上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCKBOUND NEIGHBORS(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)ROCKBOUND NEIGHBORS(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
(2012/12/12)
水樹奈々

商品詳細を見る

 本日、奈々さんの9枚目のアルバム「ROCKBOUND NEIGHBORS(ロックバウンド・ネイバーズ)」が、遂に発売されました!!
 今年の6月から9月にかけて開催されたライブツアー「NANA MIZUKI LIVE UNION 2012」のツアー序盤のMCで企画の立ち上げが発表されて以来、実に約半年の企画・製作期間を経ての発売となりました!
 最近の奈々さんの新譜では毎回の事になっているのですが、本日の午前0時頃からiTunesでもダウンロード販売が開始されています。販売店までなかなか足を運べないけど早く聴きたいという方はこの方法で聴く事が出来ますが、このアルバムには、「後編」で紹介する多数の特典が封入されていますので、管理人としてはCDを購入する事をオススメします。

 ・ROCKBOUND NEIGHBORS(iTunesプレビュー)

 このアルバムは「初回限定版(ブルーレイ付)」と「初回限定盤(DVD付)」の他に、映像ディスクが付属しない「通常盤」も有るので、好みに合う物を選ぶ事が出来ます。
 また、アニメショップ等では店舗特典が付くお店が有るので、店舗特典が気になる方は十分検討してから購入するのが良いかと思います。



 今回のアルバムの初回限定盤ジャケット写真は、愛媛県庁の廊下や階段を使用して撮影したとの事。これは先月開催された「愛のくに 愛顔のえひめフェスティバル」の中のステージイベントで奈々さん自身が話していました。また初回製造盤は、内側がオレンジ色の「マンダリン・デジパック仕様」になっています。

 余談ですが、歌詞が掲載されたブックレットの背景色はオレンジとホワイトの2色しか使用されていませんでした。
 パッケージには愛媛をPRする要素が含まれていますが、これは奈々さんが今年「伊予観光大使(通称いよかん大使)」に任命されたからというだけではなく、奈々さん自身の故郷への愛の表れでもあると思います。

 「ROCKBOUND NEIGHBORS」というタイトルの由来については、以前に「AM-18 エアラクニッド」のレビュー記事の前フリで書いたので、それを引用します。

 先日の「水樹奈々 スマイルギャング」で発表が有りましたが、12月12日に発売される奈々さんの9thアルバムのタイトルが「ROCKBOUND NEIGHBORS(ロックバウンド・ネイバーズ)」に決定しました!
 タイトルの由来についても番組内で説明が有り、ROCKBOUND=「強固な」、NEIGHBORS=「隣人、奈々さん的にはここから転じて『同じ意志を持った仲間達』」という意味から、「不屈の仲間・同胞達」という意味を込めて名付けたとの事。今年6月~9月にかけて開催された「LIVE UNION」も「絆」をテーマにしていた為、ツアー終了後に発売されるアルバムである事も名前の要素に含まれているようです。


 ここからは楽曲の内容や感想など。
 収録曲は全16曲ですが、その内14曲がアップテンポな楽曲という、激アツな1枚になっています!
 奈々さんによる各楽曲の解説については、「ナタリー」や「ORICON STYLE」の記事に詳しく書かれています。また、相互リンクさせて頂いている「水樹奈々聖地巡礼ブログ」でも、ラジオ等での奈々さんの楽曲解説に関する発言をまとめていますので、こちらも是非!

 ・水樹奈々「ROCKBOUND NEIGHBORS」インタビュー(ナタリー、全4ページ)
 ・水樹奈々「2年ヶ5月ぶり☆久々のアルバムで発見できた“新しい自分”とは?」(ORICON STYLE)
 ・ROCKBOUND NEIGHBORS紹介特設ページ(水樹奈々聖地巡礼ブログ)

 楽曲の詳細な解説や裏話等については上記リンク先の記事にお任せして(笑)、今回は各楽曲についての個人的な感想をなるべく簡単に書いていこうと思います。


1. アヴァロンの王冠 (アヴァロンのおうかん)
 この楽曲は、前奏が約56秒有ります。その曲調は行進曲を思わせる曲調で、アルバム収録曲の1曲目を飾るに相応しいものになっています。
 オーケストラ風の力強い伴奏が荘厳ですが、奈々さんは2013年1月に開催される「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013 -OPUSⅡ-」で披露する事も意識してこの楽曲を収録する事にしたそうなので、ほぼ確実セットリストに入るものと思われます。
 歌詞は「アーサー王物語」の要素が多分に含まれており、伴奏も相俟って、騎士が愛する者を守る為に戦う光景が浮かびます。
 余談ですが、編曲を担当した「Evan Call」さんは、Elements Gardenに最近加入したばかりの新人だそうです。


2. Naked Soldier (ネイキッド・ソルジャー)
 「Stay Gold」の作詞・作曲を手がけた「KOUTAPAI」さんが作詞・作曲を手がけており、奈々さんへの楽曲提供は今回が2度目となります。
 曲風は「Stay Gold」と同様の爽やかな攻め曲で、ロックテイストながらも優しさを含んだ曲風が特徴的です。歌詞は「裸の戦士」を意味するタイトルの通りに、全てを投げ打って全力で世界を守りたいと願う戦士の気持ちを描いています。
 奈々さんによれば、歌詞のテーマはボーイッシュだけど女の子らしい面も持っている「ボクっ娘」との事。奈々さんへのインタビュー記事によれば、「Stay Gold」と一緒にもらったデモの中にこの楽曲が有ったそうで、以前から形にしたいという想いが有ったとの事。その為、今回のアルバムに収録された新曲の中では一番最初に収録が決まったそうです。


3. Get my drift? (ゲット・マイ・ドリフト?)
 曲のタイトルの意味は「お分かりですか?」「分かってらっしゃいますか?」という意味で、「女心を分かってるの?」という意味で付けられているとの事。
 歌詞や曲は、女の子が恋人に対して抱いているもどかしさを爆発させた楽曲である事がよく分かる内容になっており、チョイ悪な雰囲気のガールズロック(奈々さん談)となっています。
 余談ですが、作詞を担当した「Hassy」さんは、2000年夏に公開された「デジモンアドベンチャー02」の映画で、挿入歌の「FOREVER FRIENDS」を歌っていました。


4. Lovely Fruit (ラブリー・フルーツ)
 この楽曲は本アルバムのリード曲とも言える楽曲で、10月よりフジテレビ系で放送中のTVアニメ「トリコ」のエンディングテーマとなっています。
 作詞は「アヴァロンの王冠」の作詞も手がけた「Hibiki」さんで、作曲・編曲は「上松範康」さんです。このタッグは「Pray」や「ROMANCERS' NEO」といった「リリカルなのは」シリーズの楽曲を手がけましたが、今作ではタイアップ作品の作風を踏まえて、コミカルな歌詞や明るい感じの曲調が特徴的な楽曲に仕上がっています。
 Hibikiさんが手がける詩は独特の作風が有ると個人的に常々思っているのですが、この楽曲の詩も独特の作風が有り、聴いててとても楽しいです。また、楽曲のノリが「DICOTHEQUE」に近い事から、今後のライブの定番曲として定着する可能性も秘めています。
 テレビCMで楽曲を流す事もあってか、この楽曲はMV(ミュージック・ビデオ)も製作されました。そのMVはYouTube、ニコニコ動画、GyaO!の3つのサイトで公式配信されています。


 余談ですが、この楽曲の中に有る英語の台詞は、「アヴァロンの王冠」の編曲を手がけた「Evan Call」さんが、ノリノリでやっていたそうです(笑)。



5. ダーリンプラスティック
 この楽曲は、12月より「水樹奈々のMの世界」のエンディングテーマとなっています。また、エンディングテーマとして使用される前に、同番組で世界最速解禁がされました。
 この楽曲の前に収録されている4曲は全てアップテンポな楽曲ですが、この楽曲は落ち着いた感じの楽曲になっています。
 ラジオやインタビュー等での奈々さんの話によれば、歌詞の内容を踏まえて「過去の恋愛を思い出して何気なく歌ったらこの曲になった」という形にするように、ルーズに歌っているようにするよう試行錯誤したようです。その為、この楽曲の奈々さんの歌声は、他ではあまり聴かない珍しいものになっています。


6. BRIGHT STREAM (ブライト・ストリーム)
 この楽曲は28枚目のシングルの表題曲で、7月14日に公開された映画「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の主題歌です。
 感想等についてはシングル発売時の記事の中で書いたので、下記リンクを参照して下さい。

 ・水樹奈々28thシングル「BRIGHT STREAM」、本日発売!(2012年8月1日更新)


7. 星屑シンフォニー (ほしくずシンフォニー)
 この楽曲は、「ミュステリオン」の作詞・作曲や、「Sacred Force」の作曲を手がけた「しほり」さんが作詞・作曲を手がけています。しほりさんがこれまでに奈々さんに提供した楽曲は所謂「変態曲」だったのですが、この楽曲は変態曲ではありません(笑)。
 歌詞の内容は恋する女の子の心情を描いた乙女チックな楽曲で、ベルや鈴の音色が非常に印象的です。歌詞の中に「Snow(雪)」が含まれている事や本アルバムの発売時期を考えると、クリスマスソングとして使われる事も視野に入れられていたのではないかと思います。


8. LINKAGE (リンケージ)
 11月29日に発売されたゲーム「アンチェインブレイズ エクシヴ」の主題歌で、奈々さんは同作品に「ソフィア」役で出演されています。
 また、公式サイトでは、この楽曲の「ゲームバージョン」が、ゲーム紹介ムービーと共に公開されています。
 前作「アンチェインブレイズ レクス」の主題歌「UNBREAKABLE」で作曲を担当した「俊龍」さんが、今回も作曲を担当しています。LIVE UNION千葉公演のMCでの奈々さんの話によれば、この楽曲のタイトルは「絆」を意味するそうで、歌詞の内容もそれがテーマになっています。また、「『UNBREAKABLE』を超える激アツな曲」という話も有りましたが、その言葉に違わぬ激アツな曲になっています。


9. STAR ROAD (スター・ロード)
 この楽曲は作詞・作曲共に奈々さんが手がけています。記憶が正しければ、奈々さんが作詞だけでなく作曲まで手がけた最新の楽曲は「POP MASTER」で、それが6曲目(奈々さんが言うところの「第6子」)だったので、この楽曲は「第7子」という事になります。
 奈々さんはこの楽曲の曲がなかなか決まらなかったそうで、そんな中で軽井沢に弾丸旅行に行った際に曲が「降りてきた」との事。その時の軽井沢は寒い冬の夜に満天の星空が輝いていたそうで、その光景が楽曲に反映されています。
 奈々さんの作詞スタイルは「女神」に「てんし」という読みを付ける等、独自の読みを付ける事がファンの間では有名ですが、この楽曲の歌詞では「現状」を「このまま」と読む程度しか有りません。
 余談ですが、奈々さんの公式ブログには、軽井沢旅行の翌日にその記事が書かれていました。この時は、当時「水樹奈々 スマイルギャング」でトークが進められないテーマとされていた「紅葉(こうよう)どう?」の話題が記事にされていました(笑)。


10. Synchrogazer -Aufwachen Form- (シンクロゲイザー -アウフヴァッヘン・フォルム-)
 「Synchrogazer」は26枚目のシングルの表題曲で、1月~3月にTOKYO MX他で放送されたTVアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」 のオープニングテーマです。
 このアルバムには、シングル収録版とは異なるバージョンで収録されています。シングル収録版の前奏の前に更に1分近い前奏が追加されており、これにより演奏時間はシングル収録版より1分近く長くなっています。
 このバージョンは、劇中で「Synchrogazer」がエンディング曲となった際に使用されました。「Aufwachen Form」はドイツ語で「覚醒の形」を意味しますが、第1話ラストで主人公・立花響がシンフォギア装者として覚醒する際にこのバージョンの楽曲が使用されていた為、恐らくはそれを意識したのではないかと思います。
 この楽曲自体の感想についてはシングル発売時の記事の中で書いたので、下記リンクを参照して下さい。

 ・水樹奈々26thシングル「Synchrogazer」、本日発売ッ!!(2012年1月11日更新)




 今回はここまで。
 次回の「後編」では残る6曲の楽曲と、初回限定盤に付属しているBD/DVDの内容、そしてその他の特典について紹介します。

2012年12月13日追記:「後編」を掲載しました。
 ・水樹奈々9thアルバム「ROCKBOUND NEIGHBORS」、本日発売!!(後編)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。