OPblasterR001.jpg

 今週末に「Animelo S​ummer Live 201​2」の開催が控えていますが、それに関連して、昨日、ニコニコ生放送で「アニサマ2012開催記念SP​!第一夜:Animelo S​ummer Live 201​0 -evolution- ​8.28」が放送されていました。
 当初、管理人は「あー今年もやってるんだー」程度の認識しか無かったのですが、少し調べてみたところ、この時のアニサマではJAM Projectが「TRANSFORMERS EVO.」を歌ったという事を知ったので途中から観始め、久々にオールアイキャンドゥー!\Hey!/してました(笑)。
 実はTRANSFORMERS EVO.が歌われるライブ映像は初めて観たのですが、この曲は歌われる際にタオルを振り回す「タオル曲」になっていたようです。サビの部分でブンブン振り回す点は、確かにタオル曲に相応しいと思います。
 このニコニコ生放送のアニサマ特番は全3回で、まだ第二夜第三夜が残っています。残る2回はどちらも奈々さんが出演されるので、管理人はどちらも観ようと思ってます。
 実は管理人、奈々さんが毎年出演している事もあって、以前からアニサマには行きたいと思っていたのですが、今年のアニサマは奈々さんの出演が無いとの事で断念してしまいました。ユニオンヒカエテルカライイケド(;´∀`)

 さて、ここから本題。
 今回のレビュー記事は、今月始めに発売された「てれびくん2012年9月号」の付録の一つである、限定版のアームズマイクロン「オプティマスプライムブラスター」です。前回の「シャイニングビーツー」に続き、夏に相応しいクリアーカラーのアームズマイクロンのレビュー第2弾となりました(笑)。
 本レビュー記事掲載時点で雑誌の発売から既に半月以上経過していますが、当ブログでは発売後に明らかになったスーパーコンボウェポンの話も絡めつつ書こうと思います。

関連記事:
 ・ガチャ版アームズマイクロンのスーパーコンボウェポンが判明!(2012年8月12日更新)
 ・ガチャ「トランスフォーマープライム アームズマイクロン」レビュー(8/3追記)(2012年7月25日更新)


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。
※写真の一部に写っている「di:stage」ならびに本トイ以外のトイは別売です。


■トイ概要
 このトイは、2012年8月1日に発売された、雑誌「てれびくん」の2012年9月号の付録の一つとして付属しました。
 トイの仕様は、ガチャ「トランスフォーマープライム アームズマイクロン」にラインナップされている「オプティマスプライムブラスター(以下「通常版」)」の仕様変更品で、全身がクリアーレッドをメインとしたカラーリングに変更されています。




OPblasterR002.jpg

 梱包状態。雑誌にはこの他に複数の付録が有り、1つのビニール袋にまとめて入れられた状態で雑誌の中に挟まれています。
 オプティマスプライムブラスターはエアキャップの袋に入れられた状態で、「ポケモントレッタ」の付録と共に入っています。ちなみに、どちらの付録もメーカーは「タカラトミーアーツ」で、タカラトミーの工場で一緒に生産されたものと思われます。
 雑誌の表紙には、どちらの付録も「ほんもの」が名称に付けられていますが、これは、この2つが付録としては一般的なペーパークラフトではない事を示しているものと思われます。




OPblasterR003.jpg

 ロボットモード前面。全高は約6.5cmあります。
 造形は通常版から変更されていませんが、エネルゴンクリスタル以外のパーツの成型色は通常版のブルーからクリアーレッドに変更されています。これに合わせて塗装部分は大幅に減らされており、フェイス部分のみが塗装されている程度にとどまっています。




OPblasterR004.jpg

 ロボットモード後ろ。こちら側は完全に無塗装となっています。




OPblasterR005.jpg

 バストアップ。
 唯一の塗装箇所であるフェイス部分の配色は、通常版と同一です。




OPblasterR006.jpg

 可動は、変形機構の関係もあって肩、股関節、膝が可動し、これにより様々なアクションポーズを取る事が出来ます。この点については通常版から変更されていません。




OPblasterR007.jpg

 「AM-01 オプティマスプライム」と。
 このトイも通常版と同じくオプティマスプライムの前腕に乗せる事が可能ですが、前腕から落ちないようにする為に工夫が必要となる点も同じです。




OPblasterR008.jpg OPblasterR009.jpg
OPblasterR010.jpg

 ウェポンモード。光線銃に変形します。
 変形機構は非常にシンプルで、腕を上げて頭部を挟みつつ左右で合わせ、脚を曲げる事でこの形態になります。




OPblasterR011.jpg

 アームズマイクロンの共通したデザインとして「エネルゴンクリスタル」が有りますが、このトイにもそれが有ります。
 このトイのエネルゴンクリスタルは円形のクリアーオレンジで、その下には所属しているオートボットのエンブレムが描かれたシールが貼付されています。このエネルゴンクリスタルの種類・属性は通常版と同一で、円形はSP(スピードポイント)クリスタルを表わし、クリアーオレンジは「ハード」の属性を表わしています。
 エネルゴンクリスタルが通常版と同一で有る為、スーパーコンボウェポン「グランドクロスアーチェリー」を作る際に、通常版の代わりにこのトイをリンク(合体)させてもスーパーコンボが発動します。公式サイトの無料ゲーム「アームズアップミッションズ」でもスーパーコンボが発動するようになっていますが、表示されるグランドクロスアーチェリーの写真は通常版をリンクさせたものになっています。




OPblasterR012.jpg

「AM-01 オプティマスプライム」へのアームズアップ(装備)の一例。写真では通常版と一緒にアームズアップさせています。
 手に持たせる方法が取れるのはもちろんの事ながら、腕や脚へのアームズアップも可能です。




OPblasterR013.jpg

 通常版と同様に、他のアームズマイクロンとのリンクも可能です。5mm径のピンの他に銃後部の左右には穴が有り、これらを使って他のアームズマイクロンとリンクさせる事が出来ます。なお、雑誌ではリンクの例として、このトイと「M-10 ベーハー(「AM-10 バルクヘッド」付属)」「M-01 オーピー(「AM-01 オプティマスプライム」付属)」を組み合わせた、「てれビームブラスター」というコンボウェポンが紹介されていました。




OPblasterR014.jpg OPblasterR015.jpg

 通常版との比較。
 メインカラーとなる成型色が変更されているだけでなく、塗装箇所が通常版より大幅に少なくなっている事が分かります。



 以上、てれびくん限定オプティマスプライムブラスターでした。

 1回200円のガチャと同じ物が雑誌の付録として付属するというのが個人的に最も驚いた点でした。雑誌そのものの価格は管理人が子供の頃に購入していた児童誌より高かったのですが、このトイが付録となっている号は現在のてれびくんの価格としては標準的な価格で、いつもとほぼ同じ価格でこのような付録が付いてくるのは、毎号買っている方にはお得に感じられたのではないかと思います。
 付録とするトイのチョイスも、変形するだけでなく可動箇所も有り、更に基になったキャラが主役であるという三拍子が揃ったオプティマスプライムブラスターを選んでいる為に、トランスフォーマートイやアームズマイクロンの魅力を小型サイズで十分に伝えられていると思います。またこの号にはトイ以外にもTVアニメやトイについての紹介がされたDVDが付録として付いており、これからTVアニメを観始める人が入り込み易くする為の工夫がされています。
 付録そのものはこれからTVアニメを観る人向けになっていますが、既にTVアニメを観ているだけでなくトイも購入している人にとっては、このトイはアームズアップさせるアームズマイクロンやグランドクロスアーチェリーのバリエーションを増やすのに良いのではないかと思います。