上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nenpetinanoha4-001.jpg


  ⇒「パート1」のレビューはココをクリック
  ⇒「パート2」のレビューはココをクリック
  ⇒「パート3」のレビューはココをクリック


 前回の更新から間を置かずに次の更新です。
 実は、ねんどろいどぷちのリリカルなのはシリーズ新作「なのは&フェイトセット ラストシーンVer.」が発売されたので、チョット焦り気味です…(汗)

 ちょっとした補足。ねんぷちのレビューページでは毎回パーツ分割した写真を掲載していますが、実はこれ、「パート1」では(多分)少し触れていますが、「可動箇所の説明」としてやっています。ねんぷちは可動する事をパッケージに記載しているものの、一般的なアクションフィギュアと比べると可動箇所が少なく、かつ胴体が頭部よりやや大きい程度のフィギュアで、個人的に動かした状態の写真で説明するのは難しいと考えて、こんな奇妙な紹介の仕方にしてしまいました(笑)。各フィギュアの可動箇所は、基本的にはパーツ分割部分で可動します。

 さて、今回はパッケージで紹介されているキャラクターの内の最後の3人で、「ユーノ・スクライア(バリアジャケット)」「クロノ・ハラオウン(バリアジャケット)」「アルフ(バリアジャケット)」の紹介です。


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。



■ユーノ・スクライア(バリアジャケット)

nenpetinanoha4-002.jpg

 前面。劇中では戦闘時等に着用していた服を身に纏ったユーノの姿を立体化しています。




nenpetinanoha4-003.jpg

 後ろ。ポーズが戦闘時を思わせるものになっている為、マントが翻った造形になっています。




nenpetinanoha4-004.jpg

 頭部。ポーズに合わせて、表情も戦闘時を思わせる表情で造られています。




nenpetinanoha4-005.jpg

 パーツを分割した状態。首と肩関節と腰が可動しますが、それぞれが他のパーツの干渉を受ける為、可動範囲はあまり広くありません。また、マントは「フェイト・テスタロッサ(バリアジャケット)」と同様に、背部にあるピン穴にマントのピンを差し込んで固定する方式になっています。




nenpetinanoha4-006.jpg

 「アリサ・バニングス」に付属しているフェレットモードのユーノと。頭のアホ毛はフェレットモードでも残っています。




■クロノ・ハラオウン(バリアジャケット)

nenpetinanoha4-007.jpg

 前面。バリアジャケットを身に纏ったクロノの姿を立体化しています。劇中では専らこの姿で活躍していました。
 余談ですが、フェイト役の水樹奈々さんが「フェイトが当たるように」と願掛けをして1個買った時に当たったのはこのクロノのフィギュアだったそうです(笑)




nenpetinanoha4-008.jpg

 後ろ。




nenpetinanoha4-009.jpg

 頭部。クロノもユーノと同様、戦闘時を思わせる厳しい表情で造られています。




nenpetinanoha4-010.jpg

 パーツを分割した状態。首と肩関節が可動します。胴体部分は腰で分割可能になっていますが、腰はパーツの干渉があり可動しません。手に持っているデバイス「S2U」は、柄尻部分が別パーツになっており、取り外して柄を手に通す事によって持たせます。




■アルフ(バリアジャケット)

nenpetinanoha4-011.jpg

 前面。戦闘時の服を身に纏った人型モードのアルフを立体化しています。




nenpetinanoha4-012.jpg

 後ろ。背中には台座を接続させる為の穴が他のキャラクター同様に有りますが、造形の関係で台座のアームを取り付ける事が出来なくなってしまっている為、他のキャラクターの台座とは違う形の台座が付属しています。




nenpetinanoha4-013.jpg

 頭部。気合を入れていると思われるポーズを取っている為、表情は戦闘時を思わせる厳しい表情で造られています。




nenpetinanoha4-014.jpg

 このシリーズではアルフだけが犬耳持ちのキャラクターですが、犬耳を取り外すと、素体に元々付いている人の耳が現れます。




nenpetinanoha4-015.jpg

 アルフ専用の台座。アーム先端を両脚の付け根部分に取り付けて固定する、「ねんどろいど」に似た方式の台座になっています。




nenpetinanoha4-016.jpg

 パーツを分割した状態。ユーノやクロノと同様に、首と肩関節が可動します。腰は分割されていますが、腹部中央の造形の関係で可動しません。




nenpetinanoha4-017.jpg

 「月村すずか」に付属している狼モードのアルフと。



 以上、ねんどろいどぷち「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」より、「ユーノ・スクライア(バリアジャケット)」、「クロノ・ハラオウン(バリアジャケット)」、「アルフ(バリアジャケット)」の紹介でした。

 前回のアリサやすずかと同様に、今回紹介した3人もなかなか立体化の機会に恵まれないので、多数のサブキャラの立体化によって、このシリーズは遊びの幅をかなり広げられていると思います。特にアルフは、犬耳や専用台座が用意されている点から、開発スタッフが立体化にかなり苦心したのではないかと思われます。
 さて、今回の紹介をもって、パッケージで紹介されている10種の紹介が終わりましたが、最終回となる次回(パート5)では、パッケージでは紹介されていない「シークレットフィギュア」を紹介します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。