上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 タイトルとは違う話題なのですが、昨日発生した「東北地方太平洋沖地震」について、ボットコンのツイッターアカウント(ID:BotCon)から、日本のファンに向けてお見舞いのメッセージがpostされました。

  ・ボットコンのツイッターアカウントからのお見舞いメッセージ
   ※post時刻は日本時間11日23時頃です。

   訳:日本に願いと祈りを送ります。ボットコンを応援している人達の中には、非常に長い間、日本で
      暮らしている方々もいます。私達は彼らの無事を願っています。

   
 アメリカのみならず世界中で愛されているトランスフォーマーですが、ボットコンから日本のファンへの祈りのメッセージ、日本の一ファンとして感動しました!( ;∀;)


 さて、ここから本題。
 3月9日付けでトランスフォーマーズ・コレクターズ・クラブ(略称:TCC)のサイトが更新され、今年開催予定のボットコン2011限定のコミックの序章(プロローグ)部分とされる2ページのコミックが公開されました!

  ・TCC公式サイト

  ・コミック
    ・1ページ
    ・2ページ

  ・セリフ無し版コミック ※3月11日(米国時間)にBotConのツイッター(ID:BotCon)で紹介されました。
    ・1ページ
    ・2ページ

 コミック内の登場人物については、上のコミックの主役となっている「Transtech Cheetor(トランステック・チーター)」以外は、このコミックの公開の前後にボットコンのツイッターアカウントで紹介されています!

  ・DEPTHCHARGE(デプスチャージ)
   ※基になったキャラクターは恐らく「ビーストウォーズメタルス」に登場した同名キャラクター。
     本作ではチーターの上官という設定になっています。

  ・CRUMPLEZONE(クランプルゾーン)
   ※基になったキャラクターは恐らく「ギャラクシーフォース」の「アームバレット」(海外名は
     同じ)。

  ・RANSACK(ランサック)
   ※基になったキャラクターは恐らく「ギャラクシーフォース」の「ガスケット」(海外名は同じ)。
     「ギャラクシーフォース」の同名キャラと同様に、クランプルゾーンとコンビを組んでいます。
     なお、クランプルゾーンとランサックは「ギャラクシーフォース」の同名キャラとは異なり
     オートボット所属となっていますが、ボットコンからは「オートボットの厄介者」という設定が
     ある事が発表されています。

 コミックの内容は、チーターがスピード違反を犯して逃走するクランプルゾーンとランサックを追跡し逮捕するものの、その際に無茶なスピードやドライビングで一般市民にも迷惑をかける事になりました。その為に上司であるデプスチャージから叱られ、更に過去にも5回同様の事件を起こしてしまっていた事もあり、トランステックのパトロール任務を解かれ、チーターが望まない中核都市アイアコンの防衛任務に異動させられてしまう…といった内容となっています。
 この続きは、ボットコン2011のコミックで描かれるとの事です。世界設定は、昨年日本でもTV放映された「アニメイテッド」の世界となっているようなので、日本のファンでも馴染みやすいですね。

 また、3月11日付の更新で、トランステック・チーターのパッケージ画像が公開されました!

  ・「Transtech Cheetor」パッケージ画像

 パッケージデザインは、海外版「アニメイテッド」シリーズのトイのデザインを基にしたものとなっていますが、右上にはTCC限定である事を表すロゴが有ります!
 別の世界設定のキャラクターですが、チーターと同じく今年のTCC限定トイとして販売が予定されている「G2ラムジェット」のパッケージデザインは、来週中に公開するそうです!

 先日、遂に「モーターマスター」の画像や写真が公開された事によりボットコン2011限定スタンティコンのメンバーが全員揃いましたが、さらにコミック序章の公開で、ボットコン2011の内容が徐々に見えてきました…!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。