上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

becoolslope001.jpg

 5月も後半に突入していますが、今回は4月から放送開始されたアニメの内、管理人が毎週観ている作品の話題をば。
 「革命機ヴァルヴレイヴ」は奈々さんがオープニングテーマを担当&出演している作品なので、当然毎週観ています。また、「宇宙戦艦ヤマト2199」は奈々さんがオープニングテーマに関わっているだけでなく劇場版第7作の主題歌を担当する事が決定しているので、劇場版第7作を楽しむ為の基礎知識を入れる為に視聴してます。あとは、一昨年の「LIVE CASTLE」で奈々さんと間接的な繋がりが有る事を知った「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%」も一応チェックしてます。ゼンサクハミテナカッタノニ…(;´∀`)
 奈々さん関連作品以外では、「とある科学の超電磁砲S」と「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」も観ています。この2作品は第1期がTV放送していた当時に観てて「面白い」と思っていたものの、それ以降は特に関連商品等に触れる事が無かったので、昔観た時の記憶を思い出しつつ観てます(苦笑)。
 3月に「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」や「絶園のテンペスト」をはじめとして、視聴していたアニメの多くが放送終了してしまったのですが、今期は前期と同じくらいの本数を視聴しています。
 そういえば先日、「とある科学の超電磁砲S」のオープニングテーマである「sister's noise」がオリコンウィークリーチャートで初登場1位になった事が発表されました!おめでとうございます!

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、ビークール初のキャンペーン景品である「ビークール組み立てスロープ」です。
 このキャンペーンはビークールだけで実施される初のキャンペーンだっただけに、管理人も開始前から気になっていました。ビークールは既にフルコンプしていたのですが、今回は「B12 スペシャルスポーツカー(バンブルビー クリアカラー)」と「B16 バトルタンク(ショックウェーブ)」を購入して、このスロープをゲットしました。ビークールはダブってしまいましたが、2体の合計金額は店舗独自の割引もあって1,000円を切っていた為、トランスフォーマーのキャンペーン景品としては非常に割安な価格でゲット出来ました。

関連記事:
 ・「B16 バトルタンク(ショックウェーブ)」レビュー(2013年2月1日更新)
 ・「B12 スペシャルスポーツカー(バンブルビー クリアカラー)」レビュー(2013年1月24日更新)
 ・「B03 トレーラー(オプティマスプライム)」レビュー(2012年12月30日更新)

関連リンク:ビークール組み立てスロープ プレゼント!(タカラトミー トランスフォーマーオフィシャルサイト) ※ウェブ魚拓


※画像をクリックすると元のサイズで表示されます。
※本記事の写真に写っているビークールやボットショッツは、全て別売です。


■景品概要
 この景品は、2013年5月7日より全国のビックカメラ(一部店舗を除く)で、ビークールを2個以上購入した人に先着でプレゼントされました。景品は数量限定で、なくなり次第キャンペーン終了となりました。
 景品は厚紙製のペーパークラフトで、組み立てる事でビークールと連動して遊べるスロープになります。




becoolslope002.jpg

 配布時の状態の表面。
 紙のサイズは縦約44.5cm×横約31cmで、A3よりも少し大きいサイズです。ペーパークラフトは中央部分に印刷されており、その周りにはビークールの写真や組み立て方や遊び方が印刷されています。




becoolslope003.jpg

 配布時の状態の裏面。
 この景品は厚紙の表面に印刷をしただけの物である為、裏面には何も印刷されておらず、また組み立てを簡単に出来るようにする為の切り込みは有りません。




becoolslope004.jpg

 表面の上半分。
 「組み立て方」と「あそびかた」が掲載されている他に、組み立てるとスロープになる事を「B09 青のスポーツカー(トップスピン)」が説明しています。




becoolslope005.jpg

 表面の下半分。
 ビークールの遊び方の例が紹介されている他に、「B03 トレーラー(オプティマスプライム)」の写真を使用したビークールのギミック紹介や、「B01 パトカー(プロール)」の写真を使用した「のりものへのもどしかた」が掲載されています。




becoolslope006.jpg

 ビークールのパッケージとの比較。
 ビークールはパッケージも小型でであるだけに、3月下旬に発売された基地セット(写真は「BS01 トレーラーとトレーラー基地」を使用)と比較しても非常に大きい物である事が分かります。




becoolslope007.jpg

 スロープ完成状態前面。パーツを切り取り線に沿って切り取り、組み立てる事でこの形になります。
 組み立ては、1枚の厚紙を箱状に組み立てるものになっています。組み立ての際にツメを差し込んで固定する部分が有る為、カッターナイフが必要になります。
 厚紙はしっかりした物が使用されている為、真っ直ぐに折り曲げる事が難しくなっています。折り曲げ部分の線にカッターナイフ等で浅い切り込みを予め入れておくと、この問題が解消されます。




becoolslope008.jpg

 スロープ完成状態後ろ。
 後部中央部分にはビークールのマークが大きく印刷されています。スロープの両横には低い壁が有り、ビークールがスロープの横に飛び出してしまうのを防いでいます。




becoolslope009.jpg

 スロープ完成状態底面。
 ビークールの遊び方の例が紹介されている部分は、この面になります。





 このスロープの基本的な遊び方は、スロープの上からビークールを走行させ、もう1台のビークールにぶつけて変形させる、シンプルな遊び方です。動かすビークールは手を離すと坂の傾斜を自動的に走り出します。
 車体底部付近にフロントバンパーが有る車種の場合、スロープを降りきった所でフロントバンパーが下にぶつかって変形してしまう場合が有ります。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




becoolslope010.jpg

 スロープには2車線のイラストが描かれていますが、実際に2台のビークールを同時に走行させる事も可能です。





 ビークールの海外版であるボットショッツ(BOT SHOTS)で遊ぶ事も、もちろん可能です。
 写真では、「ジャンプショット(JUMP SHOT)」版の「オプティマスプライム(OPTIMUS PRIME)」を使用しています。遊び方はビークールを使用した場合と同じです。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。





 「あそびかた」の遊び方とは逆に、ビークールをスロープの下から上らせる遊び方も、一応可能です。
 基地セットのシューター機能を利用すれば、手軽に上らせる事が出来ます。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。
※「BS01 トレーラーとトレーラー基地」を使用しています。





becoolslope011.jpg

 「B12 スペシャルスポーツカー(バンブルビー クリアカラー)」「B16 バトルタンク(ショックウェーブ)」と。
 管理人はこの2体を購入してスロープを貰いました。スペシャルスポーツカーはお試し商品ゆえに他のビークールより安い価格設定になっていますが、他のビークールと同様に本キャンペーンの対象商品となっています。




 以上、ビークール組み立てスロープでした。

 ビークールの公式動画の遊び方説明では様々な遊び方の例が紹介されていますが、その内の「スロープあそび」だけは、これまでユーザーが何らかの方法でスロープを用意しなければなりませんでした。今回、キャンペーン景品として公式に配布した事で、紹介されている遊び方が公式の賞品や景品で全て出来るようになりました。
 この景品に使用されている厚紙は、薄い割にしっかりした物になっています。しかしながら、厚紙ゆえにそのままでは綺麗に折り曲げる事が難しくなっています。トイザらスで配布されたペーパークラフトコンテナのように折り曲げ易くする為の工夫が有れば良かったと思いますが、今回のキャンペーン対象商品の合計金額が1,000円前後にしかならない事を考えると、同じようにするのは割が合わなかったのかもしれません。
 ビークールの遊び方の幅を広げるのに一役買ってくれる景品ではありますが、必要か不要かはユーザーによって分かれると思います。しかしながら、貰う為に購入が必要な商品の価格はさほど高くはないので、この景品が気になった方や、購入を考えているビークールが有れば、キャンペーンが終了してしまう前に貰った方が良いのではないかと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。