上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 奈々さんが主人公・カーリー・シェイ(演:ミランダ・コスグローブ)の吹き替えで出演されていたEテレの「iCarly(アイ・カーリー)」ですが、本日その最終回が放送され、約2年間に及ぶEテレでの本放送が終了しました!
 海外では今年11月に放送終了する事が既に発表されていますが、Eテレではそれよりも先に、秋の番組改編に合わせての放送終了となりました。

関連リンク:iCarly(アイ・カーリー)(NHK)


 作品はアメリカの中学生・カーリーが親友のサムやフレディと一緒に、学校から出された罰としての課題で作った映像を誤ってインターネットにアップロードしてしまい、それがウケた事をきっかけに、3人はWEB番組「iCarly.com」を立ち上げました。ちなみに、タイトルの「i」はインターネット(Internet)を意味しており、番組のMC兼プロデューサーであるカーリーの名前が番組名に組み込まれています。
 番組はカーリー、サム、フレディの日常とWEB番組の撮影の様子をメインに描いており、その中で個性的な人物が多数登場しました。また、エピソードによっては旅行する回も有り、その中には日本に旅行するエピソードも有りました。劇中で描かれていた日本は、映像では秋葉原のビル街を撮影したと思われるものが映っていた一方で、カーリー達が着陸した場所は日本には無いはずの地形だったり、ホテルは中華風だったり、登場する日本人役の人も明らかに日本人とは違う顔立ちの人だったりで、本編のコメディ以上にツッコミっどころ満載でした(笑)。
 この番組はアメリカのティーンエイジャー向けの番組として制作されていたらしく、基本的には役者さん達が体を張って笑いを取るシーンが多い番組で、日本のティーンエイジャーにも笑いを取れるような内容になっていたと思います。その一方で、イヤなヤツが不幸になったのをお祝いするパーティーをする回や、カーリーが兄・スペンサーに対して自分が大人になった理由として「薬局でアレを買った事がある」と話すシーン等の性に関する話をサラリとするシーンが有る等、これらについては日本とアメリカの違いなのかな、と思いました。
 Eテレでの放送における最終エピソードは、この番組の放送終了後に放送が決定している「ビクトリアス」の登場キャラクターと共演する内容でした。スタッフが共通している為に実現したエピソードらしいのですが、海外では両番組のファンの為のファンサービスになってたと思いますし、Eテレでは改編に際しての引き継ぎになっていて良かったと思います。

 奈々さんについて。
 この番組は2010年11月から放送が開始されていましたが、放送開始の前月(2010年10月)にはプレス向けの試写会が行われ、奈々さんはそこでインタビューに答えていました。この番組の後番組である「ビクトリアス」も、同様に試写会と主人公の吹き替えを担当する「貫地谷しほり」さんへの記者会見が行われており、奈々さんは吹き替えの主演であると同時に、番組に華を添える存在でもあったようです。
 東日本大震災が発生して間もない頃に放送された「水樹奈々のMの世界」には、カーリーを演じたミランダから日本への応援メッセージが贈られていましたが、この吹き替えを奈々さんがした為に半ばギャグになってしまったのは、今もよく覚えています(笑)。
 海外ドラマという性質も有って、奈々さんはこの番組に主役で2年間、毎週欠かさず出演する事となりましたが、これは奈々さんが毎週連続で出演した記録では最も長い部類に入るのではないかと思います。カーリーはサムやフレディのまとめ役でありながらも元気なキャラクターで、アニメ出演時とは違う奈々さんの声が毎週聴けて楽しかったです。

 この番組は奈々さん以外にも注目の声優さんが多く出演されていました。
 サムの吹き替えは、「魔法少女リリカルなのはA's」や、そのリメイク作品である「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」で「闇の書の意志(初代リィンフォース)」役を演じた「小林沙苗」さんが担当していました。サムは肉が大好きでガサツな、かなりワイルド(笑)な女の子で、悲しみを背負いながらも強く美しい初代リィンフォースとは全く違う小林さんの声が聴けたのは新鮮でした。
 また、第1話~第25話まで、フレディの吹き替えは「水樹奈々 スマイルギャング」の副ヘッドや、「スマイルプリキュア!」の「星空みゆき/キュアハッピー」役で知られる「福圓美里」さんが担当していました。フレディ役のネイサン・クレスが声変わりしてしまった事を理由に、第25話をもって降板となってしまいましたが、福圓さんの演じる男の子の声は聴いた事が無かったので、初めて聴いた時は「これが副ヘッドなの!?」と驚きました。
 奈々さんがブログで縁のある方を紹介する「友情ファイル」では、小林さん、福圓さん、そしてスペンサーの吹き替えを担当した「阪口周平」さんが取り上げられており、奈々さん以外のメインキャストが全員紹介されています。記事を読むと、現場は楽しい雰囲気だった事が窺えます。

 ・友情ファイル:その12(福圓美里さん、記事の内容は「水樹奈々 スマイルギャング」に関連したものになっています。)
 ・友情ファイル☆その36(小林沙苗さん)
 ・友情ファイル☆その64(阪口周平さん)


 感想等はここまで。
 Eテレでの本放送は終わってしまいましたが、現在、Eテレでは毎週土曜18時25分から再放送をしています。これまで観てきた方はまた楽しめるチャンスが残ってますし、これまで観た事が無かった方は一度観てみる事をオススメします!
(´-`).。oO(青空レストランと放送時間がかぶってるのがネックだ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。