nendoroid254-2-001.jpg

 前回の「パート1」に続く、今回のねんどろいど「高町なのは&フェイト・テスタロッサ 私立聖祥大付属小学校制服Ver.」のレビューでは、「フェイト・テスタロッサ」を紹介します。
 この限定フィギュアセットがリリカルなのはのフィギュアとしては久々の新作である事は前回の前フリで書いた通りなのですが、実は管理人がWEB受注で労せず入手する事も可能なこのフィギュアセットを、わざわざイベント会場に行ってまで買う事を決めたのは、このフェイトがセットに入っていたのが大きな理由だったりします。と言うのも、管理人はS.C. NANA NETに入会して以来、水樹奈々さんがキャラクターボイスを担当したキャラクターのアクションフィギュア(ツイッター等では「お奈々キャラフィギュア」と呼んでます)の新作リリースを結構気にしており、そんな中でこのフェイトの発売が決定したので、「WEB受注してから発送されるまで4ヶ月かかるなんて、そんなの待ってられるかッ!」と思い、ワンフェスに向かう事を決めたのでした(笑)。

関連記事:ねんどろいど「254 高町なのは&フェイト・テスタロッサ 私立聖祥大付属小学校制服Ver.」レビュー(パート1)
       (2012年8月2日更新)


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。
※写真の一部に、別売の「di:stage」を使用しています。

■フェイト・テスタロッサ

nendoroid254-2-002.jpg

 前面。全高は9cmあり、なのはとほぼ同じサイズです。
 劇中での制服姿のフェイトを約2頭身にデフォルメ化して立体化しています。造形の関係上自立が出来ない為、立たせるには付属の専用台座が必要となります。




nendoroid254-2-003.jpg

 後ろ。腰の部分には台座のアーム先端に有るピンを差し込むピン穴が有り、その部分で台座のアームと接続します。




nendoroid254-2-004.jpg

nendoroid254-2-005.jpg nendoroid254-2-006.jpg

 頭部。デフォルメ化されたことにより、劇中のフェイトよりもキュートな造形になっています。なのはと一緒に遊ぶ事を考慮してか、前髪の盛り上がっている部分がなのはとは反対になっています。
 ツインテールは、髪とリボンが別々に頭部に接続されています。リボンはボールジョイントで接続されていますが、髪は首や股関節に使用されているジョイントに似たジョイントで接続されています。このツインテールの構造は、同シリーズの「99 フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver.」と同じです。
 髪を束ねている2つの白いリボンは、「~The MOVIE 1st」のラストでなのはと交換したリボンで、フェイトは制服を着る際にこのリボンを愛用しています。




nendoroid254-2-007.jpg

 可動はツインテールの髪とリボンの他に首、肩、手首、腰、股関節が可動します。胴体部分の可動範囲はなのはと同じです。
 首と股関節とツインテールの髪部分には「figma」の首等に使われているジョイントに似た構造のジョイントが使用されており、軸を回転させる事で可動範囲を変える事が出来ます。




nendoroid254-2-008.jpg

 スカートの下の構造はなのはと同一ですが、フェイトはストッキングを履いている為に、カラーリングは脚のストッキングと同じになっています。




nendoroid254-2-009.jpg

 付属品一式。
 専用台座のアーム先端のパーツは1種類のみですが、なのはに付属しているアームの先端パーツと交換が可能です。
 その他には、交換式の「泣き笑い顔」表情パーツ、かばんを持った右手首パーツ、「バルディッシュ」を持った右手首パーツ、肘を曲げた左右の腕、使い魔「アルフ」が抱き付いている右腕が類付属しています。




nendoroid254-2-010.jpg

 肘を曲げた腕と、泣き笑い顔を使用したポーズの一例。
 表情パーツの交換方法はなのはと同じです。手首パーツは共通の為、腕を差し替える際には手首パーツを移し変える必要が有ります。




nendoroid254-2-011.jpg

 アルフが抱き付いている右腕パーツを使用した状態。アルフの頭頂部とフェイトのアゴ部分が干渉する為、やや上を向いたポージングになってしまいます。首を少し引き抜く事でこの問題は解決され、前を向く事が出来ます。




nendoroid254-2-012.jpg

 アルフが抱き付いている右腕パーツの裏側。フェイト本体にフィットさせる為に裏側の造形までは再現されていません。アルフのパーツは頭部と前脚、下半身、尻尾がそれぞれ別パーツで作られ、それが接着されている事が分かります。




nendoroid254-2-013.jpg nendoroid254-2-014.jpg

 かばんを持った右手首パーツを使用した状態。
 手の甲と同じ面は金具の塗装が施される等細かい造りになっていますが、反対側は平坦になっています。




nendoroid254-2-015.jpg

 バルディッシュを持った右手首パーツを使用すれば、変身開始時のポーズを取る事が出来ます。
 バルディッシュの造形は改造後の「バルディッシュ・アサルト」ではなく、改造前の形状で造られています。これは製作時期の関係上、改造前の待機モードしか造る事が出来なかった為にこのようになった可能性が有ります。しかしながら、このフィギュアが劇中序盤のなのはとフェイトの再会から2人がヴォルケンリッターの襲撃を受ける前までを再現したものと考える事も出来ます。




nendoroid254-2-016.jpg

 「chibi-arts」版の「花咲つぼみ」とのツーショット。言わずもがなの中の人(水樹奈々さん)繋がりです(笑)。
 ねんどろいどとchibi-artsのメーカーは異なりますが、キャラクターをデフォルメ化したフィギュアである点が共通しているだけでなく、サイズや可動で似通っている部分も多いです。その為、一緒に並べて遊ぶ事も難しくありません。




 今回はここまで。
 最終回となる次回の「パート3」では、なのはとフェイトを組み合わせた遊び方の例を紹介します。

2012年8月7日追記:「パート3」を掲載しました。
 ・ねんどろいど「254 高町なのは&フェイト・テスタロッサ 私立聖祥大付属小学校制服Ver.」レビュー(パート3)