BW10thMEGA011.jpg

 今回のリニューアルレビュー記事は、「ビーストウォーズ」のシリーズ展開開始10周年を記念して海外で展開された「BEAST WARS 10TH ANNIVERSARY」版の「MEGATRON(メガトロン)」を再掲載します。
 「BEAST WARS 10TH ANNIVERSARY」シリーズにおいて、このメガトロンと「オプティマスプライマル」は完全新規で造られましたが、このトイと同時に発売された「CHEETOR(日本名:チータス)」「RHINOX(日本名:ライノックス)」「WASPINATOR(日本名:ワスピーター)」「RATTRAP(日本名:ラットル)」「DINOBOT(日本名:ダイノボット)」「TARANTULUS(日本名:タランス)」の6体は、過去に販売された商品を復刻したものでした。この復刻組6体には、収録エピソードがそれぞれ異なるアニメ1話分を収録したDVDが付属していただけでなく、「ビーストウォーズメタルス」に登場した「トランスミューテイト(TRANS-MUTATE)」の一部分のパーツも付属しており、6体集める事でトランスミューテイトを完成させる事が出来るものとなっていました。

関連記事:
 ・「OPTIMUS PRIMAL(BEAST WARS 10TH ANNIVERSARY版)」レビュー(再掲載版)(2013年6月11日更新)
 ・「BWR-01 帰ってきた最強ビースト対決!」レビュー(再掲載版)(2013年6月10日更新)

※本レビュー記事は、2006年7月15日に旧ホームページに掲載したレビューに一部加筆・修正等を加え再掲載したものです。


※写真をクリックすると元のサイズで表示されます。

■キャラクター設定
 「メガトロン(MEGATRON、日本名:同じ)」は、「ビーストウォーズ(BEAST WARS)」シリーズに登場したキャラクターです。
 アニメでは、プレダコン(PREDACON、日本名:デストロン)やヴィーコン(VEHICON、日本名:同じ)のリーダーとして登場し、部下達を率いて「オプティマスプライマル(OPTIMUS PRIMAL、日本名:コンボイ)率いるマクシマル(MAXIMAL、日本名:サイバトロン)と戦いました。

■トイ概要
 このトイは2006年7月に、ビーストウォーズ10周年記念商品の1つとして、海外でハズブロ(HASBRO)より発売されました。
 それまでのビーストウォーズ10周年記念アイテムが、過去に発売されたトイの一部仕様変更+新規特典付属だったのに対し、このメガトロンは、アニメ第1期の頃の姿を踏襲した完全新規造形になっています。また、発売当時主力商品として展開していた「TRANSFORMERS CYBERTRON(日本題:トランスフォーマー ギャラクシーフォース)」のフォーマットに合わせて、サイバープラネットキー(CYBER PLANET KEY、日本名:フォースチップ)によるギミックが搭載されています。




BW10thMEGA001.jpg

 パッケージアート(表)。箱のサイズは縦約20cm×横約23cm×奥行約9cmとなっています。
 デザインはビーストウォーズ10周年記念シリーズの標準的なデザインとなっています。イラストのメガトロンは左腕がティラノサウルスの頭になっていますが、実際のトイでは、ティラノサウルスの頭は右腕に有ります。




BW10thMEGA002.jpg

 パッケージアート(裏)。
 テックスペックが掲載されていると共に、各種ギミックの紹介もされています。




BW10thOP004.jpg BW10thOP005.jpg

 付属のミニコミックは、IDWパブリッシング(IDW Publishing)によるコミックです。
 タイトルは「BEAST WARS:THE GATHERING(ビーストウォーズ:ザ・ギャザリング)」で、シナリオは「サイモン・ファーマン(SIMON FURMAN)、イラストは「ドン・フィゲロア(DON FIGUEROA)」が手がけています。
 コミックでは、「マグマトロン」や「ライオコンボイ」「ビッグコンボイ」等、「ビーストウォーズⅡ」と「ビーストウォーズネオ」のキャラクター達が大活躍しています。




BW10thMEGA003.jpg BW10thMEGA004.jpg

 ビーストモード。
 アニメ第1期の頃のビーストモードによく似た、紫色のティラノサウルスに変身します。




BW10thMEGA005.jpg BW10thMEGA006.jpg

 ビーストモード頭部。
 全体的に細かいディテールで、口は自由に開閉可能です。




BW10thMEGA007.jpg

 ビーストモード時の可動は口、肩関節、股関節、爪先が可動する為、アクションポーズの取れる範囲は広いです。




BW10thMEGA008.jpg BW10thMEGA009.jpg

 ロボットモード。全高は約14cmあります。
 変形機構や手順は、アニメ第1期が放送された頃に発売されたトイのそれによく似ています。




BW10thMEGA010.jpg

 ロボットモード頭部。
 アニメ作品の本放送当時に発売されたトイの多くで見られた、歯を食いしばった表情になっています。




BW10thMEGA011.jpg

 このトイはフリーポーザブル仕様の為、様々なアクションポーズが取れます。
 可動範囲は広いものの、ボールジョイントを使用しているのは股関節のみの為、関節の保持力は強く、また立たせ易いです。




BW10thMEGA012.jpg BW10thMEGA013.jpg

 ビーストモード時の尻尾は武器になります。武器名は、パッケージには「アタック・ウィップ(attack whip、訳:攻撃鞭)」と記載されています。
 前腕にはピン受けが有り、また、アタック・ウィップにはピンが有る為、持たせずに前腕に付ける形で装備します。




BW10thMEGA014.jpg BW10thOP018.jpg

 このトイにはサイバープラネットキーが付属しており、またアタック・ウィップの後部には、それを挿入するスロットが有ります。
サイバープラネットキーによるギミックは「TRANSFORMERS CYBERTRON」シリーズのトイのギミックですが、何故か他シリーズの商品であるこのトイにも採用されています。
 サイバープラネットキーは、「ジャングルプラネット(JUNGLE PLANET、日本名:アニマトロス)」のものが付属しています。




BW10thMEGA015.jpg

 サイバープラネットキーをスロットに挿入すると、アタック・ウィップが二つに割れてミサイル発射装置が出現します。




BW10thMEGA016.jpg BW10thMEGA017.jpg

 ミサイル発射装置の左側部に有るツメを引くと、ミサイルが発射されます。




BW10thMEGA018.jpg

 ビーストモード時にもサイバープラネットキーによるギミックを発動させる事が出来ます。
 アタック・ウィップはビーストモード時には尻尾になる為、この状態でギミックを発動させると、まるで放屁攻撃のようなポーズになってしまいます(笑)。




BW10thMEGA019.jpg BW10thMEGA020.jpg

 このトイにはおまけとして、アニメ本編でプレダコンが使用していた宇宙船のミニフィギュアが付属しています。
 マクシマルの宇宙船には「アクサロン(AXALON、日本名:同じ)」という名称が有りましたが、劇中ではこの宇宙船の名称は語られませんでした。しかしながら、ボットコン2006(BOTCON2006)の限定コミックをはじめとした一部の媒体では「ダークサイド(DARKSYDE)」という名称で呼ばれています。




BW10thMEGA021.jpg

 メガトロンとプレダコンの宇宙船。
 宇宙船はメガトロンよりも遥かに小さいサイズとなっています。




BW10thMEGA022.jpg

 ライバルである、同シリーズの「オプティマスプライマル(OPTIMUS PRIMAL)」と。
 メガトロンとオプティマスプライマルの2体は、本シリーズの展開に際して完全新規造形で造られました。




 以上、ビーストウォーズ10周年記念版メガトロンでした。

 今回の10周年記念版メガトロンは、各種のスプリングやマジックハンドの機能が無い代わりにアクションフィギュアとしての機能に重きを置いており、その点においては「ロボットマスターズ」の「ビーストメガトロン」を彷彿とさせますが、完成度はこちらの方が高いと思います。
 ライバルのオプティマスプライマルも広い可動範囲のフリーポーザブル仕様なので、2体揃えれば様々な戦闘シーンを作り出す事も可能です。
 オプティマスプライマルと同様にシンプルな造りでありながらも出来は非常に良いのですが、これ以降のシリーズ展開が無いのが悔やまれます。



※上記のリンクは日本版のトイです。