TTyuutai2012-001.jpg

 いよいよ、LIVE UNION千葉公演まで、残すところあと11日です!
 そんな中、大分前にファンクラブ先行予約をしていた千葉公演のチケットが、今日ようやく届きました!しかし、席は3塁側2階席の後方ブロックという、まさに最後列付近…(泣)
 群馬公演の時は奈々さんが至近距離で見れる席だったので、今回はもしかするとその反動を受けたのかもしれませんが、「LIVE CASTLE」の時のような、奈々さんが全ての観客に接近する何らかの演出が用意されていると信じます…(切実)
(´-`).。oO(チケットの心配をする必要が無いだけでも良い事なのです)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、「㈱タカラトミー 2012株主優待限定企画セット」のレビューです。長い名前ですが、簡単に言うと「タカラトミーの株主優待品」です(笑)。
 今回レビューする株主優待品は、保有している株の数が100株以上1000株未満の株主に配布された物です。1000株以上保有している株主には、これに加えて限定仕様の「リカちゃん」が入ったものが配布されました。
 この株主優待品で取り上げられている作品の内、最早説明不要の「ポケットモンスター」についての作品紹介は割愛しますが、「チャギントン」と「プリティーリズム」については管理人が知らない作品だったので、この2作品については公式配信されている動画へのリンクを絡めつつ紹介します。

関連記事:
 ・2012年3月期タカラトミー株主優待品の写真が公開(2012年6月30日更新)
 ・「㈱タカラトミー 第61回定時株主総会」レポート(2012年6月27日更新)


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

■トイ概要
 このセットは、2012年3月末時点で㈱タカラトミーの株を100株以上1000株未満保有している株主を対象に配布されました。発送は8月23日頃に行われたらしく、管理人の元には8月24日に届きました。
 セットの内容は、タカラトミーが製造・販売している複数のトイのセットで、限定仕様の「トミカ」「ガチャレール」、そして一般販売もされている「プリズムストーン」の3点のセットとなっています。




■パッケージ

TTyuutai2012-002.jpg

 配送用ボックスの表面。このボックスの中に株主優待品が入っています。配送は佐川急便による配送でした。
 サイズは縦約17.3cm×横約25cm×奥行約5.2cmで、側面から開封する形になっています。表面には「株主優待品 在中」の記載が有ります。




TTyuutai2012-003.jpg

 配送用ボックスの裏面。タカラトミーの株主優待品の担当部署である「株主優待品係」の連絡先が記載されています。




TTyuutai2012-004.jpg

 配送用ボックスの内側は配送中の破損等を避ける為、株主優待品のパッケージをビニールの袋に入れ、更に専用のダンボール製の枠にはめ込む梱包形式が採られています。




TTyuutai2012-005.jpg

 パッケージ表面。ボックスのサイズは縦約12cm×横約17cm×奥行約5cmとなっています。
 中央にはタカラトミーのロゴが大きく印刷されている他、この株主優待品の名称の記載も有ります。




TTyuutai2012-006.jpg

 パッケージ裏面。非売品である事が記載されている他、入っているトイの材質や遊ぶ上での注意に関する記載も有ります。
 記載内容は一般販売されているトイのそれと大差有りませんが、非売品の為、バーコードは有りません。




TTyuutai2012-007.jpg

 パッケージを別の角度から見た写真。全ての側面にタカラトミーのロゴが印刷されています。




TTyuutai2012-008.jpg

 表面部分はフタになっており、開くとウィンドウが有ります。




TTyuutai2012-009.jpg

 フタの裏面には、タカラトミーの代表取締役社長である「富山幹太郎(とみやま・かんたろう)」氏から株主に宛てたメッセージが記載されており、その中にはこの優待品の内容に関する記載も有ります。




TTyuutai2012-010.jpg

 ウィンドウからは優待品の中身が見えるようになっています。入っている3点の優待品は、三角形を形成する形で梱包されています。




TTyuutai2012-011.jpg

 パッケージから内部を取り出して開いた状態。台紙はシルバーで、トイを囲む4面には全てタカラトミーのロゴが印刷されています。




■「劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ」をデザインしたトミカ

TTyuutai2012-012.jpg

 前面。サイズは全高約4cm×全長約7.5cm×全幅約2.5cmとなっています。
 このトミカは、一般販売されている「No.077 日野 プロフィア」の仕様変更品で、コンテナの絵柄が2012年7月14日より公開されている映画「劇場版ポケットモンスターベストウィッシュ キュレムvs聖剣士ケルディオ」の絵柄に変更されています。




TTyuutai2012-013.jpg

 後ろ。コンテナの右側面は、「キュレムvs聖剣士ケルディオ」と同時上映の「メロエッタのキラキラリサイタル」の絵柄になっています。




TTyuutai2012-014.jpg

 斜め上から見た写真。コンテナ上部にも「キュレムvs聖剣士ケルディオ」の絵柄が有ります。
 このコンテナの絵柄部分はシールによってこの形になっています。シールは左右の面と上面が一体になったものが使用されており、開封前から貼付されていました。




TTyuutai2012-015.jpg TTyuutai2012-016.jpg
TTyuutai2012-017.jpg TTyuutai2012-018.jpg

 4面ビュー。ポケットモンスターのデザインが施されている事により、宣伝の為に街中を走行する「アドトレーラー」らしいデザインになっていますが、トラック部分は基になったトミカのデザインがほぼそのまま残っています。
 余談ですが、「ポケットモンスター」はタカラトミー(旧トミー)が、それまでの玩具の出来のみを重視した販売路線からキャラクタービジネス重視の販売路線に転換して間もない時期から取り扱っているキャラクターで、作品のヒットも相俟って、ポケットモンスター関連商品はタカラトミーの主力商品の一つとなっています。その為、株主優待品にもポケットモンスターのデザインが施された物が度々ラインナップされています。




TTyuutai2012-019.jpg

 コンテナ上面のイラストは「キュレムvs聖剣士ケルディオ」のものになっていますが、タイトルロゴの記載部分には「メロエッタのキラキラリサイタル」のタイトルロゴも有ります。




TTyuutai2012-020.jpg

 トラックのルーフ部分には、ポケットモンスターの映画が15周年を迎えた事を表わす「PIKACHU THE MOVIE 15th」のロゴがタンポ印刷されています。




TTyuutai2012-021.jpg

 コンテナの扉は開閉が可能です。しかしながら中は空で、内部デザインの再現はされていません。




TTyuutai2012-022.jpg

 トラックとコンテナは、トラック後部の接続部分から分離する事が可能です。
 トラックとコンテナを接続するジョイントは、トラック型のトミカでは共通のものになっている為、他のトラック型のトミカとコンテナを交換する事も可能です。




TTyuutai2012-023.jpg

 一般販売されている「No.077 日野 プロフィア」との比較。
 コンテナのデザインが異なっているだけでなく、トラックのブルーの色味も若干異なるものになっているようです。




■「チャギントン」のガチャレール

TTyuutai2012-024.jpg

 前面。サイズは全高約3cm×全長約5cm×全幅約2cmとなっています。
 このトイは、タカラトミーの連結子会社である「タカラトミーアーツ」が販売している「ガチャレール」シリーズにラインナップされている「ウィルソン(ゼンマイ車)」の仕様変更品です。
 このトイは、本体のメインカラーがレッドメッキに変更されているのが、一般販売仕様との大きな違いです。




TTyuutai2012-025.jpg

 後ろ。目、扉、窓はシール貼付で再現されています。
 後部下方にあるジョイントは、使用する事で別売の貨物車を牽引する事が出来ます。




TTyuutai2012-026.jpg

 斜め上から見た写真。
 チャギントンも「機関車トーマス」と同様に機関車をモチーフにしたキャラクターですが、機関車の中で最もよく知られる「SL」とは異なるタイプの機関車がモチーフになっています。





 ガチャレールの中で、名称に「(ゼンマイ車)」が付いている物はゼンマイ式で走行します。このトイもゼンマイ式で直進走行しますが、別売の「ガチャレール」や「カプセルプラレール」のレールの上に乗せれば、レールの上を走行します。
※再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。音量にご注意下さい。





 後部のジョイントに別売の貨物車を取り付ければ、貨物車を牽引して走行します。ジョイントはカプセルプラレールとも共通している為、カプセルプラレールの貨物車も牽引可能です。
 余談ですが、ゼンマイを全部巻いた状態で貨物車2台を牽引させたところ、このレールを約5週半走行しました。
※再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。音量にご注意下さい。




TTyuutai2012-027.jpg

 このガチャレールに使用可能なレールも1枚付属しています。しかしながら、これ単体では使用出来ないので、レールの上を走行させる為には、別売のガチャレールやカプセルプラレールのレールを購入する必要が有ります。




TTyuutai2012-028.jpg

 カプセルプラレールとの比較(写真は「カプセルプラレール はじめてセット EF210 桃太郎」に入っている物を使用)。
 ガチャレールはカプセルプラレールから派生したシリーズなのか基本的な構造は共通しており、カプセルプラレールとガチャレールを組み合わせて遊ぶ事も可能です。





 関連公式動画の紹介。
 TVアニメ「チャギントン」の第1話がYouTubeで無料配信されています。アニメはフルCGで、鉄道網が非常に発達した架空の世界を舞台に、列車を擬人化したキャラクターである「チャガー」が大活躍します。
 この株主優待にもラインナップされた「ウィルソン」の声は、「ビーストウォーズⅡ」で「野生闘士ライオジュニア/合体戦士マグナボス」を演じた「小林由美子」さんが担当しています。
 第61回定時株主総会での事業報告によれば、チャギントンは昨年度、北米で本格的な玩具展開を開始したとの事です。この事から、今回の株主優待品の中にチャギントンのガチャレールが入れられた事が窺えます。




■「プリティーリズム」のプリズムストーン

TTyuutai2012-029.jpg

 表面。サイズは縦約4cm×横約5cmとなっています。
 形状はハートに翼の生えた形状で、ハート部分にはクリアーブルーのハートと六角形の部分が有る他、「PR」の文字がモールドされています。
 タカラトミーの株を100株以上1000株未満保有している株主への優待品は、例年、限定使用のトミカとチョロQが配布されていましたが、2012年度の株主優待品は、チョロQがガチャレールに変更されているだけでなく、このプリズムストーンが追加されています。しかしながら、このプリズムストーンはアーケードのゲーム機で使う物である事もあってか、一般販売されている「オーロラドリームストーンセット りずむスタイル」にラインナップされている物と同じ物が入っていました。




TTyuutai2012-030.jpg

 裏面。このプリズムストーンをゲーム機で使うと「バトポンブルースタイル」が出る事が書かれたシールが貼付されています。
 余談ですが、1000株以上保有の株主には「バトポンピンクスタイル」が出るプリズムストーンが配布されたようです。




TTyuutai2012-031.jpg

 同封されていたチラシ。
 放送中のTVアニメの宣伝がされている他、通常では完成に複数のプリズムストーンを必要とする「フルコーデ」が、このプリズムストーン1個で完成出来る事が書かれています。






 関連公式動画の紹介。
 TVアニメの第1期シリーズ「プリティーリズム・オーロラドリーム」の第1話が、ニコニコ動画で無料配信されています。アニメーション製作はタカラトミーが主要株主となっている「タツノコプロ」が行っており、歌とダンスとファッションを主なテーマにした、女児向けアニメとしては王道的な内容の作品です。余談ですが、主人公の一人・春音あいらの声は「DOG DAYS」シリーズでユキカゼ・パネトーネ役を演じている「阿澄佳奈」さんが担当しています。
 番組の最後には実写のおまけコーナーも有り、この点は「トランスフォーマー アニメイテッド」の「音仏一家のトランスフォーマー生活」や、「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」の「サイバトロンサテライト こちらトランスフォーマー部」と似通っています。
 第61回定時株主総会での事業報告によれば、プリティーリズムは昨年、国内のアミューズメント事業で人気を集めた事が報告されていた他、株主優待品の紹介文には「世界最大のファッションショーを成功させた」という記載が有り、これらの成功から、今回の株主優待品の中にプリズムストーンが入れられた事が窺えます。




TTyuutai2012-032.jpg

 2012年6月27日に行われた、タカラトミーの「第61回定時株主総会」のおみやげであった、「EZ04 バンブルビー」「D-model ドナルドダック(ボールチェーン付)」と。いずれも小さいサイズですが、秀逸なギミックをや独特のデザインを有しています。




 以上、2012年タカラトミー株主優待セットでした。

 今回の株主優待品は、それまでの限定トミカ1台+限定チョロQ1台+限定リカちゃん1体(1000株以上保有株主のみ)から一部が変更されたラインナップとなりました。優待品からチョロQがなくなってしまったのは、ファンの方にとっては残念な事だったのではないかと思いますが、今回の株主優待のラインナップは、「ポケットモンスター」「トミカ」「チャギントン」「プリティーリズム」という、タカラトミーの主力商品、最近のヒット作、現在力を入れているキャラクター、の3つが織り交ぜられたものになりました。また、1000株以上保有の株主には、今年で設立50周年を迎えた「タツノコプロ」をテーマにしたリカちゃんが配布されており、タカラトミーやその子会社のの「今」を知るには良いラインナップだったのではないかと思います。
 それぞれの玩具は別売の商品を買わなくとも一応は単体で遊べるようになっており、タカラトミーの商品を一部しか知らない株主にとっても、良い商品紹介になっていると思います。
 株主優待品は毎年内容が変わる為、タカラトミーの特定の商品のファンの方が優待だけを目当てに株を買う事はあまりオススメしません。しかしながら、トミカとリカちゃんは優待品で配布しないと株を売られてしまう恐れがあるらしく、それ故に毎年配布する方針でいるようです。タカラトミー株を一度購入して株主になってしまえば、以後はその株を売らない限り、優待や配当金、株主総会への参加権が手に入ります。金融商品ゆえにリスクについても十分知る必要が有りますが、トミカやリカちゃんを永く愛しているファンの方なら、タカラトミー株を買っておいても損はしないのではないかと思います。




※上記のリンクは一般販売仕様のトイです。