上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120811.jpg

 ・「劇場版 NARUTO -ナルト- ROAD TO NINJA」公式サイト

 実はもう1週間近く前の話になるのですが(笑)、7月28日より公開され、奈々さんが「日向ヒナタ」役で出演されている「劇場版 NARUTO -ナルト- ROAD TO NINJA」を観てきました!
 「NARUTO」のTVアニメは放送が開始された頃からチョコチョコ観てはいたのですが、劇場映画を観たのは、実はこれが始めてだったりします。
 写真は入場の際に貰った入場者プレゼント。この入場者プレゼントには限定DVDと「ミラクルバトルカードダス」の限定カードが入っています。限定DVDには原作コミックを立体映像化したモーションコミックや原作者・岸本斉史先生へのインタビュー、今作の劇場版に登場するキャラクターの設定資料等が収録されています。内容は映画を観た事を前提にネタバレOKの内容になっていますが、映画を観た後にこのDVDを観ると作品制作の裏側が分かって楽しいです。
 この入場者プレゼントは先着150万名様限定との事。欲しい方はお早めに劇場へ!

※以下は作品のネタバレを含みます。


 今回の劇場版は原作者である岸本先生がストーリーやキャラクターデザイン等に関わった、劇場版NARUTOとしては初の試みがされたとの事。
 物語は、仮面の男(マダラ)による「限定月読(げんていつくよみ)」の術によって異世界に飛ばされてしまったナルトとサクラ。そこはあらゆる物事が逆転した木の葉の里で、住人の性格が逆転しているだけでなく、それに伴って一部の歴史も変わってしまっている世界でした。2人はこの異世界からの脱出を試みる中で、ナルトは(この世界の)両親と出逢い、サクラは英雄の子としてもてはやされる事になります。物語終盤では、ナルトと木の葉の里を滅ぼそうとするメンマ(異世界のナルト)や仮面の男とのバトルが展開されます。

 TV特番等での岸本先生のインタビューによれば、本作は「ナルトを主人公にした作品」と「原作ではありえなかったナルトと両親の共演」を主なテーマにしていたそうで、そこから物語の世界が広がり、本作の主な舞台となる世界は逆転世界にする事に決まったようです。
 登場キャラクターの性格等の設定が逆転した異世界に迷い込むという作品は、トランスフォーマーシリーズにおける「シャッタード・グラス(SHATTERED GLASS)」を彷彿とさせますが、元々個性的なキャラの性格が反転するとどうなるか、という点が面白かったのはもちろんの事ながら、ナルトvs黒ナルト(メンマ)の対決が観れるのも、この作品だから出来た事ではないかと思います。

 個人的に最大の注目キャラとなっていた、奈々さん演じる「日向ヒナタ」ですが、本作では前半部で部分的に登場する程度のみで、劇場映画全体の上映時間(約120分)の中ではほんの僅かでしかありませんでした。
 しかしながら、奈々さんは本作で、本来のヒナタと異世界のヒナタの二役を演じています。本来のヒナタは引っ込み思案なキャラクターですが、異世界のヒナタは姉御肌のキャラクターで、全く正反対のキャラとなっています。岸本先生によれば、性格が逆転したキャラクターとして真っ先にイメージが湧いたのはヒナタなのだそうで、劇中でもそのギャップがハッキリと出ています。
 公開前に放送された特番での奈々さんの話によれば、奈々さんは台本を初めて読んだ時に「他のキャラクターの台詞と間違えているのではないか?」と思うほどだったそうで、またアフレコ時の現場は、出演者の方の殆どが演技を変えなければいけなかった為にざわついていたのだとか。
 声優・水樹奈々をヒナタ役でしか知らない人にとっても、異世界のヒナタは僅かな出番ながらも強烈なインパクトを与えたのではないかと思います。

 本作は原作ありきの作品なのでコミックやアニメの内容を知らないとキツイ所は有ると思いますが、アニメも放映から約10年が経過してキャラクターの性格設定等が定着しているであろう状況で公開されたこの映画は、原作者が製作に関わっているという点も含めて、作品のファンにとっては非常に楽しいものだったのではないかと思います。
 異世界でのナルトと両親の出逢いという点や、反対にサクラは両親がいなくなってしまっている点は、「ナルトと両親の共演」という夢の企画をなし得ている一方で「家族愛」もテーマになっている事が伝わってくる内容になっており、親子で作品のファンならばファミリー向け映画としても通用するのではないかと思います。


 感想等はここまで。
 NARUTOとは全く関係無いのですが(笑)、10月20日から公開予定の「伏 鉄砲娘の捕物帳」というアニメ映画に、奈々さんが出演される事が、昨日発表されました!
 奈々さんが演じるのは吉原の太夫・凍鶴(いてづる)という役だそうで、また新しいタイプのキャラクターが観れる事になりそうです…!
(´-`).。oO(今年は奈々さんのアニメ映画出演が多い)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。