※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

LIVECIRCUS2013aichi-2-001.jpg

 前回の「パート1」より続く、今回の「LIVE CIRCUS」愛知公演レポは、8月17日に行われた「TRICK10(愛知公演1日目)」の様子を掲載します。
 なお、今回のレポより、MCの内容を箇条書きで掲載します。何らかの手応えを感じられた場合にはそのまま継続するつもりですが、そうでなかった場合には、その時点の記事から以前と同じ形式に戻そうと思います。

関連記事:「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」愛知公演(1日目&2日目)に行ってきました!(パート1)(2013年8月23日更新)


 管理人は両日ともスタンド席だった為、両日とも広場に面している入場口から入場しました。
 開場時間は、事前には17時と発表されていましたが、当日は機材チェック等の影響で遅れが生じ、実際の開場時間は17時20分頃でした。
 開場時間の遅れに伴って開演時間も事前に発表されていた18時から遅れる事となり、実際の開演時間は18時20分頃でした。


 セットリストは以下の通り。

 ※オープニング(サーカス)
 1.Gimmick Game
 2.Lovely Fruit ★
 3.What cheer?
  ※MC①
 4.Dear Dream
 5.FEARLESS HERO
  ※チェリーボーイズメンバー紹介(音楽戦隊チェリボセブンG)
 6.Get my drift? ★
 7.UNCHAIN∞WORLD
  ※MC②
 8.夏恋模様
 9.STAR ROAD ★
  ※チームヨーダメンバー紹介
 10.POP MASTER
 11.Happy☆Go-Round!(タオル曲) ★
  ※MC③
 12.Keep your hands in the air
 13.Trickster
 14.Crescent Child ★
  ※ムービー→ステージでバトルアクション
 15.Naked Soldier ★
 16.Preserved Roses(T.M.Revolutionパートは収録音声)
  ※MC④
 17.LINKAGE ★
 18.ETERNAL BLAZE
 19.Vitalization ◎
  ※MC⑤
 20.愛の星 ◎

■アンコール
 21.Astrogation
 22.POWER GATE
 23.Love Brick

■ダブルアンコール
 24.SUPER GENERATION

 ・★ … 9thアルバム「ROCKBOUND NEIGHBORS」収録曲
 ・◎ … 29thシングル「Vitalization」収録曲
 ・赤字 … 本ツアーがライブ初登場の楽曲



 続いて、ムービー等の演出を簡単に紹介。

■音楽戦隊チェリボセブンG
 2009年に行われた「LIVE DIAMOND」のムービー「音楽戦隊チェリボセブン」の続編的作品。MCでの奈々さんの話によれば、「G」は「戦姫絶唱シンフォギアG」のオマージュとの事。
 「総統サターンシグマ(演:飯塚昭三)」にさらわれた奈々さんを救う為、チェリーボーイズのメンバーが「チェリボセブン」に変身して戦います。ナレーションは「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズで「風鳴弦十郎」を演じている「石川英郎」さんが担当していました。
 チェリーボーイズのメンバー紹介ではお馴染みの、各メンバーに特定のテーマについて答えてもらうコーナーももちろん健在。この日のテーマは「子供の頃好きだったヒーロー」でした。KADO-D(バイオリン担当)の「仮面ライダーBLACK」以外は、殆どが約50年前のヒーローを挙げており、メンバーの年代を感じさせる回答でした。

■チームヨーダメンバー紹介
 奈々さんの歌うオリジナルソングと、各メンバーがダンスを披露する、お馴染みの構成。
 今回は、メンバー紹介後に登場する奈々さんと象(ナンボ)に合わせて、インド風の衣装を着ていました。

■ムービー→ステージでバトルアクション
 ムービーでは、ピエロに花をプレゼントしようとする奈々さんが、「ジョーカー」と遭遇し、ジョーカーは舞台装置や小道具等が描かれたトランプを一枚ずつ焼いて行き、存在を消してしまいます。ピエロが閉じ込められたカードが焼かれようとしたその時、奈々さんが手に持っていたカードから、剣を持ったもう一人の奈々さんが登場し、剣でジョーカーを追い詰めます。追い詰められたジョーカーは逃亡し、剣を持った奈々さんはジョーカーを追いかけます。
 ここからステージでのアクションに続き、剣を持った奈々さんとジョーカーがステージに登場します。激しいアクションの末に、ジョーカーは光の壁に閉じ込められ、爆発と共に消滅しました。


 次に、MCの内容を簡単に紹介。

※MC①
 ・今日、名古屋入りした。
 ・名古屋入りしてから、「若鯱家」のカレーうどんを食べた。若鯱家は2010年に開催された「LIVE ACADEMY」以来ハマって
  いるが、今は関東にも店舗が有る。

※MC②
 ・「音楽戦隊チェリボセブンG」の話。作品タイトルの由来やナレーション等様々。
 ・チェリーボーイズメンバー紹介のテーマ「子供の頃好きだったヒーロー」について。
  奈々さんは最初、「ムテキング」を挙げていました。理由は「ローラースケートを履いたヒーロー」という点が自分と
  重なる(「Lovely Fruit」のPV?)との事。
  しかしながらその後、「と、言いたいところだけど…」と言い、「日向ヒナタ」の声で「ナルト君!」と言いました。
  その後は最近の「NARUTO疾風伝」の話になり、最近のヒナタはナルトと良い感じになっているという話をしていました。
 ・特撮ヒーローに関連して、奈々さんが昔出演した「ボイスラッガー」の話。出演時の奈々さんは当時18歳だったとの事。

※MC③
 ・九州ツアーの際、鹿児島公演の翌日(8月12日)に、りゅーたん(ベース担当)とケニー(ギター担当)が、同じく鹿児島で
  行われた「サカリュウNIGHT」というイベントに出演したという話。
 ・「サカリュウNIGHT」に関連して、アベサマ(ドラムス担当)がそのイベントの撮影をしていたと言う話も。アベサマは
  他にも著名なアーティストのイベントの撮影をした事も有るのだとか。

※MC④
 ・ムービーとステージでのアクションに関連して、殺陣の練習に関する話。右腕を使う練習が左腕よりも多かったらしく、
  医者に「右腕だけマッチョ」と指摘されたとの事。「右と左で演じ分けられる」とも話していました(笑)。
 ・「Preserved Roses」に関連して、T.M.Revolutionとのコラボ第2弾に関する話。現在PVも製作が進んでおり、CGをふんだんに
  使用した映像になるとの事。
 ・「NANA CLIPS 6」が年内に発売される事が決定したという発表。詳細に関する発表は無し。

※MC⑤
 ・この後に歌う「愛の星」に関連して、「宇宙戦艦ヤマト2199」に関する話。
  この仕事の話を聞いたときの心境や、ヤマトのクルーとチーム水樹の絆の共通点等、本来であれば観客が感動する内容と
  なるはずだったのですが、「宇宙戦艦ヤマト2199」のタイトルを喋る際に「宇宙戦きゃん…」と噛んでしまい、その瞬間、
  観客から歓声が沸き起こりました。更に、観客席からは「もう一回!」の熱いコールが起こった為、奈々さんはもう一回
  「宇宙戦きゃん…」と喋りました。




LIVECIRCUS2013aichi-2-002.jpg

 ライブが終了したのは、21時10分頃でした。

 今回のセットリストは、昨年12月に発売された9thアルバム「ROCKBOUND NEIGHBORS」で初収録された楽曲の内、これまでライブでは歌われていなかった楽曲が、全て歌われました。また、その後にリリースされた「Preserved Roses」「Vitalization」の収録曲も歌われましたが、「ドラマティックラブ」だけは歌われませんでした。
 演出については、タイトルの「CIRCUS」にちなんで、定番のオープニングムービーを上映しない代わりに実際のアクロバットを見せるという、非常に凝ったものになっていました。
 「Happy☆Go-Round!」は今年3月に両国国技館で開催された座長公演のライブパートでも歌われましたが、今回のツアーでは、初めてタオル曲としての登場となりました。この楽曲をタオル曲とする事は、ライブツアー開始前に「水樹奈々 スマイルギャング」の番組内で話していましたが、肝心のライブ中にはタオル曲となっている事について殆ど言及されておらず、「ラジオを聴いた人だけが分かる」というような感じでした。奈々さんのライブにおけるタオル曲は、一昨年の「LIVE JOURNEY」の時には歌われる前に振り付け講座まで行っていたものの、昨年の「LIVE UNION」では「(ステージ上でタオルを振っている)チームヨーダの動きを真似て」という指示だけになっており、そして今回はそれが更に簡素化されたように感じられ、この点については残念に感じました。
 「Preserved Roses」は、T.M.Revolutionパートは収録音声が流しつつ、観客がそれに合わせて合唱する形となっていました。観客は合唱+コールで酸欠必至なのですが(笑)、奈々さんのライブで観客が本格的に合唱する楽曲は珍しい部類に入る為、個人的には今回のライブで最もアツくて楽しかったです。
 「愛の星」の前のMCでの「宇宙戦きゃん…」は、本来であれば感動を誘うはずだったMCの雰囲気を、一気に変えてしまいました(笑)。声優としては有ってはならないミスなのかもしれませんが、こういうハプニングもライブの醍醐味の一つであると、個人的には思います。


 以上でTRICK10のレポは終了です。
 次回の「パート3」では、ツアー千秋楽となった「TRICK11(愛知公演2日目)」の内容を紹介します。ムービーや演出等はTRICK10と共通している所が多かった為、TRICK10との相違点やMCの内容を中心に紹介します。

2013年8月28日追記:「パート3」を掲載しました。
 ・「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」愛知公演(1日目&2日目)に行ってきました!(パート3)