上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHFcureblossomSS-2-001.jpg

 気が付けば9月も後半に突入し、TVやラジオの番組改編の時期になったので、今回の前フリは、その話題。
 管理人が毎週観ているTVやラジオ番組のうち、この秋に終了する番組は「機動戦士ガンダムAGE」「iCarly」「DOG DAYS'」の3つの他に、フルアニMAX閉鎖に伴い無料配信が既に終了しているニコニコ動画の「ビーストウォーズネオ」、またツイッター経由で頂いた情報によれば「ラジオStrikerS 2nd」も今月いっぱいで放送終了してしまうそうで、今秋からは管理人の毎週の楽しみが大幅に減る事になりそうです…。
 しかし、去る番組も有れば来る番組も有ります。10月より放送開始の「絶園のテンペスト」には奈々さんがメインキャラクターの役で出演されるそうなので、これは毎週チェックします! 実はこのアニメが放送される「アニメイズム」という枠は、かつて「BLOOD-C」が放送されていた枠が、BLOOD-Cの放送が終了した後にアニメ枠としての名称を付けられたそうで、奈々さんにとっては、かつて出演していたアニメ枠に戻ってきたという事になるようです。
 管理人は最近、奈々さんが出演していない深夜アニメは観ていないのですが、昔は毎週観ていた「ハヤテのごとく!」が新作で放送されるようなので、これはチェックしようか検討中です。
 あとは空いた時間で、この夏に撮りだめしてしまった録画番組を全部消化してしまおうと思います(笑)。

 さて、ここから本題。
 今回はS.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム スーパーシルエット」の後編。スーパーシルエットの仕様やアクションポーズ例については「前編」で紹介したので、今回は通常版の遊びの幅を広げるボーナスパーツを紹介します。

関連記事:
 ・魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム スーパーシルエット」レビュー(前編)(2012年9月19日更新)
 ・S.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム」レビュー(2011年3月23日更新)


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。
※S.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム」ならびに写真の一部に写っている「di:stage」は別売です。


■妖精マント

SHFcureblossomSS-2-003.jpg

 妖精マントをS.H.フィギュアーツ「キュアブロッサム」(以下「通常版」)に取り付けた状態。妖精マントは首周りのパーツとマントの計2パーツで構成されています。マントは布製ですが、折り曲げると折り目が付いてしまう場合が有るので、取り扱いには注意が必要です。
 この妖精マントは物語中盤から登場しました。キュアブロッサムのパートナーの妖精である「シプレ」が変身したもので、キュアブロッサムはこれを着ける事で飛行出来るようになります。




SHFcureblossomSS-2-004.jpg

 妖精マントを取り付けた状態の後ろ姿。
 妖精マントの取り付けは、下記の手順で行います。

 ①頭部を外す
 ②マントを首に通す
 ③首周りのパーツを首に通す
 ④頭部を付け直す






SHFcureblossomSS-2-005.jpg

 首周りのアップ写真。
 左前部分には劇中のデザインに準拠した、ハート型のブローチのようなものが付いています。




SHFcureblossomSS-2-006.jpg

 通常版に付属している台座や別売の「魂STAGE」等を使用すれば、劇中のように飛行しているシーンを再現出来ます。




SHFcureblossomSS-2-007.jpg

 某三日天下の新破壊大帝っぽいポーズでパシャリ(笑)。




■表情パーツ①

SHFcureblossomSS-2-008.jpg
「ブロッサム、おしりパンチ!」

 このフィギュアには、通常版に対応した新規造形の表情パーツが2種類付属しています。
 1つ目は、強く目を瞑ったコミカルな表情です。この表情パーツを使用する事で、劇中で敵をも驚かせた「おしりパンチ」を、ほぼ完全に再現出来ます。




■表情パーツ②、祈り手首

SHFcureblossomSS-2-010.jpg
「鏡よ鏡、プリキュアに力を!」

 もう一つの、目を閉じた表情パーツと祈り手首を使用すれば、スーパーシルエット変身開始時のキュアブロッサムを再現出来ます。
 このフィギュアには「ハートキャッチミラージュ」も付属しているので、この状態のキュアブロッサムとハートキャッチミラージュを向かい合わせれば、更に劇中に近い再現が出来ると思います。




■右平手手首パーツ

SHFcureblossomSS-2-009.jpg

 通常版には付属していなかった、指を閉じた平手の右手首パーツも付属しています。何を再現する為に使用するか分からなかったので、ここでは劇中で1度あったカンフーのエピソードを基に、それっぽいポーズにしてみました(笑)。




■ピンクフォルテウェイブエフェクトパーツ

SHFcureblossomSS-2-011.jpg

 キュアブロッサム単体での最強技である「プリキュア・ピンクフォルテウェイブ」を再現する為のエフェクトパーツも付属しています。材質はPET製で、塗装により劇中のピンクフォルテウェイブの光に近いものに仕上がっていますが、サイズは劇中よりも遥かに小さいものになっています。
 このエフェクトパーツは、付属している専用アームと通常版の台座や魂STAGE等を使用する事で、写真のように劇中でのバンクシーンをを再現する事が出来ます。




SHFcureblossomSS-2-012.jpg

 前の写真を別角度から見た写真。




■ボーナスパーツ一式

SHFcureblossomSS-2-002.jpg

 ボーナスパーツの集合写真。数を見て分かる通り、ボーナスパーツだけでも非常に充実しています。
 2種類の表情パーツはキュアブロッサムスーパーシルエットのジョイントと同一の為、キュアブロッサムスーパーシルエットにも取り付けが可能です。しかしながら、イヤリングのデザインが異なっているので、完全に適合しているわけではありません。




 以上、キュアブロッサムスーパーシルエットでした。

 キュアブロッサムのS.H.フィギュアーツは、通常版の発売が決定した時からスーパーシルエットの発売にも期待していたので、受注が開始された時から発送を楽しみにしていました。フィギュア本体はパール塗装による豪華仕様になっているだけでなく、通常版の中で個人的に気になっていた可動式首関節パーツや台座アームの固定力の甘さは明らかに改善されており、また通常版から追加された可動箇所も有るお陰で、非常に遊べるフィギュアになっていると思います。しかしながら、個人的に気になったのは帯の部分で、この部分は劇中の再現を重視したことが窺える反面、非常に脆いものになっています。この点については、このフィギュアがアクションフィギュアである性質を考慮して、もう少し強度を確保したパーツにして欲しかったと思います。
 その他に付属しているボーナスパーツは通常版に使用する為の物なので、通常版を持っていれば通常版の遊びの幅が更に広がります。しかしながら、このフィギュアは通常版を持っていない人でも十分遊べるものになっていると思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。