンのアームズマイクロンですが、ザド1&ザド2と同様にオートボットへのアームズアップも可能です。
 この武器は手に持たせるのが本来の装備方法ですが、エネルゴンクリスタルの横に有る5mm径のピンを活用して、腕や脚等に取り付ける事も可能です。




AMgacha01-036.jpg

 本シリーズのアームズマイクロン全てを、「AM-01 オプティマスプライム」にアームズアップさせた一例。全て、リンクはさせない形で行っています。
 「バンブルビーソードやザド1&ザド2は、近接戦闘時にこの状態のままで使う」という俺設定(笑)を付けた上でアームズアップしてみました。オプティマスプライムに付属している「オーピー」は、持たせる事が出来なくなってしまっただけでなく腕や脚にも取り付ける事が難しくなってしまったので、胸部パーツの上部に取り付けてキャノン砲のようにしてあります。




AMgacha01-037.jpg

 カプセル1個につき必ず1枚入っているチラシ。
 全6種のアームズマイクロンのロボットモード(もしくはビーストモード)とウェポンモードの写真が掲載されていると共に変形出来る事も紹介されていますが、変形方法に関する説明書きは無く、ユーザーは写真を基に変形させなければなりません。また、「おもちゃと一緒に遊ぼう!」の部分ではアームズマイクロンの遊び方の例が写真で掲載されていますが、写真のオプティマスプライムはAMシリーズ版ではなく「ファーストエディション」版が使用されています。
 裏面には、流通に必要な情報の記載や商品アンケートへの回答のお願いの他に、公式サイトで展開されているゲーム「アームズアップミッションズ」で使えるシリアルナンバーが書かれています。




 以上、アームズマイクロンガチャでした。

 トランスフォーマーのガチャは前作「アニメイテッド」の時にも展開されていましたが、その時のガチャはキーホルダーや非変形のフィギュアで、トイと連動して遊べる物ではありませんでした。今回のアームズマイクロンのガチャはAMシリーズと一緒に遊ぶ事が前提に有りますが、このトイはそれぞれが小型サイズながらも変形機構を有しているので、単体の変形トイとしても楽しめると思います。
 難点としては、一部のトイに状態をロックする機構が無い事と変形手順の説明書が無い事が挙げられますが、200円という価格を考えれば、この2点は十分許容範囲内だと思います。ただ、現在公式サイトでもこの商品に関する紹介ページが有るので、このページを活用して設定の紹介や変形手順等の説明をする方法も有るのではないか、とも思いました。
 このシリーズは、アームズマイクロンで遊びたいけどAMシリーズを多数買うお金が無い方もしくはそれを避けたい方には、特にオススメです。また、本文中で書いた通り、今後第2弾が発売された場合にはスーパーコンボウェポンを作る事が出来るようになる可能性も有るので、今後の展開も注目です。
 このアームズマイクロンガチャは、地域によっては展開されていないという残念な話をよく聞くのですが、一部を除いたものが8月に食玩で発売される予定が有るとの事なので、これで展開地域が今以上に拡大される事を期待します。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。