上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ・水樹奈々 「Lovely Fruit」(GyaO!)


 奈々さんのミュージッククリップを多数公開している動画配信サイト「GyaO!」で、本日午前0時より午後23時59分までの24時間限定で、新曲「Lovely Fruit」のミュージッククリップが公開されています!
 このミュージッククリップは、エンディング曲として使用されているTVアニメ「トリコ」の番組内のCMや、「JAPAN COUNTDOWN」「めざましテレビ」の番組内で紹介される際に一部が公開されましたが、フルサイズバージョンの公開は、今回が初となります!

関連記事:LIVE UNION千葉公演発の最新情報まとめ(2012年9月9日更新)


 この楽曲の概要をおさらい。
 この楽曲は、12月12日に発売される奈々さんの9thアルバム「ROCKBOUND NEIGHBORS」に収録される楽曲の1つで、CD内の曲順では4曲目となる事が発表されています。
 この楽曲は前述の通り、奈々さんが「ティナ」役で出演中のTVアニメ「トリコ」のエンディングテーマとして、10月からオンエアされています。
 作詞は「Hibiki」さん、作曲・編曲は「上松範康」さんで、このコンビは過去に「Pray」や「ROMANCERS' NEO」といった、「リリカルなのは」シリーズの楽曲を手がけましたが、今回は「トリコ」の作風を踏まえた曲作りがされており、それらとは全く異なる曲風になっています。

 ミュージッククリップの大まかな内容について。
 舞台は1980年代くらいの、アメリカと思われる外国のレストラン。奈々さんはそのレストランの店員で、ローラースケートで水やハンバーガーを運んでいますが、上手くローラースケートで滑る事が出来ない事もあって色々な失敗を繰り返し、店長に怒られてばかり…といった感じの内容です。映像の中には奈々さんが「てへぺろ」をするシーンや美脚を披露するシーンも有ったりと、見どころ盛り沢山の内容になっています!

 奈々さんはこのミュージッククリップ撮影の前後に、「水樹奈々 スマイルギャング」で、裏話等について話していました。以下はその中から一部を大雑把に紹介。

■第552次集会(第552回)内での発言より ※撮影前の録音
 ・衣装は超ラブリーで、「アンタ何歳だよ」というツッコミも有るくらいの、思いっきり振り切った衣装。

■第553次集会(第553回)内での発言より ※撮影後の録音
 ・収録はエキストラが沢山いたが、ロシアやアメリカ等、外国の方も沢山いた。
 ・衣装はレトロアメリカンで、'80年代のファッション。アメリカンコミックのような世界。
 ・奈々さんは店員役で、ローラースケートでお運びするがドジっ娘という設定の為、店長に外国語で怒られる。
 ・奈々さんはローラースケートを1度しか履いたことがないので、セメダインでローラーをとめて滑れなくして撮影。
  滑れないという設定の為、滑れないように演技するのが難しかった模様。足元を撮影したカットはチームヨーダの
  キミノさんが代役で担当。
 ・ちっちゃな男の子(奈々さんの見立てでは5歳くらいとの事)がいたずらっ子という設定で、奈々さんは後ろから押されて
  ハンバーガーをこぼしてしまう。このシーンの撮影時、男の子は最初はシャイだったとの事だが、慣れてきたら奈々さんの
  スカートめくりをしてきた。怒られるとカメラマンさんの手を取ってキスし、撮影終了後には、近くに有ったポテトを
  「あげる」と言って奈々さんにプレゼントしたとの事。


 これらを知った上で観ると、もっと楽しく観れるのではないかと思います。

 公開は24時間限定なので、気になる方はお早目の視聴をオススメします!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。