上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。

LG2013-001.jpg

 前回の「前編」から続く、今回の「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013 -OPUS Ⅱ-」(2日目)のレポは、ライブ本編の内容の紹介や、個人的な感想を書きます。
 余談ですが、上の写真に写っている「Aゲート」は200レベルと300レベルの席の人の入場口だった為、アリーナ席を取っていた管理人は、ここから入場出来ませんでした(笑)。管理人は、Aゲートの近くに有る階段を下りて少し歩いた所に有る「W1ゲート」から入場しました。

関連記事:
 ・「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013 -OPUS Ⅱ-」(2日目)に行ってきました!(前編)(2013年1月21日更新)
 ・「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013 -OPUS Ⅱ-」前日物販に行ってきました!(2013年1月18日更新)

※以下はセットリスト等のネタバレを含みます。


 開演は当初の予定通り、16時30分頃でした。
 管理人が取れた席は「アリーナAブロック」で、ステージからかなり近い席でした。

 参考:LIVE JOURNEY 2011 埼玉公演(水樹奈々ライブ完全情報サイト、座席表の紹介も有)


 セットリストは以下の通り。
 1日目のセットリストは、相互リンクさせて頂いている「せきゅなな。」さんの記事を参照してください。

 ・水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013 -OPUS Ⅱ- 1日目(セットリストはネタバレで追記に)(せきゅなな。)


  ※オープニングムービー上映
 1.残光のガイア
 2.SCARLET KNIGHT
  ※MC①
 3.ジュリエット
 4.リプレイマシン-custom-
 5.理想論(ライブ初登場)
  ※MC②
 6.Lovely Fruit ◎
 7.星屑シンフォニー ◎
  ※オーケストラ演奏&ムービー(GRACE 踊るグリークラブ)
 8.アヴァロンの王冠 ◎
  ※MC③(奈々さんによるチェリーボーイズメンバー紹介)
 9.「好き!」
  ※MC④
 10.deep sea
  ※MC⑤
 11.ダーリンプラスティック ■◎
  ※MC⑥(チェリーボーイズ退場)
 12.TRANSMIGRATION
  ※オーケストラ演奏の後、チェリーボーイズ再登場
 13.BRAVE PHOENIX ★
  ※MC⑦
 14.Pray ★
 15.奇跡のメロディア ◎
 16.恋の抑止力
  ※MC⑧
 17.BRIGHT STREAM ★◎

※アンコール
  ※MC⑨
 18.innocent starter ★
  ※MC⑩
 19.ETERNAL BLAZE

※ダブルアンコール
  ※MC⑪
 20.夢の続き(奈々さんによるアルパ弾き語り)

 ・■ … アコースティックバージョンで演奏された楽曲
 ・★ … 「魔法少女リリカルなのは」シリーズの楽曲
 ・◎ … 9thアルバム「ROCKBOUND NEIGHBORS」収録曲
 ・赤字 … 1日目から入れ替えが有った楽曲
 ・太字 … 前回のLIVE GRACE(2011)でも歌われた楽曲



 セットリストの内容についての個人的考察。
 前回のLIVE GRACEで歌われた楽曲は、定番曲の「ETERNAL BLAZE」のみで、その他の楽曲は全て、前回は歌われなかった、もしくは未発表だった楽曲で占められていました。1日目のセットリストも同様に、「Orchestal Fantasia」だけが前回のLIVE GRACEで歌われた楽曲という、同様の構成になっていました。これは、フルオーケストラアレンジやアコースティックアレンジが出来る機会が限られている為に、前回と同じ楽曲を極力無くす事で、前回のLIVE GRACEに来た人でも飽きずに楽しめるようにする狙いが有ったのではないかと思います。
 「理想論」は今回がライブ初登場となりました。奈々さんが昨年リリースした3枚のシングルに収録されている10曲の楽曲の中で、この楽曲だけが昨年のライブで登場せずに終わってしまったのですが、今回のライブではフルオーケストラアレンジが加えられつつ初登場となりました。

 MCの内容について。
 最初のMC(①)では、最初のMCではお約束の挨拶が有ったのですが、1日目に優雅な挨拶を決めようとしたところ、5秒ももたなかったとの事で、いつもの奈々さんのライブらしく、力強い挨拶で始まりました。その後、奈々さんによる「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」やコンサートマスターの「室屋光一郎」さん(ムッシュ)、そしてS.C. NANA NETの会員でもあり、前回のLIVE GRACEでも指揮者を務めた「藤野浩一」さんの紹介の後、藤野さんのトークの中で、「(会場のサイリウムの動きにについて)エキストラを集めても、こんなに綺麗にはならない」と言い、それが観客の奈々さんに対する無償の愛であると話していました。また、リハーサルの裏話についても触れており、奈々さんはプロンプタ(歌詞等を写すモニター画面)を使わず、歌詞等は全て事前に頭に入れた状態でリハーサルに臨んでいるという話をしていました。藤野さんによれば、それが、NANA NETへの入会を決めるきっかけになったそうです。
 「理想論」後のMC(②)では、昨年の「第63回 NHK紅白歌合戦」に出場した際の話や、その時に奈々さんの曲紹介をした「鈴木聡美」選手に関する話をしており、紅白本番後に話をしたところ、「(鈴木選手は)完全に『こちら側(アニメ・ゲーム好き)』の人間でした」との事でした。また、奈々さんへのサプライズとして、観客全員がお誕生日を祝う歌を歌いました。会場にはケーキが登場し、奈々さんはロウソクの火を吹き消した後、ケーキの上に「ナネットさん」が乗っている事や、ケーキの側面に描かれた楽譜が「ETERNAL BLAZE」の楽譜である事を話していました。奈々さんは年齢について、33歳という年齢になった事を伝えるのに抵抗が有るような感じのトークをしていたところ、「17歳!」のコールが入ったのをきっかけに、「二度目の17歳」と言っていました。二度目の17歳になるにはまだ1年あるのですが…(笑)。
 チェリーボーイズとのトークの中で、このライブと同じ日に行われていたセンター試験の話題が出た際、センター試験を受けてから会場に来た観客がいるのか気になった奈々さんは観客席に向かって質問をしたところ、本当にいたようです。その他、チェリーボーイズと「今年の目標」をテーマにトークしてもいましたが、この中で、奈々さんは今年の目標について「何か楽器が弾けるようになりたい」と話していました。この時は観客の誰も気付かなかったと思うのですが、この奈々さんの回答は、ダブルアンコール曲の伏線となります…。
 1回目のアンコールの中のMCでは嬉しい新情報の発表が有りました。1つ目はライブBD/DVDで、このライブ(LIVE GRACE 2013の2日目)と、昨年9月にQVCマリンフィールドで開催された「LIVE UNION」の千葉公演が、ブルーレイとDVDで発売される、という情報でした。発売時期は未定ですが、春頃になるとの事。また、次のライブツアーが7月7日の愛媛県武道館での公演を皮切りに開催される事も発表されました。
 ダブルアンコールのMCでは、演奏前に「次の歌を歌うのに必要な楽器」として、アルパが登場しました。奈々さんのライブでアルパが登場すれば、それを演奏するのは「上松美香」さんが恒例なので、アルパ登場から程なくして一部から「美香ちゃーん!」という声が上がりましたが、上松さんはこの日、名古屋でライブが有る為に出演が出来ず、その為、奈々さんが自らアルパ演奏に挑戦するというサプライズが有り、観客席からは「頑張れー!」の声が多数上がっていました。

 その他の演出について。
 オーケストラの演奏では「花のワルツ」や「スター・ウォーズ」のメインテーマ等、オーケストラの演奏を活かした名曲が演奏されていました。
 「アヴァロンの王冠」と「TRANSMIGRATION」の演奏時には、前回のLIVE GRACEと同様に、奈々さんが乗り物に乗って会場内を移動していました。その乗り物は馬車で、それを引いている馬は2010年のライブツアー「LIVE ACADEMY」の中で奈々さんが乗ったユニコーンでした。MCでの奈々さんの話によれば、このユニコーンはLIVE ACADEMY後にファンからの投票で「オナナキャップ」という名前が付けられたそうです。

 ムービーについて。
 オープニングムービーは、奈々さんが本を読んだ後に眠ってしまった後に、CGで描かれたネズミやオモチャが大活躍し、最後はネズミ達やオモチャが奈々さんにオーケストラを披露する…といった感じの内容でした。
 「星屑シンフォニー」の後に上映された「GRACE 踊るグリークラブ」では、海外ドラマ「glee」のメインキャラクターの吹き替えを担当した声優さん達が総出演していました。先生役は「森川智之」さん(gleeでは顧問の「ウィル」役)で、「プロムクイーン」になる事を夢見る引っ込み思案な女の子(奈々さん)に、恋の呪文「CHU-LU PA-YA」を教え、それがきっかけに「DISCOTHEQUE」が流れ、出演者全員が踊るという内容でした。奈々さんのライブでのムービー上映の際に、観客席は静かになっているのがほぼお決まりなのですが、このムービーの中で「DISCOTHEQUE」の演奏が始まった途端、会場は「ちゅーるっちゅーるっちゅるぱーやっぱー!」のコールとともに大盛り上がりでした。なお、このムービーの中で、「小野大輔」さん(gleeでは「フィン」役)が、ダンスシーンの中に出演していました。

 各部分に分けて断片的に書いてしまいましたが(笑)、ライブ全体の大まかな流れは、「ナタリー」の記事で写真と共に詳細に書かれていますので、こちらも参照してみて下さい。

 ・ステージ総勢188名!水樹奈々、豪華絢爛フルオケライブ(ナタリー)




LG2013-006.jpg

 ライブ終演は20時頃でした。


 ここからは、今回のライブについての感想。
 
 前回のLIVE GRACEのセットリストは、フルオーケストラアレンジゆえに意外性の高いセットリストになっていたと思っていたのですが、今回のセットリストは新たなフルオーケストラアレンジ曲が殆どを占めており、「前回のLIVE GRACEで歌われなかった楽曲をフルオーケストラアレンジで披露したい」という方向性を持っている事が感じられました。ある奈々さんへのインタビュー記事では「フルオーケストラライブと座長公演は定期公演にしたい」という想いが語られていた事から、今後のフルオーケストラライブの開催にも前向きなようですが、今後開催されるであろうフルオーケストラライブのセットリストは「過去のフルオーケストラライブで歌われなかった楽曲が大半を占める」という方向性になるのではないかと思います。新参ファンには馴染みの薄い楽曲がセットリストに占める割合は前回・今回共にやや高めではありましたが、個人的にはアレンジのお陰も有って新鮮に感じられましたし、フルオーケストラライブを機に再度ファンから注目されるのは良い事だと思います。
 管理人個人としては、今回のライブでは「SCARLET KNIGHT」と「BRIGHT STREAM」のフルオーケストラアレンジ版が絶対に聴きたかったので、この2曲がセットリストに入っていたのは本当に嬉しかったです。また、リリカルなのはシリーズの楽曲ゆえに何度も聴き込んだ「BRAVE PHOENIX」は、オーケストラとコーラスが加わった事で、原曲を聴き込んでいても新鮮な印象を受ける楽曲になっていました。
 ダブルアンコールでの奈々さんのアルパ弾き語りは、多忙な毎日を送っているがゆえに十分な練習時間が取れなかったとは思うのですが、それにもかかわらずしっかりした演奏になっていました。途中で数回の演奏ミスをしてしまってはいたものの、観客席からは「頑張れー!」という声が多数上がっており、演奏から奈々さんの頑張りを感じた管理人も、声を上げずにはいられませんでした。MC中に奈々さんが語った今年の目標は「何か楽器が弾けるようになりたい」との事なので、目標通りに楽器が弾けるようになれば、今後のライブでは奈々さんによる弾き語りコーナーを定番にしたら、また違う楽しさが生まれるかもしれないと思いました。

 最後になりましたが、奈々さん、そしてこのライブに参戦された皆さん、本当にお疲れ様でした!


 最後に、奈々さんのブログ記事を紹介。
 ライブ後恒例の舞台裏話は、今回は「AFTER GRACE OPUSⅡ」のタイトルで連載がスタートしています!

 ・夢の時間の始まり☆(ライブ1日目に関する話題)
 ・夢の続きはこれからも...☆☆☆(ライブ2日目に関する話題)
 ・AFTER GRACE OPUSⅡ☆その1(舞台裏話第1回)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。