※写真をクリックすると、元のサイズで表示されます。

LIVECIRCUS2013aichi-3-001.jpg

 今回でラストとなる「LIVE CIRCUS」愛知公演レポでは、8月18日に行われた「TRICK11(愛知公演2日目、ツアー千秋楽)」の様子を掲載します。
 ムービーや演出はほぼ同じだったので、今回のレポではその部分については割愛して、代わりにTRICK10との違いを中心に紹介します。

関連記事:
 ・「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」愛知公演(1日目&2日目)に行ってきました!(パート2)(2013年8月25日更新)
 ・「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」愛知公演(1日目&2日目)に行ってきました!(パート1)(2013年8月23日更新)
 ・「戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4」、本日発売ッ!!(2013年8月21日更新)


 開場時間は、事前に発表されていた15時頃でしたが、開演時間は事前に発表されていた16時から少し遅れ、16時15分頃でした。


 セットリストは以下の通り。

※オープニング(サーカス)
 1.Gimmick Game
 2.Lovely Fruit
 3.ミラクル☆フライト
  ※MC①
 4.You have a dream
 5.FEARLESS HERO
  ※チェリーボーイズメンバー紹介(音楽戦隊チェリボセブンG)
 6.Get my drift?
 7.UNBREAKABLE
  ※MC②
 8.少年
 9.STAR ROAD
  ※チームヨーダメンバー紹介
 10.POWER GATE
 11.Happy☆Go-Round!(タオル曲)
  ※MC③
 12.It's in the bag
 13.Late summer tale
 14.Crescent Child
  ※ムービー→ステージでバトルアクション
 15.Naked Soldier
 16.Preserved Roses(T.M.Revolutionパートは収録音声)
  ※MC④
 17.LINKAGE
 18.ETERNAL BLAZE
 19.Vitalization
  ※MC⑤
 20.愛の星

■アンコール
 21.Synchrogazer
 22.恋の桶狭間 ★
 23.SUPER GENERATION
 24.Love Brick

■ダブルアンコール
 25.New Sensation

 ・太字 … 本ツアーがライブ初登場の楽曲
 ・赤字 … TRICK10で歌われなかった楽曲
 ・★ …「水樹奈々」名義ではない楽曲(キャラクターソング)


 チェリボセブンGとチームヨーダメンバー紹介のムービーは1日目と同じでしたが、オープニングのサーカスは1日目と異なるものになっていました。
 なお、チェリーボーイズメンバー紹介でのテーマは「LIVE CIRCUSを漢字一文字で振り返る」でしたが、トム君(キーボード担当)が回答した「あっという間の『間』」は、後のMCで奈々さんにツッコまれていました(笑)。


 次に、MCの内容を簡単に紹介。

※MC①
 ・愛知公演1日目の打ち上げは中華料理屋だった。

※MC②
 ・チェリーボーイズメンバー紹介でのテーマを受けて、奈々さんは「愛」と回答。理由は、ツアーが媛からスタート
  して知で終了した事と、愛の有るツアーだったとの事から。「愛してるなんて普通はあまり
  言えない…」という奈々さんの発言を受けて、観客席からは多数の「愛してるよー!」コールが。
 ・隣国の姫(田村ゆかりさん)に勧められていた、「マウンテン」という喫茶店の「抹茶スパゲティ」を食べた。
  チェリーボーイズのメンバーの中には美味しく食べた人もいたけれど、奈々さんの口には合わなかった模様。

※MC③
 ・ステージ上に登場した象「ナンボ」の話。名前の由来は「奈々」と、とある象のキャラクター(ダンボ)から。
  造形は非常にリアルに造られているとの事。ツアー終了後の引き取り手を募集しているとの事で、希望者は電話して欲しい
  と話していましたが、問い合わせ先がどこなのかについては話しませんでした(笑)。
  関連して、2011年12月に東京ドームで行われた「LIVE CASTLE」で登場したホワイトライオンは、お星様になったという
  事も話していました。

※MC④
 ・T.M.Revolutionとのコラボシングル第2弾の詳細に関する発表。タイトルは「革命デュアリズム」、発売日は10月23日に決定。
  「革命」は、タイアップ作品である「革命機ヴァルヴレイヴ」と、T.M.Revolutionの「Revolution」から。「デュアリズム」は、
  二つの対照的な存在という意味。
  既にレコーディングは完了したとの事。
 ・NHKの「オンガクジェネレーション」という番組に、T.M.Revolutionと一緒にゲスト出演する事が決定したという発表。
  公開収録の為、現在観覧車を募集中。詳細はインターネットで。

※MC⑤
 ・このライブで、日本ガイシホールでのライブが7公演目になるという話。これまでにライブを行った会場の中では
  最多の回数になるとの事。
  ステージ手前の縁に座り、ライブの終了を惜しみつつ話す奈々さんが、非常に印象的でした。

 2日目は千秋楽という事もあって、多数の新情報の発表が有りました。前述のMCの中で書いているものも有りますが、その他には「ナナフェス2」の開催が決定した事(場所:有明コロシアム、時期:2014年1月中旬予定)と、CSの「フジテレビNEXT」で、今回のツアー期間中の奈々さんに密着した特番を放送する事が発表されました。
 千秋楽という事で、アンコールでは「恋の桶狭間」が歌われるというサプライズが有りました。「桶狭間」は愛知県に実在する場所の為、キャラクターソングCD発売に先行してのお披露目という事だけでなく、ご当地ネタも兼ねていたようです。




LIVECIRCUS2013aichi-3-002.jpg

 ライブが終了したのは、19時30分頃でした。

 ライブの全体的な感想は1日目とあまり変わらないのですが、個人的には奈々さんの演歌(恋の桶狭間)が生で聴けたのは、非常に良かったと思います。
 愛知公演2日間の内でこの日だけ登場した「ミラクル☆フライト」と「Synchrogazer」は、コール&レスポンスの形が以前から大きく変化していました。「ミラクル☆フライト」は元々サイリウム等を用いずに腕を振ったり拍手する楽曲という事で、本来の形に戻ったようです。今回のツアー中に有志の方が配布していたコール本の中には、この楽曲はサイリウム等を使用しない楽曲であるという事が書かれていた為、恐らくはコール本が大きな役割を果たしていたものと思われます。また「Synchrogazer」は、奈々さんが観客に掛け声を求める部分が新しく出来ていた為、恐らくは奈々さん側から変えようという試みがあったものと思われますが、コール&レスポンスが出来る楽曲に変化した事で、今後は「戦姫絶唱シンフォギアの楽曲」という枠にとらわれずに歌われていく事になるかもしれません。
 昨年のライブツアー「LIVE UNION」までは、終演時に「プレゼントタイム」として、奈々さんの直筆サインが入ったぬいぐるみ等を手やバズーカで会場内に飛ばす事が行われていましたが、今回は行われませんでした。奈々さんの人気が高まるにつれて飛ばされたぬいぐるみ等も争奪戦になるようになってきており、安全面を考慮して行わなくなったものと思われます。

 最後になりましたが、奈々さん、そしてこのライブツアーに参戦された皆さん、本当にお疲れ様でした!


 最後に、奈々さんのブログ記事を紹介。
 ライブ後恒例の舞台裏話は、今回は「AFTER CIRCUS」のタイトルで、7件の記事が掲載されました!

■愛知公演に関する記事
 ・LIVE CIRCUS☆TRICK10愛知1日目っ!
 ・LIVE CIRCUS☆TRICK11愛知2日目っ!

■AFTER CIRCUS
 ・AFTER CIRCUS☆TRICK1(舞台セットの紹介)
 ・AFTER CIRCUS☆TRICK2(オープニングとムービーに登場した、ピエロの「うっちー」さんを紹介)
 ・AFTER CIRCUS☆TRICK3(アクロバットパフォーマンスを披露した「G-Rockets」を紹介)
 ・AFTER CIRCUS☆TRICK4(「チェリボセブンG」に関する解説と、総統サターンシグマ役・飯塚昭三さんを紹介)
 ・AFTER CIRCUS☆TRICK5(「ナンボ」を紹介)
 ・AFTER CIRCUS☆TRICK6(ムービーとステージコンバットについて解説)
 ・AFTER CIRCUS☆TRICK7(西武ドーム公演のみで登場したフロートカーの紹介)