上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

happyset2013-2-001.jpg

 「戦姫絶唱シンフォギアG」放送開始直前となった昨日、ニコニコ生放送で「戦姫絶唱シンフォギア(第1期)」の一挙放送が行われました!
 管理人は仕事から帰宅した後に途中から観始めたのですが、当初は「もう何度も観てるし、今回は作業しながらの視聴でもいいか」と思っていたのに、気が付いたら食いつくように観てました。今回の更新は予定よりも遅れて行ったのですが、実はコレが最大の原因です(笑)。
 一挙放送のおかげでシンフォギアの魅力を再認識し、そして「G」の放送が更に楽しみになりましたが、管理人はTOKYO MX視聴組なので、6日夜の放送開始まで、もう暫く我慢です…(;´∀`)デモリアタイデハミレナイ

 さて、ここから本題。
 今回のレビューは、前回の「前編」に続いて、ハッピーセットを購入すると貰えるトランスフォーマーのおまけフィギュアの後編です。
 今回は、第2弾の「バンブルビー」と「バルクヘッド」、そして6月29日~30日にだけ配布された3Dステッカーを紹介します。

関連記事:「ハッピーセット『トランスフォーマー』」レビュー(前編)(2013年7月3日更新)



※写真をクリックすると元のサイズで表示されます。

■バンブルビー(6月28日より配布開始)

happyset2013-2-002.jpg happyset2013-2-003.jpg

 パッケージ。
 トイ本体をそのまま小さなビニール袋に梱包している点や、表面にギミックの遊び方がイラストで紹介されている点等はオプティマスプライムやメガトロンと同じですが、表面の文字等の線はオレンジが使用されています。




happyset2013-2-004.jpg happyset2013-2-005.jpg

 トイ本体。全高は約10cmあります。
 全てのパーツがイエロー成型のパーツを使用しており、イエロー以外の部分は全て塗装となっています。塗装箇所の総面積は、恐らく4体の中で最も多いものと思われます。




happyset2013-2-006.jpg

happyset2013-2-007.jpg happyset2013-2-008.jpg

 バストアップ。
 成型色はイエロー一色ですが、塗装箇所が多く、バンブルビーである事が一目で分かります。オプティマスプライムとメガトロンの頭部には目を発光させる集光装置が付いていましたが、このバンブルビーには付いていません。




happyset2013-2-009.jpg

 可動は左の肩関節と腰が可動し、これらはそれぞれ360°回転させる事が出来ます。しかしながら、左の肩関節は腕と背部のウイングパーツが干渉する為、左腕を1回転させる事は出来ません。
 右腕も後述のパンチアクションギミックの関係で、腕を上に上げる事が可能ですが、固定する事は出来ません。





 背部のウイングパーツを下に動かすと、右腕がパンチアクションを行います。
 ウイングパーツを上に動かすか手を離すと、元に戻ります。
※動画です。クリックすると動画が再生されます。




■バルクヘッド(6月28日より配布開始)

happyset2013-2-010.jpg happyset2013-2-011.jpg

 パッケージ。
 トイ本体をそのまま小さなビニール袋に梱包している点や、表面にギミックの遊び方がイラストで紹介されている点等は本シリーズの他のトイと同じですが、表面の文字等の線はグリーンが使用されています。また、裏面は横長な本体の造形に合わせて、袋を横長にして読むようになっています。




happyset2013-2-012.jpg happyset2013-2-013.jpg

 トイ本体。全高は約10cmあります。
 本体の大部分のパーツはグリーン成型のパーツを使用しており、右手首のハンマーはクリアーブルー成型、右肩のオートボットのエンブレムはレッド成型となっています。
 塗装箇所は頭部、胸部、肩、手首で、下半身に塗装箇所は有りません。




happyset2013-2-014.jpg

happyset2013-2-015.jpg happyset2013-2-016.jpg

 バストアップ。
 頭部は目(ブルー)とアゴ(グレー)に塗装が施されている事で、バルクヘッドである事が一目で分かります。このトイもバンブルビーと同様に集光装置は付いていません。




happyset2013-2-017.jpg

 可動は首と腰が可動し、これらはそれぞれ360°回転させる事が出来ます。




happyset2013-2-018.jpg

 右肩に有るオートボットのエンブレムを押すと、右手首のハンマーが発射されます。劇中では、このハンマーは専ら近接戦闘用の武器として使用されており、発射される描写は有りませんでした。
 余談ですが、このハンマーのパーツは、本体とは別にビニール製の小さな袋に入れられた状態で、本体と一緒に梱包されています。




happyset2013-2-019.jpg

 バルクヘッドとバンブルビー。
 2体を写真のように並べると、共闘しているかのように見えます。




happyset2013-2-020.jpg

 「前編」で紹介したオプティマスプライムとメガトロンを揃えて、4体全員集合。
 海外で配布されたトイはこれに「スタースクリーム」と「ウォーブレークダウン」を含めた計6体で、オートボットとディセプティコンがそれぞれ3体ずつとなっていました。しかしながら、本シリーズではオートボット3体に対してディセプティコンは1体で、所属軍団で見た場合の数のバランスが崩れています。




■トランスフォーマー 3Dステッカー(6月29日~30日のみ配布)
 このDVDは、6月29日と6月30日の2日間だけ配布が実施されました。ハッピーセット1セットの購入につき1枚貰えるもので、本来のセット内容に追加される形で配布されました。
 このステッカーは、「こえだちゃん」の「木のおうちシール」と選択出来るようになっており、ハッピーセット1セットにつきどちらか1枚が貰えました。

happyset2013-2-021.jpg happyset2013-2-022.jpg

 ステッカーの表面と裏面。写真は未開封状態のもので、ビニール製の袋に梱包されています。
 表面にはオプティマスプライムとバンブルビーのイラストが描かれており、特殊加工で立体的に見えるようになっています。
 ステッカーはシートから剥がして貼付する事が可能です。中央で切る事が出来る為、オプティマスプライムとバンブルビーを別々に貼付する事も可能です。




 以上、ハッピーセット版トランスフォーマーでした。

 今回のハッピーセットのトイは、配布開始の約3ヶ月前にTV放送を終了した「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」のキャラクターで、少し時期外れとなった点は残念に感じました。トイ自体の出来は、造形や塗装についてはおまけである為にやむを得ない部分が多々見受けられますが、そこそこ大きめのサイズに連動アクションギミックやミサイル発射ギミックを搭載しており、子供が楽しむには十分な出来になっていると思います。
 22日と23日に配布されたDVDには、新アニメ「参乗合体 トランスフォーマーGo!」を紹介するオリジナル映像が収録されているだけでなく、他にも多数の映像が収録されており、ファン必見の1枚になっていると思います。
 ハッピーセットでトランスフォーマーのトイ等が配布されるのは、2011年の「ダークサイド・ムーン」公開時に行われて以来、約2年ぶりとなりました。海外ではハッピーミールにトランスフォーマーのトイがおまけとして付属するキャンペーンは昔から度々行われていましたが、日本では近年まで行われておらず、それが一昨年から変わってきた事は、個人的に嬉しく思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。