SHFcureblossomSS001.jpg

 フルオーケストラライブ2013(仮)開催まで、あと122日!…なのですが、今回の話題は、直近の気になるイベントの話題です(笑)。
 既に申込者の間でチケット抽選販売の当落結果が話題になっている「水樹奈々 平安神宮奉納公演 ~蒼月之宴~」と「シンフォギアライブ2012」ですが、管理人も申し込んだところ、どちらも落選しました。一応まだチャンスは残っているのですが、平安神宮公演は交通やスケジュールの調整がやっぱり難しい事、そしてシンフォギアライブについては同じ日に実家に帰省しなければならなくなってしまったので、どちらも泣く泣く断念する事になりました。・゚・(ノД`)・゚・。
 しかしながら、軽い気持ちで申し込んだ(笑)、「ハンガー・ゲーム」のジャパンプレミア(9/20開催)には、見事当選しました!
 残念ながらこのイベントに奈々さんは出演しないのですが、当日上映される映画は奈々さんが主人公・カットニスの声を当てている吹替版なので、28日の全国ロードショーよりも一足早く観てきます!
(´-`).。oO(フルオケではブラストスカナイが聴きたい)

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、魂ウェブ商店限定のS.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム スーパーシルエット」です。同シリーズの「キュアブロッサム」の発売から1年以上の時を経て、遂にスーパーシルエットも商品化されました!今回はその前編で、主にフィギュア本体を紹介します。
 「ハートキャッチプリキュア!」の放送終了から約1年半が経過しましたが、奈々さんは「戦姫絶唱シンフォギア 第1話プレミア上映会」のトークショーの中で、高山みなみさんの話題が出た際にこの作品の話題を出していただけでなく、久川綾さんと一緒に出演した「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」公開初日舞台挨拶(京成ローザ⑩の2回目)でも、トークの中でこの作品のネタを混ぜていました。最終話が放送された日に奈々さんがブログに書いていた「つぼみちゃんは私にとって永遠のヒロイン」は本当だったという事を、管理人は最近になって感じています(笑)。

関連記事:S.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム」レビュー(2011年3月23日更新)


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。
※写真の一部に写っている「di:stage」は別売です。


■作品概要 ~ハートキャッチプリキュア!とは~
 「ハートキャッチプリキュア!」は2010年2月~2011年1月にテレビ朝日系列で全49話が放送されたテレビアニメ作品で、「プリキュア」シリーズの7作目の作品です。物語の内容は、中学2年生の少女・花咲つぼみが妖精・シプレとコフレに出会った事がきっかけでキュアブロッサムに変身し、「こころの大樹」の破壊を目論む「砂漠の使徒」からこころの大樹を守ると共にこころの大樹を復活させる為、仲間達と共に戦います。劇場映画「花の都でファッションショー…ですか!?」が2010年10月に公開された他、全てのシリーズのプリキュアが一堂に会する映画「プリキュアオールスターズ」シリーズには、第2作目から本作のプリキュアが出演しています。

■フィギュア概要
 このフィギュアは「魂ウェブ商店」において、受注生産方式で販売されました。受注期間は2012年3月9日16時~6月6日16時で、商品の発送は2012年8月25日頃より開始されました。価格は4,410円(税込)でした。
 フィギュアの仕様は、物語後半から登場するキュアブロッサムのパワーアップした姿である「スーパーシルエット」を、「S.H.フィギュアーツ」のフォーマットに基づいて立体化しており、劇中での活躍を再現する為の各種パーツも付属しています。また、2011年3月に一般販売された同シリーズの「キュアブロッサム」(以下「通常版」)に対応したボーナスパーツも多数付属しています。




■パッケージ

SHFcureblossomSS002.jpg

 パッケージ表面。ボックスのサイズは縦約18cm×横約19cm×奥行約6cmで、S.H.フィギュアーツのパッケージとしては大きめのサイズです。パッケージの印刷はフルカラー印刷で、正面の一部はウィンドウになっている為に中身が見えるようになっています。




SHFcureblossomSS003.jpg

 パッケージ裏面。アクションポーズの見本写真やキュアブロッサムのキャラクター説明が載っている他、別売の通常版にボーナスパーツを使用した写真も掲載されています。




SHFcureblossomSS004.jpg SHFcureblossomSS005.jpg

 パッケージを斜め上から見た写真。正面のウィンドウは上部まで続いています。
 右側面にはフィギュアのシルエットが印刷されており、また左側面には大きな写真が掲載されています。




SHFcureblossomSS006.jpg

 パッケージの内部。
 ブリスターは2段式になっており、小さいブリスターは大きいブリスターの裏側に収納された状態で梱包されています。




■キュアブロッサム スーパーシルエット

SHFcureblossomSS007.jpg

 フィギュア本体前面。全高は約13cmあります。
 パワーアップ前のコスチュームを基本にしつつも、配色は全体的にホワイトが多くなっています。形状等の面においても多数の変化が見られ、スカート等の先端は全体的に尖っている他、手には長手袋を付け、ロングブーツはニーハイブーツに変化しています。
 劇中での神々しさを再現する為か、コスチュームの部分は殆どがパール塗装になっています。




SHFcureblossomSS008.jpg

 フィギュア本体後ろ。パワーアップ前から特徴的だった大きなテールは、更に長くなっています。
 劇中でも印象的だった、羽衣か翼を思わせる背中のハート型の帯は薄いプラスチック製で、スカートの後部中央の裏に有るピンに取り付けて固定します。帯は劇中のイメージに近いものに仕上がっていますが、ポージングの際に邪魔になる場合がある事が多々有るだけでなく、薄さが原因で思わぬ方向に曲がってしまう恐れが有るので、取り扱いには十分注意する必要が有ります。




SHFcureblossomSS009.jpg

 頭部。パワーアップに伴い、頭のリボンがティアラに変わっているのが特徴的です。
 フェイス部分の基本となる表情は、口を開いた笑顔です。この表情は通常版の表情パーツの1つにもなっていましたが、このフィギュアに付属しているものは新規で造られており、通常版よりも劇中のキュアブロッサムの顔に近い造形になっています。




SHFcureblossomSS010.jpg

 フェイス部分は差し替えにより、主に必殺技使用時に使える叫び顔にする事が出来ます。こちらも新規に造られています。




SHFcureblossomSS011.jpg

 帯を取り外した状態。劇中では帯は変身完了の際に出現していた為、この状態にする事で変身途中の様々なポーズを取る事が出来ます。




SHFcureblossomSS012.jpg

 通常版とのテールの比較。このフィギュアのテールは通常版の1.5倍~2倍くらいの長さが有ります。このフィギュアのテールには途中部分に関節が有りますが、これは通常版には無かった仕様です。




SHFcureblossomSS013.jpg

 可動は通常版と同様に、アクションフィギュアとしては標準的な可動範囲を確保しています。
 また、前述のテールの途中部分の可動軸や、スカート下のスパッツの切れ目を境にした可動軸は通常版には無かった可動箇所で、この部分は新たに追加された可動箇所です。これにより、本体のポーズに合わせてテールの形を更に多彩に変化させる事ができるようになっており、また脚は内股にし易くなっています。
 テールはカカトの近くまで有る為、取るポーズによってはテールの先端を「第三の脚」にする事で、台座無しでの自立も可能です。




SHFcureblossomSS014.jpg

 表情パーツ以外の付属品は、左右の手首が差し替え式で左右各5種類(基本となる平手を含む)付属している他、必殺技発動時に使用する「ブロッサムタクト」も付属しています。




SHFcureblossomSS015.jpg

 ブロッサムタクトを持たせた状態。専用の右手首パーツを使用して持たせます。なお、ブロッサムタクトは通常版から一部素材が変更されており、中央の「クリスタルドーム」以外の部分が軟質素材になっています。




SHFcureblossomSS016.jpg SHFcureblossomSS017.jpg

 スーパーシルエットにパワーアップする為のキーアイテムである「ハートキャッチミラージュ」も付属しています。
 大きさはフィギュアに合わせたスケールに縮小されており、可動部分は有りません。ボーナスパーツを取り付けた通常版と合わせて使用する事で、変身開始時のシーンを再現出来ます。




SHFcureblossomSS018.jpg SHFcureblossomSS019.jpg

 このフィギュアにも通常版と同様の専用台座が付属しています。台座部分の形状がハート型である点は通常版から変更されていませんが、成型色はクリアーピンクに変更されている他、タンポ印刷は「Cure Blossom Super Silhouette(キュアブロッサム スーパーシルエット)」の文字を中心にした独自のものに変更されています。また、アーム部分の素材が通常版から変更されており、動かす際にはややヌルッと動く、しっかりした造りになっています。
 台座部分には3ヶ所の穴が開いています。これによりアームの取り付け場所を任意に選ぶ事が出来ますが、選ばなかった穴はピンで塞ぐようになっています。
 フィギュア本体との接続方法は、通常版と同様にアーム先端部で腰を挟む方法が基本となりますが、アーム先端部は本体のアクションポーズに合わせて様々な箇所を挟む事が出来ます。




SHFcureblossomSS020.jpg

 巨大なテールの重量が原因で顔の向きを任意に固定することが出来なくなるのを防ぐ為、このフィギュアの首の付け根パーツは可動パーツと非可動パーツの2種類が用意されています。球の部分に円(可動軸)が有るのが可動パーツです。
 このパーツは通常版にも付属していましたが、このフィギュアの可動式付け根パーツは通常版よりもしっかりしたものに改善されている為、非可動式付け根パーツを使用する機会はあまり無いものと思われます。




SHFcureblossomSS021.jpg

 ここからは、劇中でのアクションポーズを再現した写真を何枚か掲載。劇中ではキュアマリン、キュアサンシャイン、キュアムーンライトの3人と一緒に、変身と必殺技使用をしています。
 1枚目は、劇中ではシルエットで映っている変身直後のポーズを再現。映像では腕等にパースがかかった作画がされていた為、残念ながら映像の完全再現は出来ません。




SHFcureblossomSS022.jpg
「世界に輝く一面の花! ハートキャッチプリキュア!」

 右手をハートの付いた手首パーツに、そして左手を平手の手首パーツにする事で、変身途中の手からハートを出しているシーンを再現出来ます。
 ハートはクリアーピンク成型ですが、受注時に魂ウェブ商店に掲載された試作品写真ではピンクに塗装されたものが掲載されていました。




SHFcureblossomSS023.jpg
「スーパーシルエット!」

 変身完了時のポーズもほぼ完全に再現できますが、可動範囲の関係で、左腕を劇中のように下に真っ直ぐ伸ばす事が出来ません。




SHFcureblossomSS024.jpg
「花よ咲き誇れ! プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ!!」

 ブロッサムタクトを使用した必殺技使用シーンは手首付け根部分の可動範囲の広さも手伝って、おおむね劇中の通りに再現出来ます。




SHFcureblossomSS025.jpg
「たあぁーッ!!」

 召喚した巨大な女性に攻撃させる際のポーズはもちろん再現可能ですが、こちらも劇中では手にかなりのパースがかかっていました。




SHFcureblossomSS026.jpg
「はあああああぁぁぁ~!」

 クリスタルドームを回して敵を浄化するシーンは通常版でも再現可能だった為、このフィギュアでももちろん再現可能です。




SHFcureblossomSS027.jpg

 パワーアップ前の状態である通常版との比較。
 このフィギュアはコスチュームの関係も有って、通常版よりも腕や脚が若干太めになっています。また、通常版のスカートや各所に付いている花が、パワーアップに伴って尖ったものに変化している事も、比較するとよく分かります。




 今回はここまで。
 次回の「後編」では、通常版を更に遊べるものにするボーナスパーツを紹介します。

2012年9月20日追記:「後編」を掲載しました。
 ・魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム スーパーシルエット」レビュー(後編)